FC2ブログ






【当ブログ管理人からのお知らせ】


訪問型パソコンサービス「誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を解決します。

以下の3つのサービスでパソコンのお困り事にお応えします。

サービス1<パソコン設定サービス>
パソコンの初期化やインターネットの接続、プリンターの接続など、面倒で手間が掛かる作業を行います。

サービス2<ピンポイントレクチャー>
「パソコンについてここだけを知りたい」
「ワード・エクセルは使った事が無いが簡単な文書や集計表を作る方法だけを知りたい」
「デジカメ写真をDVDに保存する方法を知りたい」
等の様なピンポイントな御要望についてレクチャー致します。

サービス3<訪問パソコンレッスン>
パソコンやワード、エクセル、パワーポイント、アクセス等について一から身に付けたい方の為のマンツーマンレッスンです。
パソコン教室の様な授業回数や期限は設けず、納得頂けるまでレッスンを受けて頂けます。

パソコン教室、カルチャースクールでパソコン講師を務めた経験のある当ブログ管理人が、御客様の元へお伺いし、上記3つの
サービスでパソコンのお困り事を解決致します。(サービスエリアは、東京・神奈川です!

「誰にでもパソコン」の詳細は、こちらのホームページを御覧下さい。(当ブログ管理人プロフィールも掲載しております)



知っていますか?ユーチューブのあんな事、こんな事!(完結編 Part3)

前編後編完結編(Part1)完結編(Part2)と4回に渡ってお話しして参りました「YouTubeのあんな事、こんな事」も、いよいよ今回が最終回となります。

さて、ラストとなる今回もYouTubeに関するあんな事やこんな事について色々とお話しします。

今回は、以下の4つについてお話しします。

チャンネルにある便利機能
YouTubeを操作するショートカットキー
意外と知られていないユニーク動画
モデレーター
YouTubeの便利機能

どのお話しも知っていると便利な事ばかりです。

尚、今回は過去4回のお話し以上に長い記事になってしまいました。

最後まで御覧頂けると嬉しいです。

それでは続きをどうぞ。

前回と同じく、今回の記事でもYouTubeの他の動画投稿者さんやYouTuberさんの投稿動画や
チャンネル及びYahooJapan、LivedoorBlogのWebページをキャプチャー画像として
引用させて頂きました。

その為、キャプチャー画像の下部には、引用元と引用画像のアドレス及びリンクを明示しております。
スポンサーサイト

知っていますか?ユーチューブのあんな事、こんな事!(完結編 Part2)

前編後編完結編(Part1)と3回に渡ってお話ししています、「YouTubeのあんな事、こんな事」。

4回目となります今回は、YouTubeで使える色々な検索方法についてお話しします。

世界中から日々、膨大な数の動画が投稿されるYouTube。

しかし、膨大な投稿数や動画内容のジャンルが多岐に渡る為に、単に一つのキーワードを入力した検索では、中々望みの動画を見つける事が出来ない場合があります。

その為、YouTubeには、効率の良い動画検索をする為に、色々な検索方法が用意されています。

今回は、これらの検索方法についてお話しします。

今回も長い記事なってしまいましたが、最後まで御覧頂けると嬉しいです。

それでは続きをどうぞ!

今回の記事作成に際しましては、YouTubeの他の動画投稿者さんやYouTuberさんの投稿動画やチャンネル及びYahooJapan、LivedoorBlogのWebページをキャプチャー画像として
引用させて頂きました。

その為、キャプチャー画像の下部には、引用元と引用画像のアドレス及びリンクを明示しております。

知っていますか?ユーチューブのあんな事、こんな事!(完結編 Part1)

前回は、YouTubeが備えている色々な便利機能についてお話ししましたが、YouTubeにはまだまだ便利な機能が満載です。

そこで今回も、前回に引き続き、YouTubeが備える色々な機能についてお話しします。

YouTubeが備える便利機能を使いこなせば、再生や停止の機能しか使ってないのに比べて、格段に効率の良い動画閲覧が出来ますよ!

今回のお話しで使用しているYouTubeの動画の画面は、私のチャンネルで公開している動画を使用しています。

それでは、続きをどうぞ!

