【当ブログ管理人からのお知らせ】


訪問型パソコンサービス「誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を解決します。

以下の3つのサービスでパソコンのお困り事にお応えします。

サービス1<パソコン設定サービス>
パソコンの初期化やインターネットの接続、プリンターの接続など、面倒で手間が掛かる作業を行います。

サービス2<ピンポイントレクチャー>
「パソコンについてここだけを知りたい」
「ワード・エクセルは使った事が無いが簡単な文書や集計表を作る方法だけを知りたい」
「デジカメ写真をDVDに保存する方法を知りたい」
等の様なピンポイントな御要望についてレクチャー致します。

サービス3<訪問パソコンレッスン>
パソコンやワード、エクセル、パワーポイント、アクセス等について一から身に付けたい方の為のマンツーマンレッスンです。
パソコン教室の様な授業回数や期限は設けず、納得頂けるまでレッスンを受けて頂けます。

パソコン教室、カルチャースクールでパソコン講師を務めた経験のある当ブログ管理人が、御客様の元へお伺いし、上記3つの
サービスでパソコンのお困り事を解決致します。(サービスエリアは、東京・神奈川です!

「誰にでもパソコン」の詳細は、こちらのホームページを御覧下さい。(当ブログ管理人プロフィールも掲載しております)



PC教室では教えない豆知識:影武者が動いている!?~パソコン・スマートフォンのソフト・アプリの不思議!~(後編)

前回は、パソコンのソフトやスマートフォンのアプリは、ROMでは無くRAMと呼ばれるメモリーに一旦コピーされてから動くと言うお話しをしました。

通常、プログラムはROMと言うメモリーに記憶されるのですが、パソコンやスマートフォンは何種類ものソフトやアプリを動かす為にROMには記憶せずにRAMにコピーすると言うお話しでした。

さて、RAMにコピーされる前、パソコンのソフトやスマートフォンのアプリはどこにあるのかと言いますと、前回のお話しの様にパソコンのソフトはハードディスク、スマートフォンのアプリはフラッシュメモリーに保存されています。

では、パソコンのソフトやスマートフォンのアプリは何故、RAMにコピーする必要があるのでしょうか?

そして、RAMにコピーしなくても、ハードディスクやフラッシュメモリーから動かす事は出来ないのでょうか?

今回は、この事についてお話しします。

それでは続きをどうぞ!
スポンサーサイト

PC教室では教えない豆知識:影武者が動いている!?~パソコン・スマートフォンのソフト・アプリの不思議!~(前半)

最近のノートパソコンには、購入した段階でワードやエクセル、電子辞書、ゲームなど、色々なソフトが沢山入っていますね。

そして、これらのソフトはパソコンのハードディスクに入っています。

さて、デスクトップ上のアイコンやファイル名をダブルクリックするとソフトが動きますが、この時、ハードディスク内のソフトが動いていると思いますか?

答えはNo。

実は私たちがソフトを動かす時に、ハードディスク内のソフトウェアがRAMと呼ばれるメモリーにコピーされて動くのです。

これはスマートフォンでも同じです。

スマートフォンの場合はアイコンをタップした時に、フラッシュメモリー内のアプリがRAMにコピーされて動くのです。

つまり、普段私たちがパソコン上で動かしているソフトやスマートフォンのアプリの正体は影武者だったのです。

では何故、ハードディスク内のソフトウェアを動かさず、わざわざRAMにコピーするのでしょうか?

今回と次回は、この謎についてお話しします。

前半となります今回は、デジタル製品の基本的な仕組みである「データの記憶」と「データを記憶するメモリーの種類と特徴」、そして「パソコンやスマートフォンのソフトやアプリが動くまでの仕組み」についてお話しします。

それでは、続きをどうぞ!

PC教室では教えない豆知識:IT社会の発展の影の立役者~フラッシュメモリー(後編)~

前回はメモリーとは何かについてお話ししました。

そして、今回は本題であるフラッシュメモリーについてのお話しです。

今ではUSBメモリ―やSDカード、スマートフォンや携帯音楽プレーヤなど、あらゆるデジタル機器にとって無くてはならない存在となったフラッシュメモリーですが、ここに至るまでには、一人の日本人が紆余曲折を経ながらも、フラッシュメモリーの将来性と可能性に揺るぎ無い核心を持ち、製品化を実現するまでのドラマがあるのです。

後半となる今回は、そんなフラッシュメモリー誕生までの経緯と、フラッシュメモリーが現在のIT化社会に与えた功績についてお話しします。

それでは、続きをどうぞ!

PC教室では教えない豆知識:IT社会の発展の影の立役者~フラッシュメモリー(前編)~

大型電気量販店に並ぶUSBメモリー。

ワードやエクセル等のデータから画像や動画、音楽などあらゆるデータを手軽に持ち運ぶ為のツールとして社会人や学生は言うに及ばす、誰もが手軽に利用するアイテムとなりました。

また、SDカードを初めとするメモリーカードもデジカメやスマートフォン、携帯音楽プレーヤーなど、あらゆるデジタル機器に使われています。

あらゆる情報がデジタルデータ化される現在、デジタルデータを保存し、簡単に持ち運ぶ為のツールとしてUSBメモリやメモリーカードは私たちにとって無くてはならないアイテムですね。

さて、この一見すると全く別物に見えるUSBメモリーとメモリーカードですが、実は中身は全く同じで、外装の違いだけでと言うのを御存知でしょうか?

そしてその中身、つまりデジタルデータを保存する部分は「フラッシュメモリー」と呼ばれるメモリーなのです。

フラッシュメモリーのお陰でUSBメモリーやメモリーカードの様に手のひらに入るサイズに大容量のデータを保存し、手軽にデータを持ち運べる便利なアイテムが生まれたのですが、フラッシュメモリーにはもう一つのメリットがあるのです。

それは、「電気の力を借りずに保存したデータを記憶し続ける」と言う事です。

USBメモリやメモリーカードに保存したデータを何もしなくても記憶し続けてくれるなんて当たり前でしょ?」と思うかもしれませんが、この当たり前に思える事が実現出来た背景には、メモリーの長い歴史と一人の日本人の努力があったのです。

さて、その背景と日本人とは何でしょうか?

前編となる今回は、フラッシュメモリーのお話しを理解する為に必要な基礎知識として、メモリーとは何か?につてお話しします。

それでは続きをどうぞ!

PC教室では教えない豆知識:複数のデジタル機器をネットに接続させる巧みな仕組み:IPマスカレード(完結編)

前回前々回では、IPマスカレードの伏線となる事をお話しして来ましたが、いよいよ今回の完結編で、IPマスカレードについてお話しが出来る段階となりました。

英語で”仮面舞踏会”や”変装”を意味する「マスカレード」と言う、およそIT関連の用語には似つかわしく無い単語を含んではいますが、この単語こそが、IPマスカレードの仕組みを明確に表しているのです。

IPマスカレードは、前回お話ししました「NAT」と殆ど仕組みは同じですが、たった一つのデータを加えただけで、「複数のデジタル機器を同時にインターネットに接続出来ない」と言うNATの欠点を見事に解消した画期的な技術です。

では、マスカレードと言う単語が表す真の意味とは?、

そして、追加されたデータとは?

それでは、続きをどうぞ!