【当ブログ管理人からのお知らせ】


訪問型パソコンサービス「誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を解決します。

以下の3つのサービスでパソコンのお困り事にお応えします。

サービス1<パソコン設定サービス>
パソコンの初期化やインターネットの接続、プリンターの接続など、面倒で手間が掛かる作業を行います。

サービス2<ピンポイントレクチャー>
「パソコンについてここだけを知りたい」
「ワード・エクセルは使った事が無いが簡単な文書や集計表を作る方法だけを知りたい」
「デジカメ写真をDVDに保存する方法を知りたい」
等の様なピンポイントな御要望についてレクチャー致します。

サービス3<訪問パソコンレッスン>
パソコンやワード、エクセル、パワーポイント、アクセス等について一から身に付けたい方の為のマンツーマンレッスンです。
パソコン教室の様な授業回数や期限は設けず、納得頂けるまでレッスンを受けて頂けます。

パソコン教室、カルチャースクールでパソコン講師を務めた経験のある当ブログ管理人が、御客様の元へお伺いし、上記3つの
サービスでパソコンのお困り事を解決致します。(サービスエリアは、東京・神奈川です!

「誰にでもパソコン」の詳細は、こちらのホームページを御覧下さい。(当ブログ管理人プロフィールも掲載しております)



PC教室では教えない豆知識:複数のデジタル機器をネットに接続させる巧みな仕組み:IPマスカレード(完結編)

前回前々回では、IPマスカレードの伏線となる事をお話しして来ましたが、いよいよ今回の完結編で、IPマスカレードについてお話しが出来る段階となりました。

英語で”仮面舞踏会”や”変装”を意味する「マスカレード」と言う、およそIT関連の用語には似つかわしく無い単語を含んではいますが、この単語こそが、IPマスカレードの仕組みを明確に表しているのです。

IPマスカレードは、前回お話ししました「NAT」と殆ど仕組みは同じですが、たった一つのデータを加えただけで、「複数のデジタル機器を同時にインターネットに接続出来ない」と言うNATの欠点を見事に解消した画期的な技術です。

では、マスカレードと言う単語が表す真の意味とは?、

そして、追加されたデータとは?

それでは、続きをどうぞ!
スポンサーサイト

PC教室では教えない豆知識:複数のデジタル機器をネットに接続させる巧みな仕組み:IPマスカレード(後編)

今回もIPマスカレードについてのお話しです。

前回はIPマスカレードの仕組みを理解する為に必要な、インターネットの基礎的な事についてお話ししました。

さて、今回はIPマスカレードの前身となった「NAT」と言う仕組みを元に、デジタル機器がインターネットに接続する仕組みについてお話します。

尚、今回のお話しには以下の3つの言葉が出て来ます。

そして、この3つの言葉がNATとIPマスカレードを理解する為のポイントとなります。

グローバルIPアドレス
プライベートIPアドレス
ポート番号

この3つの言葉の意味につきまして意味がお分かりにならない方は、先ずは前回のお話しを御覧下さい。

それでは、続きをどうぞ!

PC教室では教えない豆知識:複数のデジタル機器をネットに接続させる巧みな仕組み:IPマスカレード(前編)

前回は、WIFIルーターのが持つ2つの役割についてお話しし、その内の一つであるルーター機能には、一本のインターネット回線で複数のデジタル機器を同時にインターネットに接続出来る「IPマスカレード」と言う仕組みがある事をお話ししました。

マスカレードとは、「仮面舞踏会」とか「仮装舞踏会」、「変装」等の意味が有ります。

マスカレード等とIT用語には似つかわしく無い単語を含んだ名前ですが、マスカレードと言う単語は、IPマスカレードの仕組みをずばり表現しています。

今回と次回は、このIPマスカレードの仕組みを分かり易くお話ししたいと思います。

さて前半となる今回は、IPマスカレードの仕組みを理解する為に必要な、インターネットの基礎的な事についてお話しします。

それでは続きをどうぞ!

PC教室では教えない豆知識:PDF化ソフトで簡単PDF化!

前回は、文書ファイル等を渡す場合、相手のパソコンの種類やソフトやフォントの有無など、パソコン環境により、元のイメージ通りに中身を見て貰えない場合がある事をお話ししました。

そして、相手のパソコン環境に左右されずに元のイメージのままでファイルを渡す事が出来るファイル形式としてPDFと言うものがある事についてもお話しし、ワードやエクセル、パワーポイントが持つPDF変換機能を使って、文書や表、スライドをPDF形式に変換する方法についてもお話ししました。

今回は、PDF変換機能を持たないソフトでPDF形式に変換するソフトの御紹介とPDF形式への変換方法についてお話しします。

それでは、続きをどうぞ。

PC教室では教えない豆知識:OFFICEのPDF変換機能で、ラクラクPDF化!

前回は、パソコンで作成した文書やシート、スライド等をファイルとして相手に渡す場合、渡したファイルの中身が元のイメージ通りに再現出来るかは、相手のパソコンの環境やパソコンの種類、ソフトのバージョンなどに左右される事についてお話ししました。

そしてこの問題を解決する為にPDFと言うファイル形式があり、企業や役所などがWebサイト上で公開する資料や申請書類はワード文書では無く、PDF形式のファイルである事もお話ししました。

しかし、PDFファイルの作成や編集はACROBAT(アクロバット)と言う4万円ほどもする高価なソフトが必要となり、誰もが簡単に手を出せるものではありません。

そこで今回は、ワードやエクセル、パワーポイントなどのOFFICEソフトに搭載されているPDF変換機能を使い、文書や表、スライドを誰でも簡単にPDF化する方法についてお話ししたいと思います。

それでは、続きをどうぞ!