知っていますか?ユーチューブのあんな事、こんな事!(後編)

前回は、YouTubeについてのトリビア的な豆知識と、動画配信者さんを評価する機能、そして動画配信者さんと繋がる機能についてお話ししました。

さて今回は、YouTubeが持つ色々な機能についてお話しします。

YouTubeの動画を御覧になっている方は、YouTubeに備わっているどの機能を使っていますか?

単に動画を見るだけならば再生/停止、音量ボリュームだけでも十分ですが、YouTubeには動画を快適且つ効率良く見る為の機能が色々とあります。

それらの機能を状況に応じて使い分ける事で、今迄とは違う動画の楽しみ方が見つかるかもしれません。

気が付けば今回も長い記事になってしまいました。

最後までご覧いただければ幸いです。

それでは、続きをどうぞ!

知っていますか?ユーチューブのあんな事、こんな事!(前編)

最近は、小学生の「将来成りたい職業」のトップとして挙げられる「ユーチューバー」。

大物ユーチューバーともなると、ユーチューブでの動画投稿や生配信を生業としている方も多く、莫大な収益を得ている様です。

また最近、日本では素人の方が歌うカラオケ動画が数多く投稿され、表現の場としても活用されています。
この手の動画の投稿に対しては、批判する方が多いのも現実です。

この様に今やユーチューブは誰もが知っている動画共有サービスですが、投稿された動画を閲覧するだけと言う方が殆どで、YouTubeが持つ色々な機能を知っている方は余り多くないのではないでしょうか?

そこで今回から、ユーチューブの豆知識や、ユーチューブが持つ色々な機能についてお話しします。

それでは続きをどうぞ!

PC教室では教えない豆知識:リンクをクリックした時のウインドウの開き方が同じで無いのは何故?

Webサイト上のボタンやバナー、文字などをクリックすると、リンク先のWebページを表示出来る「リンク機能」。

このリンク機能のお陰で、ブラウザのURL欄にわざわざアドレスを入力しなくても、マウスをクリックするだけで別のWebページや拡大画像を表示したり、音楽が再生されたり、ファイルのダウンロードなどが出来て大変に便利ですね。

さて、日頃、Webサイト上のリンクをクリックした時にリンク先のWebページが表示される場合、以下の2通りのどちらかの仕方で表示されるのは御存知かと思います。

今開いているWebページが、リンクWebページに切り替わる。
ブラウザのタブを追加して、新しいページにリンク先Webページが表示される。

では、Webサイトによってリンク先Webページの表示の仕方が異なるのは何故なのでしょうか?

そして、表示の仕方はどの様にして決まるのでしょうか?

今回は、リンク先Webページの表示の仕方についてお話しします。

それでは、続きをどうぞ!
今回は多少長めの記事ですが、最後まで御覧頂けると幸いです。

たまにはこんな回も良いかも!梅雨を彩る紫陽花ギャラリ―大公開!

今回は、いつもの様にパソコンやインターネットのお話しではありません。

未だ梅雨が明けぬ関東地方。

朝からどんよりした空と雨にうんざりした気持ちになってしまいますね。

しかし、そんな梅雨時に咲く紫陽花は、どんよりとした街に淡い彩を添えてくれます。

特に雨に濡れた紫陽花は、ひときわ鮮やかな色彩を放ち、雨の雫に濡れた姿も艶やかです。

パソコンレクチャーやパソコントラブル解決の訪問対応をしている私は、お仕事のオファーを頂いた御客様の元へ向かう道中、普段ならそのまま通り過ぎてしまう遊歩道も、この時期は色鮮やかに咲いている紫陽花に目が留まり、その美しい姿を残したくなり、人目も憚らず携帯のカメラを紫陽花に向けてシャッターを押してしまいます。

デジタル人間の私にも、どうやら自然を愛でるアナログ的な気持ちは多少はある様です。

そこで今回は、いつものパソコンやインターネットのお話しはお休みし、これまでに撮り溜めた美しく咲く紫陽花ギャリ―を公開致します。

とは言えガラケーで撮った画像の為、解像度や発色は最近のスマートフォンの内蔵カメラやデジカメには遠く及びません。

その為、画像の彩度(鮮やかさ)とコントラスト(明暗の差)をほんの少し調整してありますので御了承下さい。

それでは、続きをどうぞ。
[ 2018/06/28 11:28 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

