FC2ブログ



【当ブログ管理人からのお知らせ】


誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を解決する、訪問型パソコンサービス  です。

 東京都(伊豆七島は除く)及び神奈川県をサービスエリアとして、御指定の場所に御伺いし、以下の3つのサービス  でパソコンのお困り事にお応えします。

 サービス1<パソコン設定サービス>
 パソコンの初期化やインターネットの接続、プリンターの接続など、面倒で手間が掛かる作業を行います。

 サービス2<ピンポイントレクチャー>
 ”こんな事だけ知りたい”と言うピンポイントな御要望についてレクチャー致します。
<一例>
パソコンについてここだけを知りたい
ワード・エクセルは使った事が無いが簡単な文書や集計表を作る方法だけを知りたい
デジカメ写真をDVDに保存する方法を知りたい」

 サービス3<訪問パソコンレッスン>
 パソコンやワード、エクセル、パワーポイント、アクセス等についてマンツーマンでレクチャー致します。

 パソコン教室の様に授業回数や期限は設けず、御納得頂けるまで対応致します。


 パソコン教室、カルチャースクールでパソコン講師を務めた経験のある当ブログ管理人が、御客様の元へお伺いし、  上記3つのサービスでパソコンのお困り事を解決致します。
サービスエリアは、東京(伊豆七島を除く)・神奈川です!

誰にでもパソコン」の詳細は、こちらのホームページを御覧下さい。
(当ブログ管理人プロフィールも掲載しております)



【パソコン/IT豆知識】:スティック?弁当箱?~ノートだけじゃない!タイプ豊富な現在のパソコンたち~

自動車」と一口に言っても、街乗り用の乗用車からオフロードを力強く駆け抜けるRV車や高級な内装と装備が売りの高級車、そして風の様に高速で疾走するスポーツカーなど、用途に応じて性能や機能が異なる色々なタイプの車があります。

そして、パソコンの世界でも同じく、用途に応じて色々なタイプのパソコンがあるのを御存知でしょうか?

タイプって言ったってノートパソコンとデスクトップパソコンくらいでしょ?」と思ってませんか?

いえいえ!実は他にも色々なタイプのパソコンがあるのです。

その御蔭でパソコンを購入する際に選択の幅が広がり、用途に合わせて自由なパソコン選びが可能になっているのです。

今回は、そんな千差万別なタイプのパソコンのメリットとデメリットについてお話しします。

それでは続きをどうぞ!
【タイプ別・パソコンの特徴とメリット/デメリット】

今迄はパソコンと言えば、ノートパソコンかタワー型デスクトップパソコンと言うのが定番スタイルでした。

しかし、ここ数年の間に従来には無い新しいスタイルのパソコンが次々と登場しています。

それでは、タイプ別にそれぞれのメリットやデメリットについて見て行きましょう。

ノートパソコン

パソコンのタイプで思い浮かぶと言えばノートパソコンでは無いでしょうか?。

それ程にノートパソコンは、今やビジネスや一般家庭に広く普及し、一番使われているタイプのパソコンです。

ノートパソコン」と言う名称は実は和製英語で、海外では「ノートブック・コンピュータ」と言う名称で呼ばれています。

パソコンを購入する人の殆どはノートパソコンかと思いますが、実は同じ性能で比較すると、この後お話ししますタワー型デスクトップ・パソコンよりも価格が割高なのです。

その理由は、あの薄い本体の中にパソコンとしての機能や性能を詰め込み、その上、内部で発生する熱を効率良く放熱しなければならないと言う相矛盾した事が必要な為に、パソコン本体の設計から開発や専用の小型部品の開発、パソコンを組み立てる為の設備など、あらゆる面でコストがかかる為です。

ノートパソコンは、そこそこの性能を持った機種から高い性能を持った機種までピンからキリまで色々あり、Webサイトや動画投稿サイトの閲覧から3DゲームやCG作成まで幅広い用途に対応出来ます。

