FC2ブログ



【当ブログ管理人からのお知らせ】


誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を解決する、訪問型パソコンサービス  です。

パソコン教室、カルチャースクールでパソコン講師を務めた経験のある当ブログ管理人が御客様の元へ御伺いし、以下の3つのサービスでパソコンのお困り事にお応えします。

サービスエリアは、東京都(伊豆七島は除く)及び神奈川県です。

 サービス1<パソコン設定サービス>
 パソコンの初期化やインターネットの接続、プリンターの接続など、面倒で手間が掛かる作業を行います。

 サービス2<ピンポイントレクチャー>
 ”こんな事だけ知りたい”と言うピンポイントな御要望についてレクチャー致します。
<一例>
パソコンについてここだけを知りたい
ワード・エクセルは使った事が無いが簡単な文書や集計表を作る方法だけを知りたい
デジカメ写真をDVDに保存する方法を知りたい」

 サービス3<訪問パソコンレッスン>
 パソコンやワード、エクセル、パワーポイント、アクセス等についてマンツーマンでレクチャー致します。

 パソコン教室の様に授業回数や期限は設けず、御納得頂けるまで対応致します。


誰にでもパソコン」の詳細は、こちらのWebサイトを御覧下さい。
当ブログ管理人プロフィールも掲載しております)


御問い合わせ先は以下の通りです!

・御問い合わせ電話:070-4819-3682(荒井 迄)
・御問い合わせメール:darenidemo.gmail.com
・御問い合わせメールフォーム:こちら


【ミニ・レクチャー】:マクロの安全な扱い方

前回は、エクセルのマクロの正体はVBAプログラムである事と、VBAプログラムにより、マクロの記録操作では作れないマクロを作る事が出来ると言うお話しをしました。

さて今回は、マクロを安全に扱う方法についてお話しします。

この様にお話しすると、「マクロ」と「安全」と言う2つの言葉の関連性が思い浮かばなかったり、「マクロって危険なの?」と思ってしまうかもしれませんね。

果たしてマクロを安全に扱うとはどの様な事なのでしょうか?

それでは、続きをどうぞ!


【マクロがウイルスになる】

インターネットの世界で個人情報や金銭を騙し取ろうと暗躍するクラッカー。

世間では「ハッカー」と誤った呼ばれ方をしてますが、クラッカー達は常に新しいネット犯罪の手段を編み出し、如何に効率良く被害を与える事が出来るかについて考えています。

そんなクラッカー達が新たなネット犯罪の手段として注目したのがマクロです。

マクロの正体がコンピュータ・プログラムである事から、マクロでウイルス・プログラム(マクロ・ウイルス)を作ろうと考えたのです。

しかし、幾らマクロ・ウイルスを作ったとしても、それを相手のパソコンに感染させる事が出来なければ意味が有りません。

では、マクロ・ウイルスは、どの様にして私たちのパソコンにを感染するのでしょうか?

最も典型的な手段は、友人や知人、取引先に扮してマクロ・ウイルス付のワード文書やエクセルブックを添付したメールを送ると言う方法です。

そして、参考資料や見積書、発注書などと偽り、マクロ・ウイルス付きのワード文書やエクセルブックを開かせる様に仕向けるのです。

もう一つの感染手段としては、Webサイト上にマクロ・ウイルス付きのワード・テンプレートやエクセル・テンプレートを公開し、それをダウンロードさせる方法です。

この様にしてクラッカーが作ったマクロ・ウイルス付きのワード文書やエクセルブックが不特定多数のパソコンに取り込まれ、不用意にマクロが実行される事でパソコンがマクロ・ウイルスに感染してしまうのです。

職場の様に社内全体のパソコンがネットワークで接続されている環境では、1台のパソコンが感染した場合、それがネットワークを通じて社内全体のパソコンに感染するリスクもあり、被害が拡大してしまうのです。

マクロウイルス

【マクロ・ウイルスからパソコンを守るには?】

この様にマクロ・ウイルスと言うのは比較的に身近に存在し、いつ自分が被害者になっても不思議では無いのです。

では、マクロ・ウイルスの被害を避けるにはどうすれば良いのでしょうか?

それは「マクロ付きワード文書やマクロ付きエクセルブックを開く前に、そのブックが安全か否かを見極める」と言う事です。

具体的には、以下の様な事です。

出所不明な相手からメールで添付されたマクロ付きワード文書やマクロ付きエクセルブックでは無いのだろうか?

信頼出来る相手からのメールに添付されているマクロ付きワード文書やマクロ付きブックだけど、本当に本人から送られて来たブックなのだろうか?


