FC2ブログ



【当ブログ管理人からのお知らせ】


誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を解決する、訪問型パソコンサービス  です。

パソコン教室、カルチャースクールでパソコン講師を務めた経験のある当ブログ管理人が御客様の元へ御伺いし、以下の3つのサービスでパソコンのお困り事にお応えします。

サービスエリアは、東京都(伊豆七島は除く)及び神奈川県です。

 サービス1<パソコン設定サービス>
 パソコンの初期化やインターネットの接続、プリンターの接続など、面倒で手間が掛かる作業を行います。

 サービス2<ピンポイントレクチャー>
 ”こんな事だけ知りたい”と言うピンポイントな御要望についてレクチャー致します。
<一例>
パソコンについてここだけを知りたい
ワード・エクセルは使った事が無いが簡単な文書や集計表を作る方法だけを知りたい
デジカメ写真をDVDに保存する方法を知りたい」

 サービス3<訪問パソコンレッスン>
 パソコンやワード、エクセル、パワーポイント、アクセス等についてマンツーマンでレクチャー致します。

 パソコン教室の様に授業回数や期限は設けず、御納得頂けるまで対応致します。


誰にでもパソコン」の詳細は、こちらのWebサイトを御覧下さい。
当ブログ管理人プロフィールも掲載しております)


御問い合わせ先は以下の通りです!

・御問い合わせ電話:070-4819-3682(荒井 迄)
・御問い合わせメール:darenidemo.gmail.com
・御問い合わせメールフォーム:こちら


【ミニ・レクチャー】:エクセルの#エラーの意味(後編)

前回に引き続き今回もエクセルのセルに表示される#付きエラーについてお話しします。

前回は7つある#付きエラーの内、4つの#付きエラーに付いてお話ししましたが、後編となる今回は、残り3つの#付きエラーについて、エラーの読み方とエラーの原因、エラーが発生するケースについてお話しします。

更に、セル幅いっぱいに#が並ぶ意味と対処法についてもお話しします。

それでは、続きをどうぞ!
<#N/Aエラー>

このエラーは、「ノー・アサイン」エラーと読みます。

このエラーが表示されるのは、検索しようとするデータが検索先に存在しない場合です。

このエラーが表示されるケースとしては、以下の様な2つのケースがあります。

ケース1:検索データが検索出来ない場合

下の画像の様に、A列の商品コードをセルA12~B16の商品区分一覧表から検索し、対応する商品区分をC列に表示する場合、商品区分一覧表に存在しない商品コード「」を検索した為に商品コードFが検索出来ず、#N/Aエラーが表示されます。

#N/Aエラー(ケース1)



ケース2:検索データを削除や書き換えた場合

下の画像の様に商品コードを削除した場合、商品コードを商品区分一覧表から検索出来ない為、#N/Aエラーが表示されます。

また、商品区分一覧表の商品コードと異なる文字種(このケースでは大文字を小文字にした)にした場合も、商品コードが検索出来ない為に#N/Aエラーが表示されます。

但し、誤って書き換えたデータが、たまたま検索先テーブルに存在している場合は検索結果が表示されれてしまいます。

当然それは誤った検索結果なので、#N/Aエラーが出ないからと言って安心せず、関数や数式が正しく設定されているかを念入りに確認しましょう。

#N/Aエラー(ケース2-1)

#N/Aエラー(ケース2-2)



<#REF!エラー>

このエラーは、「リファレンス」エラーと読みます。

このエラーが表示されるのは、関数や数式でセルを参照する場合、設定したセル範囲を参照出来ない場合です。

このエラーが表示されるケースとしては、以下の2つがあります。

ケース1:参照するセルが削除された場合

下の画像の様にセルB3でセルB11を参照する時、セルB11を削除すると参照する事が出来ない為に#REF!エラーが表示されます。

このケースはセルを削除した場合であり、セル内のデータを削除した場合では無い事に注意して下さい。

因みにセル内のデータを削除した場合は#REF!エラーは表示されず、0が表示されます。

では何故、セルを削除すると#REF!エラーが表示されるのでしょうか?

