【当ブログ管理人からのお知らせ】


訪問型パソコンサービス「誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を解決します。

以下の3つのサービスでパソコンのお困り事にお応えします。

サービス1<パソコン設定サービス>
パソコンの初期化やインターネットの接続、プリンターの接続など、面倒で手間が掛かる作業を行います。

サービス2<ピンポイントレクチャー>
「パソコンについてここだけを知りたい」
「ワード・エクセルは使った事が無いが簡単な文書や集計表を作る方法だけを知りたい」
「デジカメ写真をDVDに保存する方法を知りたい」
等の様なピンポイントな御要望についてレクチャー致します。

サービス3<訪問パソコンレッスン>
パソコンやワード、エクセル、パワーポイント、アクセス等について一から身に付けたい方の為のマンツーマンレッスンです。
パソコン教室の様な授業回数や期限は設けず、納得頂けるまでレッスンを受けて頂けます。

パソコン教室、カルチャースクールでパソコン講師を務めた経験のある私が、上記3つのサービスでパソコンのお困り事を解決致します。

「誰にでもパソコン」の詳細は、こちらのホームページを御覧下さい。(担当者プロフィールも掲載しております)



PC教室では教えない豆知識:Windowsパソコンのルーツへタイムスリップ! (後半)

さて後半となる今回もWindowsパソコンのルーツについてのお話しです。

前回は、現在のWindowsパソコン誕生時の背景となる1990年代初頭のパソコン事情をお話ししました。

それはパソコンの規格が各社独自でメーカー間の互換性が無く、更にNECのPC-9801と言うパソコンが国内パソコン市場を
独占していたと言うお話しでした。

更にIBM社が開発したPC/ATと言うパソコンの互換機(クローンパソコン)が日本市場に参入し、それまでのパソコンに無い魅力に魅了されたパソコンマニアの間でPC/AT互換機ブーム(DOS/Vブーム)が起きた事をお話ししました。

後半となる今回は、一過性と思われたDOS/Vブームが、それまで独自規格のパソコンを販売していた国内のパソコンメーカーを巻き込んでパソコン業界に一大転換期をもたらし、今日のWindowsパソコン誕生に至った経緯をお話しします。

それでは、続きをどうぞ!
スポンサーサイト

PC教室では教えない豆知識:Windowsパソコンのルーツへタイムスリップ! (前半)

私たちが普段使っているWindowsパソコンは、様々な家電メーカーやパソコンメーカーから販売されていて、予算や用途に応じて自由に選ぶ事が出来ます。

そこでこんな疑問を持った事はありませんか?

「なぜメーカーの違うパソコンでも周辺機器やソフトは共通で使えるんだろう?」

答えの一つは、Windowes7やWindows10などのWindowOSと言う共通のOS上で動くパソコンであるから。

もう一つの答えは、メーカーは異なってもパソコンの中身は同じ規格の為にパソコンの中身の基本的な部分は皆同じだからです。
※パソコンの違いは、機能(例:TVチューナー付き、カメラ付き)や性能(例:HDD容量、メモリ容量、CPU処理速度)です。

所が1990年代初頭まではパソコンの規格はメーカー毎にバラバラの状態だった為、周辺機器やソフトは対応するパソコンでしか使えませんでした。

そんな中、海外から来た、とあるパソコンがきっかけで国内のパソコンは今日のWindoewsパソコンとなったのです。

そこで今回と次回は、1990年代初頭のパソコン事情を交えつつ、Windowsパソコンのルーツを辿り、現在のWindowsパソコン誕生の経緯についてお話しします。

前半となる今回は、1990年代初頭のパソコン事情と現在のWindowsパソコンのルーツとも言うべきパソコンが日本に来るまでの経緯をお話しします。

それでは続きをどうぞ!

ちょっと便利なパソコンの小ワザ:Word2010、2013で昔のワードアートを使う方法!

【昔のワードアートを復活する小ワザ】

今回はWord2010やWord2013で昔のワードアートを復活する小ワザをご紹介します。

Word2010以降、ワードアートは変更され、そっけないものになってしまいました。

しかしこれからご紹介する小ワザを使えば、Word2010以降のWordでも以前のワードアートを使えるのです。

それでは続きをどうぞ。

PC教室では教えない豆知識:インターネット解禁から普及までの長い道のり

【意外に歴史が浅い、日本のインターネットの歴史】

前回は、インターネット誕生の歴史を振り返りましたが、今回はインターネットの商用利用解禁から本格的にインターネットが私達に普及するまでの経緯を御話し致します。

前回の記事でも御話し致しましたが、日本国内でインターネットの商用利用が解禁されたのは、僅か20数年前の1993年でした。

今やインターネットと言えば私達の生活に無くてはならない存在ですが、そんなインターネットの歴史が未だ20年余りの歴史しか無いのは意外では無いでしょうか?

しかし、インターネットが私たち個人に本格的に普及し出したのは、2001年以降の事でした。

つまり、私達にインターネットが本格的に普及して未だ10数年の歴史しか無いのです。

これもまた意外な事ですね。

では何故、1993年のインターネット解禁から普及までに8年近くもの年月を要したのでしょうか?

今回はこの点について、当時のネット事情やパソコン事情を交えてお話し致します。

それでは続きをどうぞ!
※今回は、多少長文になっていますが、最後まで御覧頂ければ幸いです。

PC教室では教えない豆知識:インターネット誕生の母は米ソ冷戦だった!

前回はインターネットとは何かについてお話し致しました。

ブログやフェイスブック、ツイッター等により誰もが世界中に自分の意見を発信したり、動画配信サービスにより世界中に自分の姿や声をネット上に流したり、Youtube等の動画投稿サイトに自分が撮影した動画を投稿して世界中の人に見て貰う等、今までは
考えられなかった事がインターネットのお蔭で出来る様になりました。

また、最近はIoTと呼ばれる様に様々な家電や物がインターネットに繋がり、外出先からのブルーレイレコーダーの録画設定や、部屋の暖房やお風呂の湯沸し等も外からスマートフォンにより行う事が出来る便利な時代になりました

この様に今や私達の生活を飛躍的に便利にし、無くてはならないインターネットですが、インターネット誕生のきっかけと歴史を辿ると意外にも平和とは真逆のキナ臭い歴史に辿り着くのです。

今回はインターネット誕生に至るまでの経緯と歴史的な背景についてお話しします。

それでは続きをどうぞ!

PC教室では教えない豆知識:意外と知らない「インターネットって何?」

今回はインターネットとは一体何かについてお話しします。

2000年前後にADSLネット回線の登場によりインターネットが急激に普及し、インターネットと言う言葉は今では当たり前の様に聞く言葉になりました。

所がいざインターネットとは何かと問われると殆どの方が明確に答えられないのではないでしょうか。

さて皆さんはインターネットとは何かと答える事は出来るでしょうか?

それでは、続きを御覧下さい!