FC2ブログ



【当ブログ管理人からのお知らせ】


誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を解決する、訪問型パソコンサービス  です。

パソコン教室、カルチャースクールでパソコン講師を務めた経験のある当ブログ管理人が御客様の元へ御伺いし、以下の3つのサービスでパソコンのお困り事にお応えします。

サービスエリアは、東京都(伊豆七島は除く)及び神奈川県です。

 サービス1<パソコン設定サービス>
 パソコンの初期化やインターネットの接続、プリンターの接続など、面倒で手間が掛かる作業を行います。

 サービス2<ピンポイントレクチャー>
 ”こんな事だけ知りたい”と言うピンポイントな御要望についてレクチャー致します。
<一例>
パソコンについてここだけを知りたい
ワード・エクセルは使った事が無いが簡単な文書や集計表を作る方法だけを知りたい
デジカメ写真をDVDに保存する方法を知りたい」

 サービス3<訪問パソコンレッスン>
 パソコンやワード、エクセル、パワーポイント、アクセス等についてマンツーマンでレクチャー致します。

 パソコン教室の様に授業回数や期限は設けず、御納得頂けるまで対応致します。


誰にでもパソコン」の詳細は、こちらのWebサイトを御覧下さい。
当ブログ管理人プロフィールも掲載しております)


御問い合わせ先は以下の通りです!

・御問い合わせ電話:070-4819-3682(荒井 迄)
・御問い合わせメール:darenidemo.gmail.com
・御問い合わせメールフォーム:こちら


【ネットセキュリティー術】:知っていますか?こんなネット犯罪&ネット・トラブル

ADSL回線が登場する2001年以前のインターネットの利用価値と言えば、電子メールの送受信やWebサイト、BBS(掲示板)と言った程度でしたが、現在はパソコンやスマートフォン、タブレット、家電製品で構成されるネット社会を構築する場として活用され、私たちの生活には無くてはならないインフラと言っても過言ではない存在にまでなりました。

特に、個人で世界中に向けて情報を発信出来る様になった事は、大きな変革であると言っても過言では無いでしょう。

しかし、新しい仕組みやサービス、便利な道具や機械が登場する度に、それらを犯罪に利用しようと目論む悪意に満ちた輩が居るのがこの世の常。

それはインターネットも同様で、今迄は考えられもしなかった、ネット時代ならではの新しい犯罪が発生しています。

また、発信した情報が世間にもたらす影響や反響を考えず、軽いノリで情報を発信した事が思わぬトラブルを引き起こしたり、罪に問われるケースが発生しています。

そこで今回は、ネット社会の仕組みやサービスを悪用する新しい犯罪の種類と実際のケース、更に個人による情報発信により、思わぬ罪に問われたり、トラブルに遭遇したケースについてお話ししたいと思います。

それでは、続きをどうぞ!
【何気無い情報発信で罪に問われたケース】

ケース1①:冗談の積りで発信した情報で逮捕!

2016年4月の熊本地震発生の際、20歳の男性が「動物園からライオンが脱走しました」と言うメッセージと共に、熊本市街をうろつくライオンの画像をツイッターに投稿しました。

この画像は合成された偽画像で、逮捕された男性は冗談の積りで投稿した様ですが、これを信じた市民からは動物園を管轄する熊本市に対して事実確認の電話が殺到し、対応に大わらわとなり、動物園の運営にも支障を来す事になりました。

結果、男性は偽計業務妨害罪で逮捕され、後に起訴猶予処分となりました。


ケース②:何気ない行為を撮影した画像の発信で逮捕!