セル内のデータを削除した場合はセル自体は存在しますが、セルを削除すると、削除されたセルを穴埋めする為に隣接する上下左右の何れかのセルが移動します。(移動するセルは、セルの削除時に選択したセルです

つまり見かけ上は削除する前のセルに見えますが、実際は移動した隣接セルを参照する事になる為、参照が出来ずに#REF!エラーが表示されるのです。

#REFERエラー(ケース1)



ケース2:引数で設定するセル範囲以外を参照する場合

下の画像の様に、セルA3~A7の商品コードをセルA12~B16の商品区分一覧表から検索し、対応する商品区分をセルC3~C7に表示する場合、セルC3~C6の関数では商品区分を求めるセル範囲をセルB12~B16に設定していますが、セルC7の関数では商品区分を求めるセル範囲をセルC12~C16に設定している為に商品区分を参照出来ず、#REF!エラーが表示されます。

#REFERエラー(ケース2)



<#NULL!エラー>

このエラーは、「ヌル」エラーと読みます。

このエラーが表示されるのは、引数に設定した複数のセル範囲を関数が参照出来ない場合です。

このエラーが表示されるケースとしては、以下の2つがあります。

ケース1:複数のセル範囲が交差していない場合

下の画像のセルE12の様に、複数のセル範囲をスペースで挟んで引数として設定すると、それらのセル範囲が交差した時の共通セルを参照出来ます。

しかし、下の2番目の画像の様に複数のセル範囲が交差しない場合は共通するセルが無い為に#NULL!エラーが表示されます。

#NULL!エラー(ケース1)



ケース2:複数の引数がカンマで区切られて無い場合

下の画像の様に複数のセル範囲をカンマで区切って引数として設定すると、それぞれのセル範囲を参照出来ます。

しかし、カンマで区切られて無い場合、セル範囲を参照出来ず、#NULL!エラーが表示されます。

#NULL!エラー(ケース2)



ケース3:2つの引数がコロンで区切られて無い場合

下の画像の様にコロンで区切った2つのセル番地を引数として設定すると、2つのセルに囲まれたセル範囲を参照出来ます。

しかし、2つのセル番地の間にコロンが無い場合はセル範囲として参照出来ず、#NULL!エラーが表示されます。

#NULL!エラー(ケース3)



<セルにこんな表示が出た時は?>

最後にお話しするのは#付きエラーではありませんが、発生頻度が高く、#つながりと言う事で取り上げます。

関数や数式を設定したセルに下の画像の様な、セル幅いっぱいに#が並んで表示される事はありませんか?

これはセルに表示する数値が、今のセル幅では狭すぎて表示し切れない場合に表示されます。

この様な場合は、全ての桁の数値が表示されるまでセル幅を大きくする事で解決します。

但し、余りにも桁数の大きい数値の場合、下の2番目の画像の様に「指数表記」と言う方式で数値が表示されます。

これの意味は、Eが10を表し、2番目の数値はべき乗を表します。

例えば、3.45673E+14の意味は、3.45673×10の14乗となります。

つまり、345、673の次に0が9個並ぶ数値となります。

更に3.45673E-14の意味は、3.45673×10の-14乗となります。

つまり、0.345673の3の左に0が13個並ぶ数値となります。

桁数が多い場合の表示(ケース1)<

桁数が多い場合の表示(ケース2)
.
前回と今回の2回に渡りお話しして来ました#付きエラーですが、如何でしたでしょうか。

#付きエラーは、お話ししたケース以外にも表示されるケースが色々とあります。

また、ある状態では#付きエラーが表示されるのに、別の状態では表示されない場合もあります。

しかし、#付きエラーが表示される殆どのケースは、前回と今回お話ししましたケースとなります。

一見すると#付きエラーは、取っ付き難いイメージがあるかもしれませんが、気付かない内に誤った数式や関数の設定をしているのを教えてくれる便利で有り難い機能です。

#付きエラーの理解を深めるには、前回、今回のお話しを読むだけで無く、御自分で誤った数式や関数を設定してみて、色々な#付きエラーを出してみる事をお勧めします。

御自分でやってみて納得する事こそが、真の理解への近道です。


さて次回は、セルの左上に緑色の三角が表示されるエラーチェックルールについてお話しします。

お楽しみに!
ブログランキングに参加しています!
ランクアップに御協力下さる方は、下のアイコンをクリック願います!


訪問型パソコンサービス「誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を以下の3つのサービスで対応致します!

パソコン設定サービスパソコンやインターネットの設定が分からない方に!

ピンポイントレクチャーパソコンやワード、エクセルのここだけを知りたい方に!

訪問パソコンレッスン一からパソコンやワードを身に付けたい方に!

当ブログ管理人である、私が御客様の元へ直接御伺いし、対応させて頂きます!

詳しくは、こちらのWebサイトをご覧ください!
スポンサーサイト



[ 2018/04/02 13:53 ] ミニ・レクチャー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darenidemo.blog.fc2.com/tb.php/121-4d83d07f