FC2ブログ



【当ブログ管理人からのお知らせ】


誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を解決する、訪問型パソコンサービス  です。

パソコン教室、カルチャースクールでパソコン講師を務めた経験のある当ブログ管理人が御客様の元へ御伺いし、以下の3つのサービスでパソコンのお困り事にお応えします。

サービスエリアは、東京都(伊豆七島は除く)及び神奈川県です。

 サービス1<パソコン設定サービス>
 パソコンの初期化やインターネットの接続、プリンターの接続など、面倒で手間が掛かる作業を行います。

 サービス2<ピンポイントレクチャー>
 ”こんな事だけ知りたい”と言うピンポイントな御要望についてレクチャー致します。
<一例>
パソコンについてここだけを知りたい
ワード・エクセルは使った事が無いが簡単な文書や集計表を作る方法だけを知りたい
デジカメ写真をDVDに保存する方法を知りたい」

 サービス3<訪問パソコンレッスン>
 パソコンやワード、エクセル、パワーポイント、アクセス等についてマンツーマンでレクチャー致します。

 パソコン教室の様に授業回数や期限は設けず、御納得頂けるまで対応致します。


誰にでもパソコン」の詳細は、こちらのWebサイトを御覧下さい。
当ブログ管理人プロフィールも掲載しております)


御問い合わせ先は以下の通りです!

・御問い合わせ電話:070-4819-3682(荒井 迄)
・御問い合わせメール:darenidemo.gmail.com
・御問い合わせメールフォーム:こちら


【パソコン/IT豆知識】:IT社会の発展の影の立役者~フラッシュメモリー(前編)~

大型電気量販店に並ぶUSBメモリー。

ワードやエクセル等のデータから画像や動画、音楽などあらゆるデータを手軽に持ち運ぶ為のツールとして社会人や学生は言うに及ばす、誰もが手軽に利用するアイテムとなりました。

また、SDカードを初めとするメモリーカードもデジカメやスマートフォン、携帯音楽プレーヤーなど、あらゆるデジタル機器に使われています。

あらゆる情報がデジタルデータ化される現在、デジタルデータを保存し、簡単に持ち運ぶ為のツールとしてUSBメモリやメモリーカードは私たちにとって無くてはならないアイテムですね。

さて、この一見すると全く別物に見えるUSBメモリーとメモリーカードですが、実は中身は全く同じで、外装の違いだけと言うのを御存知でしょうか?

そしてその中身、つまりデジタルデータを保存する部分は「フラッシュメモリー」と呼ばれるメモリーなのです。

フラッシュメモリーのお陰でUSBメモリーやメモリーカードの様に手のひらに入るサイズに大容量のデータを保存し、手軽にデータを持ち運べる便利なアイテムが生まれたのですが、フラッシュメモリーにはもう一つのメリットがあるのです。

それは、「電気の力を借りずに保存したデータを記憶し続ける」と言う事です。

USBメモリやメモリーカードに保存したデータを何もしなくても記憶し続けてくれるなんて当たり前でしょ?」と思うかもしれませんが、この当たり前に思える事が実現出来た背景には、メモリーの長い歴史と一人の日本人の努力があったのです。

さて、その背景と日本人とは何でしょうか?

前編となる今回は、フラッシュメモリーのお話しを理解する為に必要な基礎知識として、メモリーとは何か?につてお話しします。

それでは続きをどうぞ!
【メモリーって何?】

フラッシュメモリーについてお話しする前に、先ずはメモリーとは何かについてお話しします。

パソコンやスマートフォンは言うに及ばず、ブルーレイレコーダーやデジタルTVなどのIT家電の内部では、様々なデジタルデータが行き交っています。

例えばパソコンの場合は、マウスカーソルの位置や入力した文字、ハードディスクに保存するファイル、ブラウザに入力するURLや検索文字などで、ブルーレイレコーダーの場合は、予約録画の番組情報や録画画質、録画した番組の情報、受信出来るTV局のチャンネルや局名、おまかせ録画の為の設定情報などです。

また、それらのデータの内容に応じて、CPUと言う頭脳部分に動作や制御の指示を与える為の命令の塊りである「プログラム」もデータの一種と言えます。

そして、これらデータやプログラムの置き場所こそがメモリーなのです。

メモリーとデータ、CPUとの関係を分かり易く例えますと下のイラスト様になります。

メモリ(その1)宿泊者名簿
メモリ(その2)接客対応 心得帳
データ宿泊者名
プログラム接客対応 心得帳に記されている教え
CPU番頭、仲居

ROMとRAMの違い

【永久保存用から一時保存用まで~色々あるメモリー!~】

さて、メモリーと一口に言っても色々あり、大きく分類すると下のイラストの様に「ROM(ロム)」と「RAM(ラム)」の2種類のメモリに分かれます。

-ROM-

特徴一度保存したデータは二度と削除する事が出来ない為、新しいデータに書き換えたり、空き領域にデータを
    追記する事は出来ません。


主な用途プログラムや設定情報などの様な、書き換える必要が無い固定したデータの保存用です。

ROMの特徴


-RAM-

特徴新しいデータに書き換えたり、空き領域にデータを保存する事が出来ます。

主な用途頻繁に変化するデータの一時保存用です。

RAMの特徴


ROMやRAMの違いを先程の旅館のイラストを元に分かり易く例えますと、以下の様になります。

ROM顧客対応 心得帳(接待マニュアル)
ROMに保存されるプログラム顧客対応 心得帳に記されている教え

RAM宿泊者名簿
RAMに保存されるデータ宿泊者名
【電気の力で記憶し続けるメモリー:RAM】

RAMは何度でもデータの削除と新しいデータへ書き換えが可能な反面、保存したデータを記憶し続けるにはRAMに電気を与える必要があり、電気を与えるのをやめた途端にに、それまで保存していたデータが一瞬で消えてしまうのです。