2015年9月、アメリカはフロリダ州メルボルンで、海岸に居たウミガメの甲羅に20歳の女性がまたがり、スナップチャットと言う画像投稿サイトに画像を投稿しました。

しかし、この画像を見た地元住民から魚類野生生物保護委員会に多くの通報があり、指名手配の末に逮捕されてしまいました。

逮捕理由は、ウミガメの移動を妨害した罪でした。

フロリダ州では、ウミガメや巣、卵を所有したり、破壊や移動、妨害などの行為が罪に問われるそうです。

思わぬ逮捕

【便利な機能を悪用し、罪に問われたケース】

ケース①:AirDrop機能を悪用して逮捕!

iPhoneには、以下の様な様々な情報を自分から数m以内のiPhoneやiPad、iPodTuch、MACパソコンに送る事が出来る「Air Drop(エアードロップ)と言う便利な機能があります。

写真や動画
連絡先
位置情報(地図)
アプリの情報
WebページのUR

しかし、この機能を悪用し、電車内で自分の近くに居る不特定多数の女性に卑猥な画像を送信し、強制的に見せつけると言う「Air Drop痴漢」と言う悪質な行為が横行しています。

Air Dropには特定の相手から以外は受信しない設定が可能ですが、設定を変更してない場合は見たくも無い画像を見てしまう事になります。

Air Drop痴漢の最初の逮捕事例は、2018年7月にJR山陽線の姫路・神戸間の電車内で近くに居た女性に卑猥な画像を送りつけた容疑により、県迷惑防止条例違反で逮捕された会社員の男でした。


ケース②:GPSアプリを悪用して逮捕!


スマートフォンのアプリの中には、パソコンやタブレットなどからスマートフォンの現在位置を表示したり、電話を発信したり、カメラやマイクの機能を遠隔で動かす事が出来る「GPSアプリ」が数多くあります

GPSアプリの本来の目的は、以下の様なケースで使用する事です。

我が子が、今どこに居るかを把握する
スマートフォンを紛失した場合に位置情報を調べたり、電話を鳴らして見つける
スマートフォンを盗まれた場合の位置情報を調べたり、窃盗犯の顔や音声を取得する

しかし、このアプリが悪用される事により、プライバシーの漏洩やストーカー等の被害を招く恐れがあります。

現に国内ではGPSアプリを悪用し、不正指令電磁的記録供用罪で逮捕されたケースが多々あります。

逮捕に至った代表的な事例としては、以下の様なものがあります。

知人女性の許可無くGPSアプリを彼女のスマートフォンに入れ、ストーカー行為をしていた
妻が旦那の許可無くGPSアプリを旦那のスマートフォンに入れ、行動を監視していた

何れのケースでも相手のスマートフォンにGPSアプリを入れるタイミグは、レストランで相手がトイレに行っている間に入れるとか、相手が就寝中や入浴中に入れると言うのが常套手段の様です。


ケース③:仮想通貨発掘ソフトを悪用して逮捕!

2018年6月、自分のWebサイト内に「Coinhive(コインハイブ)」と言う仮想通貨の発掘ソフトを組み込み、Webサイトを閲覧したユーザーのパソコンで発掘処理をさせた16名の容疑者が不正指令電磁的記録作成等罪の容疑で検挙され、内3名が逮捕される事件が日本国内で発生しました。

発掘とは、仮想通貨の購入や取引以外で仮想通貨を手に入れる方法です。

ビットコインを代表とする仮想通貨は、取引が行われる毎に、取引を行った者以外の第三者が、その取引が正当であるかを検証し、正当な取引であると検証されれば、過去の全取引履歴が鎖状に連なる「ブロックチェーン」と呼ばれるデータに新たな取引履歴として追加されます。

取引データがブロックチェーンに追加される事で正式な取引と認定され、取引が成立します。

そしてこの一連の作業の対価として、仮想通貨の取引で仮想通貨を送金した人が支払う送金手数料(参照)と、新規に発行された仮想通貨を手に入れる事が出来ます。

必ずしも必要で無い、送金手数料
仮想通貨の取引は、発掘が完了する事で取引が成立する事になるのですが、送金手数料が高い取引ほど発掘が先に
行われる傾向にあります。

送金手数料は支払わなくても良いのですが、取引を少しでも早く成立したい為に、送金手数料を支払うのが普通の様です。

計算からブロックチェーンへの追加までの作業を「発掘」又は「マイニング」と言います。

仮想通貨の取引の検証は複雑な計算をする事により処理される為、超高性能パソコンを何十台も稼働させないと、発掘作業に要する電気代や使用するパソコンの価格を併せたコストに見合う仮想通貨を得るのは不可能と言われており、全世界には「マイニングプール]と呼ばれる集団が、作業所の様な建物の中で何十台もの超高性能パソコンを24時間休みなく稼働させて、仮想通貨の発掘を行っています。(参照)

