FC2ブログ



【当ブログ管理人からのお知らせ】


誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を解決する、訪問型パソコンサービス  です。

パソコン教室、カルチャースクールでパソコン講師を務めた経験のある当ブログ管理人が御客様の元へ御伺いし、以下の3つのサービスでパソコンのお困り事にお応えします。

サービスエリアは、東京都(伊豆七島は除く)及び神奈川県です。

 サービス1<パソコン設定サービス>
 パソコンの初期化やインターネットの接続、プリンターの接続など、面倒で手間が掛かる作業を行います。

 サービス2<ピンポイントレクチャー>
 ”こんな事だけ知りたい”と言うピンポイントな御要望についてレクチャー致します。
<一例>
パソコンについてここだけを知りたい
ワード・エクセルは使った事が無いが簡単な文書や集計表を作る方法だけを知りたい
デジカメ写真をDVDに保存する方法を知りたい」

 サービス3<訪問パソコンレッスン>
 パソコンやワード、エクセル、パワーポイント、アクセス等についてマンツーマンでレクチャー致します。

 パソコン教室の様に授業回数や期限は設けず、御納得頂けるまで対応致します。


誰にでもパソコン」の詳細は、こちらのWebサイトを御覧下さい。
当ブログ管理人プロフィールも掲載しております)


御問い合わせ先は以下の通りです!

・御問い合わせ電話:070-4819-3682(荒井 迄)
・御問い合わせメール:darenidemo.gmail.com
・御問い合わせメールフォーム:こちら


【ミニ・レクチャー】:面倒な操作もボタン一つで簡単操作!マクロを使ってみよう!(後編)

前回のお話しでは、エクセルで毎回行う定型操作を自動実行してくれる「マクロ」とは何か?と言う事をテーマに、個人情報入力フォームを例にマクロを作るまでの操作についてお話ししました。

さて今回は、前回作成したマクロを動作させる方法についてお話しします。

この方法が分かれば、エクセルの定型操作がマウスのクリック一つで操作出来る様になりますよ。

今回のお話しは、前回のお話しの中で作成したマクロ付きブックを基にお話しを進めていますので、今回のお話しを御覧になる前に前回のお話しで作成しましたマクロ付きブックを作成してみて下さい。

それでは、続きをどうぞ!
【登録したマクロの動かし方】

-マクロを動かす2つの方法-

マクロを動かすには、以下の2つの方法がります。

方法1:「マクロの記録」ダイアログボックスの「ショートカットキー(K):」で設定したショートカットキーを押します。

方法2:オートシェイプやフォームコントロールボタンにマクロを登録して、マクロを実行させたい時にクリックする。


先ず方法1ですが、前回のお話しではCtrlキーと小文字のBキーの組み合わせのショートカットキーを設定しましたので、Ctrlキーを押したままbキーを押すとマクロが実行されます。

次に方法2について詳しくお話しします。

①先ずは、個人情報登録フォーム上にある「登録ボタン」上で右クリックし、表示されるメニューの中の「マクロの登録(N)...」をクリックします。

マクロ操作14


②「マクロの登録」ダイアログボックスが表示されたら、前回作成したマクロ名をクリックし、「OK」ボタンをクリックします。

これでボタンへマクロの登録が完了しました。
作成したマクロが複数ある場合は、それらのマクロ名も表示されます。

マクロ操作15



-マクロを動かしてみましょう-

①先ずは個人情報入力フォームに氏名、住所、電話番号を入力します。

②次に「登録」ボタンをクリック、又はショートカットキーを押します。

マクロ操作16


③転記シートに一番最後に転記された氏名、住所、電話番号の1つ右隣の列に、①で入力した氏名、住所、電話番号が転記されていればマクロは正しく動作している事になります。

マクロ操作17


④もしも、マクロが正しく動作しない場合は、「開発」タブの「コード」グループ内の「マクロ」ボタンをクリックし、「マクロ」ダイアログボックスを表示します。

マクロ操作19



⑤「マクロ」ダイアログボックスが表示されたら、削除したいマクロ名をクリックし、「削除」ボタンをクリックします。

マクロ操作18


⑥再び、マクロを作成します。

⑦再び上記①~③を行います。
【前回のマクロの補足】

-Ctrlキーを押したまま右矢印キーのショートカットの意味-

前回のマクロ作成では転記シート上のセルA1にカーソルを置き、Ctrlキーを押しながら右矢印キーを押すと言うショートカットキー操作を行うマクロを作成しました。

ここでは、このショートカットキーの意味についてお話しします。

Ctrlキーを押しながら矢印キーを押すと言う操作は、エクセルのシート操作で用意されているショートカットキーの一つで、以下の様な操作が出来るのです。

下の画像の様にデータが連続して入力されていて、その何れかのセルにカーソルが有る場合、Ctrlキーを押しながら上下左右の矢印キーを押すと、カーソルは連続しているセルの一番端のセルに移動します。