PC教室では教えない豆知識:影武者が動いている!?~パソコン・スマートフォンのソフト・アプリの不思議!~(後編)

前回は、パソコンのソフトやスマートフォンのアプリは、ROMでは無くRAMと呼ばれるメモリーに一旦コピーされてから動くと言うお話しをしました。

通常、プログラムはROMと言うメモリーに記憶されるのですが、パソコンやスマートフォンは何種類ものソフトやアプリを動かす為にROMには記憶せずにRAMにコピーすると言うお話しでした。

さて、RAMにコピーされる前、パソコンのソフトやスマートフォンのアプリはどこにあるのかと言いますと、前回のお話しの様にパソコンのソフトはハードディスク、スマートフォンのアプリはフラッシュメモリーに保存されています。

では、パソコンのソフトやスマートフォンのアプリは何故、RAMにコピーする必要があるのでしょうか?

そして、RAMにコピーしなくても、ハードディスクやフラッシュメモリーから動かす事は出来ないのでょうか?

今回は、この事についてお話しします。

それでは続きをどうぞ!

PC教室では教えない豆知識:影武者が動いている!?~パソコン・スマートフォンのソフト・アプリの不思議!~(前編)

最近のノートパソコンには、購入した段階でワードやエクセル、電子辞書、ゲームなど、色々なソフトが沢山入っていますね。

そして、これらのソフトはパソコンのハードディスクに入っています。

さて、デスクトップ上のアイコンやファイル名をダブルクリックするとソフトが動きますが、この時、ハードディスク内のソフトが動いていると思いますか?

答えはNo。

実は私たちがソフトを動かす時に、ハードディスク内のソフトウェアがRAMと呼ばれるメモリーにコピーされて動くのです。

これはスマートフォンでも同じです。

スマートフォンの場合はアイコンをタップした時に、フラッシュメモリー内のアプリがRAMにコピーされて動くのです。

つまり、普段私たちがパソコン上で動かしているソフトやスマートフォンのアプリの正体は影武者だったのです。

では何故、ハードディスク内のソフトウェアを動かさず、わざわざRAMにコピーするのでしょうか?

今回と次回は、この謎についてお話しします。

前半となります今回は、デジタル製品の基本的な仕組みである「データの記憶」と「データを記憶するメモリーの種類と特徴」、そして「パソコンやスマートフォンのソフトやアプリが動くまでの仕組み」についてお話しします。

それでは、続きをどうぞ!

PC教室では教えない豆知識:IT社会の発展の影の立役者~フラッシュメモリー(後編)~

前回はメモリーとは何かについてお話ししました。

そして、今回は本題であるフラッシュメモリーについてのお話しです。

今ではUSBメモリ―やSDカード、スマートフォンや携帯音楽プレーヤなど、あらゆるデジタル機器にとって無くてはならない存在となったフラッシュメモリーですが、ここに至るまでには、一人の日本人が紆余曲折を経ながらも、フラッシュメモリーの将来性と可能性に揺るぎ無い核心を持ち、製品化を実現するまでのドラマがあるのです。

後半となる今回は、そんなフラッシュメモリー誕生までの経緯と、フラッシュメモリーが現在のIT化社会に与えた功績についてお話しします。

それでは、続きをどうぞ!

PC教室では教えない豆知識:IT社会の発展の影の立役者~フラッシュメモリー(前編)~

大型電気量販店に並ぶUSBメモリー。

ワードやエクセル等のデータから画像や動画、音楽などあらゆるデータを手軽に持ち運ぶ為のツールとして社会人や学生は言うに及ばす、誰もが手軽に利用するアイテムとなりました。

また、SDカードを初めとするメモリーカードもデジカメやスマートフォン、携帯音楽プレーヤーなど、あらゆるデジタル機器に使われています。

あらゆる情報がデジタルデータ化される現在、デジタルデータを保存し、簡単に持ち運ぶ為のツールとしてUSBメモリやメモリーカードは私たちにとって無くてはならないアイテムですね。

さて、この一見すると全く別物に見えるUSBメモリーとメモリーカードですが、実は中身は全く同じで、外装の違いだけでと言うのを御存知でしょうか?