例えばRAMの一種である「SRAM(エスラム)」は、保存したデータを記憶し続ける為にSRAMに電池を接続します。

昔懐かしいファミコンのゲームはゲームの進行状況を保存するセーブ機能が付いていましたが、これはセーブしたデータがゲームカセット内部にあるSRAMに保存され、SRAMに繋がれたボタン電池によりセーブデータを記憶し続ける事が出来るのです。

当然、時の経過によりボタン電池が切れた瞬間にセーブデータも消えてしまい、新たにセーブする事も出来なくなります。
パソコンにもSRAMが使われていて、BIOS(バイオス)と呼ばれる設定情報や日付、時刻などの情報をボタン電池で記憶し続けています。

また、パソコンに使われているRAMの一種である「DRAM(ディーラム)」も保存したデータを記憶し続ける為に電気を与える必要があるのですが、DRAMの場合はSRAMの様に常に電気を与えるのでは無く、一定周期のタイミングで電気を与える「リフレッシュ」と言う方式が取られています。

SRAMとDRAMで電気の与え方が違う理由は、SRAMは電気を与えるのをやめた瞬間に保存していたデータが消えてしまうのに対して、DRAMの場合は電気を与えるのをやめると保存していたデータの記憶を徐々に失う為、データの記憶を失う前に電気を与えて記憶を保持するのです。

とは言っても、そのタイミングは1/10,000秒と言う目にも止まらない短い間隔なのです。

SRAM

DRAM


【電気を使わずに記憶し続けるメモリー:ROM】

ROMは一度保存したデータを削除する事が出来ませんが、別の見方をすれば保存したデータを書き換えられたり消されたりする事が危険が無いとも言えます。

つまり、RAMと違って、一度保存したデータは電気の力を使わなくても永久に記憶し続ける事が出来るのです。

ROMもRAMもそれぞれに一長一短の特徴を持っていますが、もし、RAMの長所を併せ持ったROMが出来れば、「データの書き換えが出来、且つ電気を与えずにデータを記憶し続ける事が出来る」と言う優れたメモリーが出来ますね。

それを実現したROMが「EPROM(イーピーロム)」「EEPROM(イーイーピーロム)」と呼ばれるROMです。

EPROMとEEPROMの違いは、以下の通りです。

EPROM表面にあるガラス窓から内部のROMに紫外線を照射する事で、保存データを削除出来るROMです。

EEPROM電気信号を与える事で、保存データを削除出来るROMです。

EPROMやEEPROMの主な用途は、プログラムを作る時の動作確認やデジタル機器の設定情報の記憶などです。

例えばプログラムを作成する時に、作成したプログラムをROMに保存して正しく動作するかを確認しますが、大抵はプログラムにミスが見つかり、修正したプログラムを再びROMに保存して動作を確認を繰り返す事が多く、その度に新しいROMが必要になり、ROMが無駄になってしまいます。

そこで、EPROMやEEPROMを使えば、プログラムを修正する度に新しいROMを用意する必要が無く、同じROMでプログラムの動作確認が出来ます。
専門用語では「バグ」と呼びます。

この様に優れた特徴を持つEPROMとEEPROMですが、以下の様な欠点もあります。

大容量のデータを保存出来るROMを作る事が出来ません。
データを書き換えるには、その前にメモリーに保存されているデータを全て消去する必要があります。

また、以下の様にEPROMだけの欠点もあります。

データを消去する際に専用のデータ消去装置(紫外線照射器)が必要になります。
データを消去する度にEPROMを機器から一旦取り外す手間があります。

データの書き換えの度にメモリーに保存されているデータを消去する必要があると言う事は、メモリーに保存されているデータをそのままにして、メモリーの空き領域に新しいデータを追加して保存する事が出来ないと言う事になりますが、EPROMやEEPROMの用途はプログラムや設定情報などの固定したデータである為、後からメモリーの空き領域にデータを追加する様な事は無い為、メモリー内のデータを消去しても支障は無い訳です。

EPROMとEEPROM

データの書き換えが出来、記憶したデータの保存に電気の力が不要と言う優れた特徴を持つEPROMとEEPROMですが、より大容量のデータを記憶出来、記憶している一部のデータだけを消去出来、コストも安いメモリーは出来ないものかと考えた一人の日本人がいました。

その日本人が考えたメモリーこそが、現在のIT社会の進展に大きく貢献する事になるフラッシュメモリーです。

次回は、フラッシュメモリーの製品化に至るまでの長く険しい道程と、フラッシュメモリーが現在のIT社会に果たした功績についてお話しします。

おたのしみに!
ブログランキングに参加しています!
ランクアップに御協力下さる方は、下のアイコンをクリック願います!



Microsoft Officeランキング

訪問型パソコンサービス「誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を以下の3つのサービスで対応致します!

パソコン設定サービスパソコンやインターネットの設定が分からない方に!

ピンポイントレクチャーパソコンやワード、エクセルのここだけを知りたい方に!

訪問パソコンレッスン一からパソコンやワードを身に付けたい方に!

当ブログ管理人である、私が御客様の元へ直接御伺いし、対応させて頂きます!

詳しくは、こちらのWebサイトをご覧ください!
スポンサーサイト



[ 2018/05/15 15:27 ] パソコン/IT豆知識 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darenidemo.blog.fc2.com/tb.php/135-e0da7163