また、2番目の画像の様にデータが連続して入力されているセルの外側にカーソルがある場合にCtrlキーを押しながら矢印キーを押すと、連続しているセルの一番端にカーソルが移動します。

Ctrl+→の違い


つまり、このショートカットキーを使えば、転記シートに入力されている氏名、住所、電話番号の件数に関わらず、一番最後に転記された列にカーソルを移動する事が出来る訳です。

さて前回のお話しでは、転記シートには氏名、住所、電話番号の3つの項目名の左の列に番号が入っている列を敢えて設けてありました。

その理由は、下の画像の様に番号が入る列を設けず、項目名のセルにカーソルを置いた状態でCtrlキーを押したまま右矢印キーを押すと、氏名、住所、電話番号が1件も転記されて無い場合では、カーソルはエクセルの最終列であるXFD列に移動してしまいます。

しかし、項目名の左隣の列に列を設け、その列のセルにカーソルを置いてCtrlキーを押したまま右矢印キーを押すと、氏名、住所、電話番号が1件も転記されて無くても、項目名のセルにカーソルが移動します。

以上の理由から、項目名の左隣の列には敢えて番号が入る列を設けていますが、この列は上記の理由以外に役割がありませんので、セルに入るデータは数字でも文字でも空白でも構いません。

Ctrl+→の違い2


-「相対参照で記録」とは?-

前回お話ししましたマクロを記録する操作の中で、転記シートの一番最後に転記された氏名、住所、電話番号があるセルC1の一つ右隣のセルD1にカーソルを移動する操作を行う前に、「相対参照で記録」ボタンをクリックしました。

ここでは、「相対参照で記録」ボタンをクリックした場合とクリックしない場合の違いについてお話しします。

では、セルB3にカーソルがある状態で、セルC5をクリックする操作をマクロとして記録し、その後にこのマクロを動作させた時の違いを見てみましょう。


①「相対参照で記録ボタンを押さないでマクロ記録した場合

下の画像の様にセルA1にカーソルを置いてマクロを動作するとセルC5が選択されます。

つまり、マクロを記録する時にセルを選択し場合、そのセルの番地をマクロとして記録するのです。
セルB3は、マクロを記録する前に既に選択されていたので、マクロには記録されません。


②「相対参照で記録ボタンを押してからマクロ記録した場合

下の画像の様にセルA1にカーソルを置いてマクロを動作するとセルB3が選択されます。

つまり、マクロを記録する時にセルを選択した場合、そのセルを選択する直前のセルよりも行方向、列方向にセル何個分離れているかをマクロとして記録するのです。
セルB3は、マクロを記録する前に既に選択されていたので、マクロには記録されません。

「相対参照で記録」のON/OFFの違い


以上の事から、前回のお話しで転記シートの一番最後に転記されている住所、氏名、電話番号の列に移動した後に「相対参照で記録」ボタンを押してから一つ右のセルを選択したのは、下の画面様に一番最後に転記されている住所、氏名、電話番号の列番号が変わっても、「その列の1つ左の列のセルを選択する」と言う操作をマクロに記録する為です。

更に、この後に個人情報入力フォームの「氏名」入力欄を選択する直前に「相対参照で記録」ボタンを解除したのは、「氏名」入力欄のセルの位置は常に変わらないからです。

「相対参照で記録」のON/OFFの違い2

前回と今回の2回に渡りお話ししましたマクロは如何でしたでしょうか?

一見すると難しそうに思えるマクロも実は操作をエクセルに記憶させると言う、至って単純な操作なのです。

しかし、操作は簡単でありながら、毎回行う定型操作をボタンのクリック一つで素早く簡単に実行してくれると言う大きなメリットが得られるのがマクロです。

是非、色々な操作をマクロで試してみて下さい。

さて次回は、マクロの真の姿であるVBAとは何かについてお話しします。

更にマクロ付きブックを開く際のエクセルの設定についてもお話しします。

お楽しみに!
ブログランキングに参加しています!
ランクアップに御協力下さる方は、下のアイコンをクリック願います!



Microsoft Officeランキング

訪問型パソコンサービス「誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を以下の3つのサービスで対応致します!

パソコン設定サービスパソコンやインターネットの設定が分からない方に!

ピンポイントレクチャーパソコンやワード、エクセルのここだけを知りたい方に!

訪問パソコンレッスン一からパソコンやワードを身に付けたい方に!

当ブログ管理人である、私が御客様の元へ直接御伺いし、対応させて頂きます!

詳しくは、こちらのWebサイトをご覧ください!
スポンサーサイト



[ 2018/02/05 14:49 ] ミニ・レクチャー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darenidemo.blog.fc2.com/tb.php/114-faaefb1a