そしてその中身、つまりデジタルデータを保存する部分は「フラッシュメモリー」と呼ばれるメモリーなのです。

フラッシュメモリーのお陰でUSBメモリーやメモリーカードの様に手のひらに入るサイズに大容量のデータを保存し、手軽にデータを持ち運べる便利なアイテムが生まれたのですが、フラッシュメモリーにはもう一つのメリットがあるのです。

それは、「電気の力を借りずに保存したデータを記憶し続ける」と言う事です。

USBメモリやメモリーカードに保存したデータを何もしなくても記憶し続けてくれるなんて当たり前でしょ?」と思うかもしれませんが、この当たり前に思える事が実現出来た背景には、メモリーの長い歴史と一人の日本人の努力があったのです。

さて、その背景と日本人とは何でしょうか?

前編となる今回は、フラッシュメモリーのお話しを理解する為に必要な基礎知識として、メモリーとは何か?につてお話しします。

それでは続きをどうぞ!

細切れレクチャー:痒い所に手が届く!エクセルのエラーチェックルールによるエラー表示機能(後編)

前回に引き続き今回もエラーチェック・ルールによるエラー表示についてお話しします。

今回は9つあるエラーチェック・ルールの内、前回お話し出来なかった残り4つのエラーチェック・ルールについて、エラーの意味とエラーの解消方法についてお話しします。

また、一つのセルに複数のエラーが適用される場合のエラー表示の仕方や、エラーチェック・マークを表示しない設定方法についてもお話しします。

それでは続きをどうぞ!
[ 2018/04/25 16:28 ] 細切れレクチャー | TB(0) | CM(0)

細切れレクチャー:痒い所に手が届く!エクセルのエラーチェックルールによるエラー表示機能(前編)

前回前々回では、関数の引数や数式のエラーを教えてくれる#付きエラーについてお話ししましたが、エクセルにはもう一つのエラー表示機能があります。

それが今回お話しします、エラーチェック・ルールに基づくエラー表示です。

#付きエラーは関数の引数や数式の誤りをエラーとして表示するのに対して、エラーチェック・ルールに基づくエラーは、セル内の関数や数式、データを「エラーチェック・ルール」と言う9つのルールに照らし合わせ、そのルールに適合しないセルに対してエラーを表示します。

それでは続きをどうぞ!
[ 2018/04/14 17:03 ] 細切れレクチャー | TB(0) | CM(0)

細切れレクチャー:エクセルの#エラーの意味(後編)

前回に引き続き今回もエクセルのセルに表示される#付きエラーについてお話しします。

前回は7つある#付きエラーの内、4つの#付きエラーに付いてお話ししましたが、後編となる今回は、残り3つの#付きエラーについて、エラーの読み方とエラーの原因、エラーが発生するケースについてお話しします。

更に、セル幅いっぱいに#が並ぶ意味と対処法についてもお話しします。

それでは、続きをどうぞ!
[ 2018/04/02 13:53 ] 細切れレクチャー | TB(0) | CM(0)

細切れレクチャー:エクセルの#エラーの意味(前編)

エクセルは表やグラフだけで無く、計算式を入力したり、関数を使う事で数値データの集計もしてくれる便利なツールです。

しかし、セルに数式や関数を入力すると、セルの左上角に緑色の三角が表示されたり、「#DIV/0」や「#NUM!」、「#NAME」等のエラー文字が現れて戸惑った経験はありませんか?

今回は、セルに表示されるエラーの読み方とエラーの原因、エラーが発生するケースについてお話しします。

それでは、続きをどうぞ!

[ 2018/03/18 17:51 ] 細切れレクチャー | TB(0) | CM(0)

細切れレクチャー:マクロの安全な扱い方

前回は、エクセルのマクロの正体はVBAプログラムである事と、VBAプログラムにより、マクロの記録操作では作れないマクロを作る事が出来ると言うお話しをしました。

さて今回は、マクロを安全に扱う方法についてお話しします。

この様にお話しすると、「マクロ」と「安全」と言う2つの言葉の関連性が思い浮かばなかったり、「マクロって危険なの?」と思ってしまうかもしれませんね。

果たしてマクロを安全に扱うとはどの様な事なのでしょうか?

それでは、続きをどうぞ!