発掘のもう一つの手段として存在するのが、今回の事件で使われたWebサイトに発掘ソフトを組み込み、Webサイトを閲覧している全てのユーザーのパソコンに発掘をして貰う方法です。

発掘の為の複雑な計算処理をユーザー1人のパソコンに任せるのは困難なので計算処理の一部だけを任せ、それを他の閲覧者のパソコンにも同様に任せる事で複雑な計算処理を行う事が出来る訳です。

これは例えて見れば、重たい御輿も大勢の持ち手が居れば動かす事が出来ると言う理屈と同じで、これを「分散処理」と言います。

この方法による発掘は、Webサイト閲覧者の同意を得れば何ら問題は無いのですが、今回検挙された容疑者たちは同意を得ずに閲覧者のパソコンに発掘をさせており、この事が検挙容疑となったそうです。

超高性能パソコンで無いと発掘出来ない理由
ある取引データを計算する場合、誰か一人が対応するのでは無く、発掘に参加する全員に同じ取引データーが
行き渡り、一番早く計算して、ブロックチェーンに取引データを接続した発掘者に仮想通貨が発行されます。

その為、他の発掘者より1秒でも早く計算をする為に、日を追う毎に高性能なパソコンが使われる様になって
いて、もはや一般人がノートパソコンで発掘をする事は不可能な状況になっています。

発掘に際しては「GPU」と呼ばれる、画像を高速に計算してディスプレイに表示するパーツが高速計算の要と
なる為、昨年は高性能GPUの特需が発生し、本来の購買層である3Dゲームを楽しむゲーマーの人々には
手に入れ難い事態が起きました。


酔いどれネコ

【何気無い情報発信で犯罪に巻き込まれるケース】

ケース①:デジタル誘拐

ツイッターやFACEBOOK上で、我が子の顔写真をぼかしや目を隠す等の処理を施さずに堂々と公開されているのを見かけますが、これは褒められた行為とは言えません。

なぜならば、その画像は簡単にコピーされた上で悪用されたり、インターネット上に拡散してしまうからです。

後で後悔し、画像をインターネット上から削除しようとしても、全てを削除する事は殆ど不可能と言って良いでしょう。

この様な画像は永久にインターネット上に晒される事から、「デジタルタトゥー(デジタルの入れ墨」と呼ばれ、社会問題になっています。

特に最近は、他人のツイッターやFACEBOOKに掲載されている子供の画像を勝手に自分のツイッターやFACEBOOKに掲載して、我が子と偽る「デジタル誘拐」と言う行為が世界中で横行しています。

デジタル誘拐を行う輩の目的は、一人でも多くの閲覧者から「いいね!」を貰う事です。

我が子の画像が他人のSNS上で知らない間に他人の子供と偽って公開されるのは親としては許される行為では無く、ましてや「いいね!」を稼ぐ為の道具として利用される事は不愉快この上無い事でしょう。

しかし、画像をインターネットに無闇に公開する事で起こり得る被害はデジタル誘拐だけでは無く、以下の様な深刻な犯罪に巻き込まれる可能性もあるのです。

誘拐のターゲットにされる
小児性愛者のターゲットにされる
成人向けエロサイトや風俗店のWebサイトに顔画像が掲載される
児童ポルノサイトに画像が掲載される
画像に添付される位置情報から自宅を特定され、ストーカーや窃盗犯罪に遭う
妬みや嫉妬、差別等の歪んだ感情を持つ輩からの脅迫を受ける

この様な被害に遭遇しない為にも、家族や友人、知人が映る画像を安易にネット上に公開する事は控える事が賢明です。


ケース②・ネットサーチ窃盗

SNSは世界中のどこからでも情報を気軽に発信する事が出来る為、旅行やアウトドアを楽しむ方は、その光景や道程を投稿する事で、同じ趣味を持つ人達と情報を共有し、コミュニケーションを図る事が出来ます。