インターネット上で入手したマクロ付きワード文書やマクロ付きブックだが、公開元のWebサイトは信頼出来るサイトなのだろうか?


でも何故、マクロを実行する前で無く、ワード文書やエクセルブックを開く前に見極めるのでしょうか?

それは、VBAで作ったマクロならばワード文書やエクセルブックを開いた時にマクロを実行させる事が出来るからなのです。

マクロウイルス2

【マクロ・ウイルス対策設定(その1)】

上記の様にマクロ付きワード文書やマクロ付きエクセルブックは開く前に注意する事が重要ですが、それでもついうかっりと開いてしまう可能性が無いとも言えません。

そこで、ワードやエクセル、パワーポイント、アクセスには、マクロに関するオプション設定があり、マクロ付きの文書やブック、スライド、データベースを開く際にマクロに関する警告を表示し、承認しない限りマクロが実行されない様にする事が出来ます。

今回はエクセルを例に、マクロ関連のオプション設定についてお話しします。

以下のオプション設定を行うには、「開発」タブを表示して置く必要がありますが、「開発」タブの表示方法は、前々回のお話しの中のマクロを使う前にを御覧下さい。


先ずは下の画像の様に、「開発」タブをクリックし、次に「コード」グループ内の「マクロのセキュリティ」をクリックし、「セキュリティ センター」ダイアログボックスを表示します。

次に、「セキュリティ センター」ダイアログボックスの左端にある「マクロの設定」をクリックすると、右側に以下の様な設定項目が表示されます。

マクロ設定


設定項目の意味は以下の通りです。

警告を表示せずにマクロを無効にする(

マクロ付きブックを開く事は出来ますが、添付されたマクロは一切動作させる事は出来ません。


警告を表示しして全てのマクロを無効にする(

マクロ付きブックを開くと、下の画面の様にリボンの下に「セキュリティの警告 マクロが無効にされました。」と表示され、マクロを動作させる事は出来ません。

但し、「コンテンツの有効化」をクリックするとマクロを動作させる事が出来、以降、ブックを開いても「セキュリティの警告」は表示されず、マクロは動作出来る様になります。


デジタル署名されたマクロを除き、すべてのマクロを無効にする(G)

デジタル署名が埋め込まれていないブックは、マクロを動作させる事が出来ません。


すべてのマクロを有効にする(E)

全てのマクロ付きブックのマクロを動作させる事が出来ます。

この設定では、正当なマクロだけで無く、マクロ・ウイルスまで動作出来てしまう為、設定しない方が良いでしょう。

オプション設定後は、「OK」ボタンをクリックして、「セキュリティ センター」ダイアログボックスを閉じます。

マクロ設定2

【マクロ・ウイルス対策設定(その2)】

マクロに関するオプション設定は、以下の様な設定項目もあります。

信頼済みドキュメントを無効にする(

先程のお話しでは、「マクロの設定」の項目の「警告を表示しして全てのマクロを無効にする」を選択した場合、ブックを開いた時に「コンテンツの有効化」をクリックすると2回目以降にブックを開く時には「セキュリティの警告」は表示されないとお話ししましたが、これはエクセルに信頼済みドキュメントとして承認された為です。

しかし、ブックを開く度に「セキュリティの警告」を表示させたい場合は、下の画面の様に「セキュリティ センター」ダイアログボックスの「信頼済みドキュメント」をクリックし、右側に表示される「信頼済みドキュメントを無効にする」のチェックを入れます。

以降、「コンテンツの有効化」をクリックしても、ブックを開く度に「セキュリティの警告」が表示される様になります。

また、一度信頼済みドキュメントとして承認されたブックに対しても、ブックを開く度に「セキュリティの警告」が表示される様になります。

但し、信頼済みドキュメントとしての承認を解除された訳では無く、一時的に信頼済みドキュメントでは無くなるだけで、「信頼済みドキュメントを無効にする」のチェックを外せば、再び信頼済みドキュメントとなり、ブックを開いた時に「セキュリティの警告」は表示されなくなります。


信頼済みドキュメントをすべてクリアして、信頼されていない状態にする

信頼済みドキュメントを無効にする」の下にある「クリア(」をクリックすると、信頼済みドキュメントとして承認されているブックの承認が解除されます。

上記の「信頼済みドキュメントを無効にする」オプションでは、一時的に承認が解除されますが、「クリア(」をクリックすると完全に承認が解除されます。

信頼出来ないマクロ付きブックを開いた時、誤って「コンテンツの有効化」をクリックしてしまった場合や信頼済みドキュメントの承認を解除したい場合に設定します。

マクロ設定3



インターネットから取得したファイルに対して、保護ビューを有効にする(

インターネット上に存在するマクロ付きブックの中には、マクロ・ウイルスだけで無く、様々なコンピュータ・ウイルスや「マルウェア」と呼ばれる、パソコンに悪意を齎すソフトウェアが含まれている場合もあります。