[ 2018/03/05 17:46 ] 細切れレクチャー | TB(0) | CM(0)

細切れレクチャー:マクロの真の姿はコンピュータ言語!?

前回前々回と2回に渡りエクセルのマクロ機能についてお話ししました。

さて、マクロとして記録されたエクセルの操作は、どの様な形でエクセルブックに記録されているのでしょうか?

そこで今回は、エクセルブックに記録されたマクロの姿についてお話しします。

それでは、続きをどうぞ!


[ 2018/02/22 17:42 ] 細切れレクチャー | TB(0) | CM(0)

細切れレクチャー:面倒な操作もボタン一つで簡単操作!マクロを使ってみよう!(後編)

前回のお話しでは、エクセルで毎回行う定型操作を自動実行してくれる「マクロ」とは何か?と言う事をテーマに、個人情報入力フォームを例にマクロを作るまでの操作についてお話ししました。

さて今回は、前回作成したマクロを動作させる方法についてお話しします。

この方法が分かれば、エクセルの定型操作がマウスのクリック一つで操作出来る様になりますよ。

今回のお話しは、前回のお話しの中で作成したマクロ付きブックを基にお話しを進めていますので、今回のお話しを御覧になる前に前回のお話しで作成しましたマクロ付きブックを作成してみて下さい。

それでは、続きをどうぞ!
[ 2018/02/05 14:49 ] 細切れレクチャー | TB(0) | CM(0)

細切れレクチャー:面倒な操作もボタン一つで簡単操作!マクロを使ってみよう!(前編)

Excelは、表による集計を行ったり、グラフによりデータの変化を分かり易く表したり、特定の条件に合致するデータだけに絞り込むなど、職場は勿論、日常生活でも使われている便利な集計ツールです。

しかし、印刷や保存、集計の操作など、いつも必ず行う操作は定型処理が面倒に感じる事はありませんか?

実はExcelには、定型処理を記憶し、自動的に行ってくれる「マクロ」と言う機能があるのです。

マクロを使える様になると、Excelがより一層便利なツールとして使えます。

そこで今回は、Excelのマクロ機能についてお話ししてみたいと思います。

それでは、続きをどうぞ!
[ 2018/01/27 20:09 ] 細切れレクチャー | TB(0) | CM(0)

ちょっと便利なパソコンの小ワザ:錯覚でエクセルのセルを3Dに見せる裏技

西の山に沈む夕陽や地平線の向こうから姿を現す満月が大きく見えたり、一見すると上り坂に見える坂道をボールが上って見えたりと、世の中には不思議な錯覚が色々とあります。

何れも人間の脳が勘違いする事で、私たちに事実と違っている様に見せているのです。

さて今回は、人の脳を騙す錯覚をエクセルに応用してみようと言うお話しです。

錯覚とエクセル。

一見すると全く関連性が思い浮かばない組み合わせですが、エクセルにも錯覚を応用する事が出来るのです。

さて、その錯覚とは何でしょうか?

それでは、続きをどうぞ!

PC教室では教えない豆知識:複数のデジタル機器をネットに接続させる巧みな仕組み:IPマスカレード(完結編)

前回前々回では、IPマスカレードの伏線となる事をお話しして来ましたが、いよいよ今回の完結編で、IPマスカレードについてお話しが出来る段階となりました。

英語で”仮面舞踏会”や”変装”を意味する「マスカレード」と言う、およそIT関連の用語には似つかわしく無い単語を含んではいますが、この単語こそが、IPマスカレードの仕組みを明確に表しているのです。

IPマスカレードは、前回お話ししました「NAT」と殆ど仕組みは同じですが、たった一つのデータを加えただけで、「複数のデジタル機器を同時にインターネットに接続出来ない」と言うNATの欠点を見事に解消した画期的な技術です。

では、マスカレードと言う単語が表す真の意味とは?、

そして、追加されたデータとは?

それでは、続きをどうぞ!