最近は「ゲーミング・ノートパソコン」と言うタイプのパソコンも登場し、3Dのゲームを高画質で遊ぶ事が出来るノートパソコンもあります。

しかし、ゲームのクオリティーやリアリティーが日進月歩で上がって行くのが3Dゲームの世界。

それに対応して行くには、ノートパソコンよりは、この後お話しします「タワー型パソコン」の方が後から性能を上げたり、機能を追加出来る為に有利なのです。

-メリット-

広い設置場所を必要としません。

低消費電力です。

持ち運びが出来、外でも使えます。

基本的な配線は電源ケーブルだけで済みます。

性能や機能に幅が有り、用途に応じてパソコンを選ぶ事が出来ます。


-デメリット-

同じ性能で比較するとデスクトップパソコンに比べて価格が高目です。

RAMメモリの増設以外にパソコン内部の機能追加や性能向上が出来ません。


-主な用途-

文書作成や表作成、年賀状作成、ゲーム、Webサイト閲覧、SNS情報発信などの用途から3Dゲームや
 CD作成、動画編集まで幅広い用途に対応します。


ノートパソコン


タワー型デスクトップパソコン

ノートパソコンが登場するよりも前から存在していたのが、タワー型デスクトップパソコンです。

タワー型デスクトップパソコンは何と言っても、後から性能を向上したり、機能を追加出来るのが特徴のパソコンです。

更に自分で部品を集めて、希望する性能や機能を持ったオリジナルパソコンを作る事が出来ると言う特徴も備えています。

この様な特徴がある事から、パソコンに大きな能力を必要とする3DゲームやCG作成などの分野に対して大きな需要があります。

-メリットー

パーツを集めて、必要な性能や機能を持ったオリジナルのパソコンを作る事が出来ます。

後から性能をアップする事が出来ます。

後から機能を追加する事が出来ます。

パソコンが故障しても故障したパーツを交換すれば自分で治す事が出来ます。

同じ性能ならば、ノートパソコンよりも価格が安目です。

ハードディスクやTVチューナー等の内蔵型の周辺機器は、ノート用の外付けタイプよりも価格が安目です。


-デメリット-

本体が大きく、重量があります。

ディスプレイが別途必要となります。

広い設置場所が必要です。

消費電力がノートパソコンに比べて大きくなります。

排熱ファンの音が気になります。(水冷型は無音)

パソコン初心者には取扱いが難しい為に向きません。


-主な用途-

主に3Dゲーム、CG作成、動画編集の様に、パソコンに高い能力が必要な用途に適しています。

好みの性能や機能を持ったオリジナル・パソコンを自作する用途に適しています。

デスクトップパソコン


オールインワン・パソコン

ノートパソコンと共に電気量販店のパソコン売り場を飾っているのがオールイン・パソコンです。

このパソコンの特徴はディスプレイとパソコン本体が一体化されている事です。

その為、ディスプレイとキーボードだけと言うシンプルながらもおしゃれなスタイルが特徴です。

また、ディスプレイのサイズが概ね21インチ~27インチと大きいのも特徴です。

Macは、1998年からiMac(アイマック)と言う名称でオールインワン・パソコンを発売しており、その意味では時代を先取りしていた事になり、マックの先見性の凄さを実感します。

-メリット-

ディスプレイと本体が一体化している為、広い設置場所を必要としません。

外観の見栄が良く、リビングに設置しても雰囲気を損ねません。

ディスプレイが大きいので作業がし易く、TVや映画、YouTubeなどを大画面で視聴出来ます


-デメリット-

同じ性能のノートパソコンと比較した場合、価格が高く、モデル落ちしても余り下がりません。

重量がある為、ノートパソコンの様に自由にパソコンを持ち歩けません。


-主な用途-

文書作成や表作成、年賀状作成、ゲーム、Webサイト閲覧、SNS情報発信など、パソコンに高い能力を必要と
 しない用途に適しています。


TVや映画、YouTubeなどを大画面で視聴する際に適しています。

オールインパソコン


小型パソコン

小型パソコンの始まりは、CPUメーカーのインテルが販売を始めた「NUC(Next Unit of Computing:ネクスト・ユニット・オブ・コンピューティング:略称 エヌユーシー)」と言う名のパソコンで、その後各社から次々と登場しました。

しかし、このタイプのパソコンの一般的な分類名は特に無く、「小型パソコン」とか「ボックス・パソコン」等と呼ばれています。

外観は高さ・幅・奥行が10cm~15cm程度の立方体の形をしたボディーで、重箱を一回り小さくしたイメージです。

このパソコンには、買って直ぐに使えるタイプの他に、「ベアボーン」と言って、CPUやメモリ、ハードディスク、RAMメモリを自分で用意して装着し、利用目的に合った性能のパソコンに出来るタイプもあります。

外見は小型ですが、高い性能を持つ小型パソコンであれば3Dゲームの様な、パソコンに高い能力が必要な用途にも使えます。

-メリット-

小型で軽量な為、設置場所を選びません。

性能や機能に幅が有り、用途に応じてパソコンを選ぶ事が出来ます。

ベアボーン タイプではCPUやメモリを別途用意して、用途に合わせた性能や機能を持ったパソコンに出来ます。


-デメリット-

キーボードやマウス、ディスプレイが別途必要となります。

必要に応じてCD/DVD/BDドライブが別途必要となります。

パソコン中級~上級者向けです。


-主な用途-

Webサイトの閲覧やSNSへの情報発信、文書作成/表作成、年賀状作成、デジカメ写真の修整、2Dゲームなど
 から3Dゲーム、CG作成、動画編集まで幅広い用途に対応可能です。