そこでこのオプションを有効にすると、インターネットからダウンロードしたマクロ付きブックを開く時に下の画面の様に注意を促すメッセージが表示され、「編集を有効にする(E)」をクリックしない限り、ブックの編集が出来ません。

更に先程お話ししました、「マクロの設定」の「警告を表示してすべてのマクロを無効にする」を有効にしている場合は、「編集を有効にする(E)」をクリックした後に「セキュリティの警告」が表示され、「コンテンツの有効化」をクリックしないとマクロを動作させる事は出来ません。

但し、信頼済みドキュメントとして承認された場合、2回目以降にブックを開く時には、注意を促すメッセージも「セキュリティの警告」も表示されなくなります

マクロ設定4



新しい場所の追加(

初めてマクロ付きブックを開く時に「セキュリティの警告」が表示され、「コンテンツの有効化」をクリックして、信頼済みドキュメントとして承認して貰うのは面倒に感じますが、かと言って全てのマクロ付きブックを無条件に開く設定は危険です。

この様な場合、特定のフォルダー内のマクロ付きブックを信頼済みドキュメントとして指定する設定により、最初にブックを開く時に「セキュリティの警告」や「コンテンツの有効化」を表示する事無く、マクロ付きブックを動作させる事が出来ます。

下の画像の様に、「セキュリティセンター」ダイアログボックスの「信頼できる場所」の中の「新しい場所の追加()...」をクリックし、信頼済みドキュメントと指定したいマクロ付きブックが保存されているフォルダーを指定し、最後に「OK」ボタンをクリックします。

登録したフォルダ―は、「セキュリティセンター」ダイアログボックスの「信頼できる場所」の下に表示されます。

注意しなければならないのは、ここで指定したフォルダ―内のマクロ付きブックは、無条件でマクロの動作を許してしまう為、出所が不明な信頼出来ないマクロ付きブックは、ここで指定したフォルダには絶対に入れないで下さい。、

マクロ設定5


オプション設定後は、「OK」ボタンをクリックして、「セキュリティ センター」ダイアログボックスを閉じます。
今回はマクロを安全に使う方法についてお話ししましたが、「マクロは危険なもの」」と言う印象をもしも持たれたとしたら、それは誤りです。

どんなに便利な技術や道具でも、それを誤った使い方をすれば、人を騙したり、傷つけたりしてしまいますが、悪いのは技術や道具で無く、技術や道具を誤った使い方をする人です。

これと同じ様に、マクロが危険なのでは無く、マクロを悪事に利用するクラッカーが危険なのです。

インターネット上に存在する出所不明のマクロ付きブックや知らない宛先からのメールに添付されているマクロ付きブックなどを開かず、自分や信頼出来る人が作ったマクロ付きブックだけを開く事を心掛けていれば、マクロは、ワードやエクセルを今よりも便利で効率良く使う事が出来る様にしてくれる大素晴らしい機能なのです。

VBA言語によるマクロ作成は万人向けではありませんが、数多あるコンピュータ言語の中では比較的にやさしい言語です。

VBA言語によるマクロ作成から初めて、様々な言語のコンピュータ・プログラムにチャレンジしてみては如何でしょうか?

また、VBAは敷居が高過ぎると言う方は、マクロ記録によりマクロを作成し、日頃エクセルで行っている定型操作をマクロにし、エクセルを便利にしてみる事をお勧めします。
ブログランキングに参加しています!
ランクアップに御協力下さる方は、下のアイコンをクリック願います!



Microsoft Officeランキング

訪問型パソコンサービス「誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を以下の3つのサービスで対応致します!

パソコン設定サービスパソコンやインターネットの設定が分からない方に!

ピンポイントレクチャーパソコンやワード、エクセルのここだけを知りたい方に!

訪問パソコンレッスン一からパソコンやワードを身に付けたい方に!

当ブログ管理人である、私が御客様の元へ直接御伺いし、対応させて頂きます!

詳しくは、こちらのWebサイトをご覧ください!
スポンサーサイト
[ 2018/03/05 17:46 ] ミニ・レクチャー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darenidemo.blog.fc2.com/tb.php/119-e7fbff43