PC教室では教えない豆知識:複数のデジタル機器をネットに接続させる巧みな仕組み:IPマスカレード(後編)

今回もIPマスカレードについてのお話しです。

前回はIPマスカレードの仕組みを理解する為に必要な、インターネットの基礎的な事についてお話ししました。

さて、今回はIPマスカレードの前身となった「NAT」と言う仕組みを元に、デジタル機器がインターネットに接続する仕組みについてお話します。

尚、今回のお話しには以下の3つの言葉が出て来ます。

そして、この3つの言葉がNATとIPマスカレードを理解する為のポイントとなります。

グローバルIPアドレス
プライベートIPアドレス
ポート番号

この3つの言葉の意味につきまして意味がお分かりにならない方は、先ずは前回のお話しを御覧下さい。

それでは、続きをどうぞ!

PC教室では教えない豆知識:複数のデジタル機器をネットに接続させる巧みな仕組み:IPマスカレード(前編)

前回は、WIFIルーターのが持つ2つの役割についてお話しし、その内の一つであるルーター機能には、一本のインターネット回線で複数のデジタル機器を同時にインターネットに接続出来る「IPマスカレード」と言う仕組みがある事をお話ししました。

マスカレードとは、「仮面舞踏会」とか「仮装舞踏会」、「変装」等の意味が有ります。

マスカレード等とIT用語には似つかわしく無い単語を含んだ名前ですが、マスカレードと言う単語は、IPマスカレードの仕組みをずばり表現しています。

今回と次回は、このIPマスカレードの仕組みを分かり易くお話ししたいと思います。

さて前半となる今回は、IPマスカレードの仕組みを理解する為に必要な、インターネットの基礎的な事についてお話しします。

それでは続きをどうぞ!

細切れレクチャー:モデムとWIFIルーターって何で必要なの?

今やパソコンだけで無く、スマートフォンやタブレット、携帯音楽プレーヤー、家庭用ゲームマシンは言うに及ばす、ブルーレイレコーダーを筆頭に、あらゆる家電製品がインターネットに接続される「IoT(物のインターネット)」と呼ばれる時代になりました。

それに合わせて、家庭でインターネットに接続する方法も、かつての様なLANケーブルと呼ばれる水色のケーブルをモデムに接続して、部屋中に張り巡らす方法よりも、WIFIルーターと言う機器を経由してワイヤレスでインターネットに接続する方法が主流になり、家の中のどんな場所からでもインターネットに接続出来る様になりました。

所で、インターネット接続には欠かせない「モデム」と「WIFIルーター」(別称:ブロードバンドルーター)ですが、この2つの機器がなぜ必要なのか、そして、何の役割があるのかを知っていますか?

実は、この2つの機器は、それぞれが別々の役割を持っているのですが、この2つの機器のお陰で、パソコンを初め、家の中のあらゆる機器がインターネットに接続出来るのです。

今回は、そんな要の存在であるモデムとWIFIルーターについて、色々とお話ししたいと思います。

それでは、続きをどうぞ。
[ 2017/12/16 16:58 ] 細切れレクチャー | TB(0) | CM(0)

細切れレクチャー:知ってますか?似て非なる「改行」と「改段落」の違い!

パソコンのキーボードの中で一番大きな面積のキーと言えばENTERキーですね。

以前はCRキー(Carriage Return:キャリッジ・リターン)とも呼ばれていました。

さて、ワードで文字を入力し、ENTER(エンター)キーを押して次の行にカーソルを移動する事を何と呼んでいますか?

殆どの方が「改行」と呼んでいる事と思います。

しかし、これは誤りです。

そこで今回は、普段当たり前の様に使ってしまっている「改行」と言う言葉の本来の意味と正しい言葉についてお話し、併せて「段落書式」についてもお話しします。

それでは、続きをどうぞ!
[ 2017/12/11 18:00 ] 細切れレクチャー | TB(0) | CM(0)

細切れレクチャー:知ってますか?OFFICEのグラデーション機能の使い方!(文字/ワードアート/グラフ編)

前回は、機能が強化され、表現力が増えたOFFICE2007以降のグラデーション機能についてお話ししました。

さて、OFFICEのグラデーションと言うと一般的には、オートシェイプ、つまり図形に対して設定する事が多いのでは無いでしょうか?

