【当ブログ管理人からのお知らせ】


訪問型パソコンサービス「誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を解決します。

以下の3つのサービスでパソコンのお困り事にお応えします。

サービス1<パソコン設定サービス>
パソコンの初期化やインターネットの接続、プリンターの接続など、面倒で手間が掛かる作業を行います。

サービス2<ピンポイントレクチャー>
「パソコンについてここだけを知りたい」
「ワード・エクセルは使った事が無いが簡単な文書や集計表を作る方法だけを知りたい」
「デジカメ写真をDVDに保存する方法を知りたい」
等の様なピンポイントな御要望についてレクチャー致します。

サービス3<訪問パソコンレッスン>
パソコンやワード、エクセル、パワーポイント、アクセス等について一から身に付けたい方の為のマンツーマンレッスンです。
パソコン教室の様な授業回数や期限は設けず、納得頂けるまでレッスンを受けて頂けます。

パソコン教室、カルチャースクールでパソコン講師を務めた経験のある当ブログ管理人が、御客様の元へお伺いし、上記3つの
サービスでパソコンのお困り事を解決致します。(サービスエリアは、東京・神奈川です!

「誰にでもパソコン」の詳細は、こちらのホームページを御覧下さい。(当ブログ管理人プロフィールも掲載しております)



PC教室では教えない豆知識:当たり前に思うパソコンの機能は進化の賜物(前編)

今や老若男女、誰もがパソコンやスマートフォンを持つ時代になり、ツイッターやSNSだけで無く、動画の投稿や生放送も若者だけで無く、幅広い年代層の方々が楽しんでいる様です。

この事は、パソコンが今や誰にでも簡単に扱えるものになり、インターネットが必要不可欠な存在になったと言う証です。

ここに至るまでには、パソコン黎明期であった1980年前半から今日に至る間に培われてきたパソコンとインターネットの進化と発展の歴史があるのです。

しかしパソコンやインターネットはあくまでも黒子的な存在である為、パソコンの機能や性能、そしてインターネットの利用は極当たり前の事と思われるかもしれません。

そこで今回は、この30数年の間にパソコンがどの時点で現在の機能を持つ様になったのか、そしてそれ以前はパソコンユーザーはどうやってパソコンを使っていたのか、更にインターネット黎明期の頃のネット利用は今とどう違っていたのかについて、黎明期からパソコンを使って来た私の記憶を交えてお話ししたいと思います。

それでは続きをどうぞ!
スポンサーサイト

PC教室では教えない豆知識:意味が分かれば納得!パソコン用語の語源を探る!

パソコン初心者の方を悩ますのがパソコン用語では無いでしょうか?

だたでさえ慣れないパソコンの操作に四苦八苦し、覚える事がたくさんあるのに、ドラッグだのクリックだのと、初っ端から現れる横文字だらけのパソコン用語は、パソコン初心者の方にとっては最初の難関と言えるでしょう。

何でパソコン用語は日本語じゃないんだ?」と愚痴りたくなるかもしれませんが、パソコンの発祥はアメリカ。

その為、適切な日本語が存在せず、短い言葉で表す事が出来ないのです。

そこで今回は、普段目にするパソコン用語の語源や、個々の単語の日本語訳についてお話ししたいと思います。

語源や日本語の訳を知れば、「なるほど、そう言う意味だったのか!」と納得し、横文字だらけのパソコン用語にも多少は親しみを感じるのでは無いでしょうか?

それでは続きをどうぞ!

PC教室では教えない豆知識:デフラグって何をしてるの?

パソコンを長い間使っていると、パソコンの起動が遅くなったり、ファイルを開いたり、保存するのにも時間が掛かる様になります。

パソコン雑誌を見ると、この様な症状を解消する為にデフラグと言う処置を勧めています。

では、デフラグとは何なんでしょうか?

そして、パソコンの中では何が起きているのでしょうか?

今回はデフラグについてお話ししてみたいと思います。

それでは、続きをどうぞ!