弁当箱パソコン


2in1パソコン

外見上はノートパソコンでありながら、タブレット端末としても使えるパソコンが「2in1(トゥーインワン)パソコン」です。

タブレット端末が持っている「どこでも使える」と言うメリットと、ノートパソコンが持っている「素早い文字入力が出来る」と言う良いとこ取りのメリットを持っている為、場所や状況に合わせてノートパソコンとして使ったり、タブレット端末として使い分ける事が出来ます。

2in1とは、1つの中に2つの機能が入っていると言う意味です。

このパソコンはキーボードからディスプレイを切り離せる「セパレート」タイプと、キーボードとディスプレイを背中合わせに2つ折りに出来る「コンバーチブル」タイプがあります。

OSはWindows10を搭載している機種が多い為、Windows用ソフトが使えると言うのも大きなメリットです。

ディスプレイサイズはタブレットと同じく10.1インチのものから、一般的なノートパソコンと同じく15インチのものまで色々とあります。

CPUは「Atom(アトム)」と言う低電力で性能を抑えたものから「Core i7(コア・アイ・セブン)」の様に性能が高いものまで千差万別です。

価格は、パソコンの性能やディスプレイの大きさ、SSDやRAMメモリの容量により5万円台~25万円台と大きな幅があるのが特徴です。


-メリット-

状況に応じてノートPCとタブレットPCに使い分ける事が出来ます。

薄型です。

低消費電力です。


-デメリット-

同じ性能ならばノートPCよりも価格が高目です。

CD/DVD/BDドライブが内蔵されていません。


-主な用途ー

一般家庭からビジネスでまで、幅広い用途で利用可能です。

2in1型パソコン


スティック型パソコン

数年前から登場した変わり種パソコンがスティック型パソコンです。

USBメモリを一回り大きくした感じの手のひらサイズのパソコンである事と、価格が1万円台~5万円台とお手頃価格なのが特徴です。

とは言え価格帯により性能に大きな開きがあり、5万円台クラスなら最近のノートパソコン並みの性能があるものの、1万円以下のスティックパソコンではWebサイトやYouTubeの閲覧、SNSの発信などの軽い処理が出来る性能しかありません。

また、5万円台のスティックパソコンでも3DゲームやCG作成、動画編集の様な、パソコンに高い能力が必要な用途には向きません。

この様に性能は今一つではあるものの、小型軽量で持ち運びが出来、お手頃価格なスティックパソコンは、アイデア次第では面白い使い道がある可能性を秘めています。

WebサイトやYouTubeではスティックパソコン利用者の情報を見つける事が出来ますので、これらの情報を参考に自分がやりたい事を実現できるかを見極めた上で購入を検討した方が良いでしょう。


-メリット-

低価格です。

超小型で軽量です。

設置場所を選びません。(手のひらサイズ)

静音です。


-デメリット-

3DゲームやCG作成、動画編集の様な、パソコンに高い性能が必要な用途には向きません。

キーボードやマウス、HDI端子付きディスプレイ又はTV、外付けハードディスク、外付けCD/DVD/BD
 ドライブ等が別途必要となります。


排熱ファンが無いタイプでは、状況によっては排熱の工夫が必要な場合があります。


-主な用途-

WebサイトやYouTubeの閲覧、メールの送受信、SNSの発信の様に、パソコンの能力を余り必要としない
 用途に適しています。


スティック型パソコン

以前はノートパソコンとデスクトップパソコンだけだったパソコンの世界は、今回お話ししました様に色々なタイプのパソコンが登場しています。

今後も新しいタイプのパソコンが登場するのでしょうか?

私の個人的な予測では、タブレット端末が更に進化し、キーボードもマウスも要らないパソコンが進化の最終到達点になるのではないかと思っています。

いずれにしても今後のパソコンの進化には目が離せませんね!
ブログランキングに参加しています!
ランクアップに御協力下さる方は、下のアイコンをクリック願います!



Microsoft Officeランキング

訪問型パソコンサービス「誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を以下の3つのサービスで対応致します!

パソコン設定サービスパソコンやインターネットの設定が分からない方に!

ピンポイントレクチャーパソコンやワード、エクセルのここだけを知りたい方に!

訪問パソコンレッスン一からパソコンやワードを身に付けたい方に!

当ブログ管理人である、私が御客様の元へ直接御伺いし、対応させて頂きます!

詳しくは、こちらのWebページをご覧ください!
スポンサーサイト
[ 2018/10/28 11:29 ] パソコン/IT豆知識 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darenidemo.blog.fc2.com/tb.php/154-734af05b