しかし、グラデーションはオートシェイプだけで無く、文字やワードアート、グラフにも設定する事が出来るのです。

そこで今回は、文字やワードアート、グラフにグラデーションを設定する事についてお話しします。

グラデーションの設定により、文書やスライドにアクセントを与える事が出来、強調したい点などを示す事が出来ます。

それでは、続きをどうぞ!
[ 2017/12/06 17:41 ] 細切れレクチャー | TB(0) | CM(0)

細切れレクチャー:知ってますか?OFFICEのグラデーション機能の使い方!(オートシェイプ編)

今回はWordやExcel、PowerPoint等のOFFICEソフトが持つ塗りつぶし効果「グラデーション」についてお話しします。

グラデーションとは、ある色から別の色に移り変わる時に、色同士の境目が無く、徐々に色が移り変わる色の変化の事です。

私たちの周りを見渡してみれば、色々とグラデーションの色を見る事が出来ます。

オレンジと赤色が織りなす夕焼け空、雨上がりの空に7色に架かる虹のアーチ、晩秋に緑から黄色に色付き始めるイチョウの葉、螺鈿細工に使われる貝殻、CDやDVDなど。

さて、OFFICE2003バージョンまでは2色までしかグラデーションの塗りつぶしが出来ませんでした。

その分、操作が分かり易いと言うメリットがありました。

しかしOFFICE2007(Wordを除く)からは2色以上のグラデーション設定が可能になり、多彩な表現のグラデーション表現が出来る様になったのですが、その分、OFFICE2003までのグラデーション機能よりも設定項目が増えた為、意外と使いこなせていなかったり、設定項目の意味が分からない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、OFFICE2007から変わったグラデーション機能の使い方についてお話しします。

それでは続きをどうぞ!
[ 2017/11/28 16:09 ] 細切れレクチャー | TB(0) | CM(0)

PC教室では教えない豆知識:PDF化ソフトで簡単PDF化!

前回は、文書ファイル等を渡す場合、相手のパソコンの種類やソフトやフォントの有無など、パソコン環境により、元のイメージ通りに中身を見て貰えない場合がある事をお話ししました。

そして、相手のパソコン環境に左右されずに元のイメージのままでファイルを渡す事が出来るファイル形式としてPDFと言うものがある事についてもお話しし、ワードやエクセル、パワーポイントが持つPDF変換機能を使って、文書や表、スライドをPDF形式に変換する方法についてもお話ししました。

今回は、PDF変換機能を持たないソフトでPDF形式に変換するソフトの御紹介とPDF形式への変換方法についてお話しします。

それでは、続きをどうぞ。

PC教室では教えない豆知識:OFFICEのPDF変換機能で、ラクラクPDF化!

前回は、パソコンで作成した文書やシート、スライド等をファイルとして相手に渡す場合、渡したファイルの中身が元のイメージ通りに再現出来るかは、相手のパソコンの環境やパソコンの種類、ソフトのバージョンなどに左右される事についてお話ししました。

そしてこの問題を解決する為にPDFと言うファイル形式があり、企業や役所などがWebサイト上で公開する資料や申請書類はワード文書では無く、PDF形式のファイルである事もお話ししました。

しかし、PDFファイルの作成や編集はACROBAT(アクロバット)と言う4万円ほどもする高価なソフトが必要となり、誰もが簡単に手を出せるものではありません。

そこで今回は、ワードやエクセル、パワーポイントなどのOFFICEソフトに搭載されているPDF変換機能を使い、文書や表、スライドを誰でも簡単にPDF化する方法についてお話ししたいと思います。

それでは、続きをどうぞ!

PC教室では教えない豆知識:知っていますか?PDFの事!

一昔前までは、購入した家電製品の取扱説明書を紛失した場合、メーカーから有償で購入していましたが、現在はメーカーのWebサイトからファイルとして無料で入手出来ます。

また、確定申告や各種申請書類なども役所のWebサイトからファイルとして無料で入手出来ます。

この時、Webサイト上のリンクをクリックすると、入手した文書がブラウザー上に表示されますが、これはワードの文書なのでしょうか?

実は現在、インターネット上で公開されている文書の殆どは、ワードの文書では無く、PDFと言う形式の文書なのです。

しかし、パソコンによる文書作成ツールと言えばワードが主流の今、何故PDFと言う形式の文書なのでしょうか?

今回は、私達の生活の中にかなり浸透していながらも、意外と特徴やメリットが知られていないPDFについてお話しします。

それでは、続きをどうぞ!