しかし時として、この行為が重大な犯罪に巻き込まれるきっかけを生む事もあるのです。

それが「ネットサーチ窃盗」と言う犯罪です。

例えばSNS上に「ただいま!家族でオーストラリア大陸を縦断中!」等と言うメッセージを掲載した場合、その家には今は誰も居ない可能性が高いと判断出来ます。

もし、この情報を窃盗犯が見ていたとしたら、不法に家に侵入され、窃盗犯罪に遭ってしまうかもしれません。

でも、これだけでは家がどこかは分からないんじゃないの?」と思われるでしょうが、過去に投稿したSNSのメッセージや画像から自宅を特定したり、一日の行動パターンを把握される事は不可能とは言えません。

ましてや画像の中に位置情報が含まれていたら、ピンポイントで住所は特定されてしまうでしょう。

情報アップの判断

【身内の何気ないSNS投稿が波紋を呼ぶ】

ケース①:娘のYouTube動画投稿で、職を解雇された父親!

2017年10月、開発中のiPhoneXをレビュー(評価)する動画がYouTubeに投稿され、大騒ぎになりました。

事の発端は、ブルック・アメリア・ピーターソンさんと言う女性が実家に帰省した折り、父親が務めるAppleの敷地内にある社員食堂で父親とランチをし、その光景をビデオ撮影していた事でした。

当時、Appleで通信技術者としてiPhoneXの開発に携わっていた父親は、iPhoneXの試作機をタッチ式の決済機に翳して、二人のランチ代の支払いを済ませてテーブルに付きました。

多分、試作機が実際に使えるかを確認する為の実証試験として、開発に携わる技術者は携帯していたのでしょう。

それを目にした彼女は自分だけの記念としてiPhoneXの試作機の操作と撮影をしたいと父親に懇願し、OKしてくれた為に父親の前で試作機を操作しながらレビュー(評価)する光景を撮影しました。

当時、彼女はYouTubeにチャンネルを持っていたのですが、チャンネル登録数や再生数はさほど無く、Appleの写真食堂で撮影した動画を投稿しても誰も見ないだろうと思い、あろう事かその動画を投稿してしまったのです。

他愛の無い動画なら殆ど閲覧される事も無かったのでしょうが、未だ世に出る前のiPhoneXの姿を収めた動画は、当然の事ながら瞬く間にインターネット上を駆け巡り、大騒動に発展してしまいました。

Appleがこの動画に気が付き、彼女に削除要請をした時には時すでに遅く動画のコピーが出回ってしまい、発売前のiPhoneXの情報が漏洩してしまったのです。

結果的にピーターソンさんの父親は、「社員食堂とiPhoneXの試作機の撮影を許可した事」と「機密情報を漏えいした事」により秘密保持契約違反に問われ、Appleを解雇されてしまいました。

その後彼女は、自分の愚かな行為でAppleに多大な迷惑をかけた事と、父親の職を奪ってしまった事を詫び、Appleが父を解雇した事は当然の事であり、Appleに恨みは無く、全ての責任は自分にあり、父に責任は無い旨を語る動画をYouTubeに投稿しました。


ケース②:娘のブログ投稿で、発売前の新製品情報を暴露されてしまった父親!

2011年8月、日本のある女子高生が自身のブログ上にて、父親が商品開発に携わっているグリコの新しいポッキーのパッケージ写真と、CMに起用されるイメージキャラクターが嵐の二宮 和也さんである事を暴露してしまいました。

これは、彼女の父親が娘に自慢したいが為に、開発中のポッキーを自宅に持ち帰り、娘に食べさせたのが事の発端でした。

その後、事の重大性に気付いた娘は、情報は嘘だと火消しに躍起になりましたが時すでに遅く、情報は瞬く間に拡散してしまい、結局、娘は自身のブログ上でお詫びのコメントを発表せざるを得ない事態に追い込まれてしまいました。

これは重大な機密守秘義務違反に問われるのでしょうが、父親の処遇がその後どうなったのかについては不明です。

身内ネット晒し

今後もインターネットを活用した新しいサービスや新しい仕組み、新しいデジタル機器が登場し、私たちの社会や生活は今以上に便利になって行く事でしょう。

しかし、今迄に無い利便性の恩恵を享受するからには、私たちは、「ネット・リテラシー(参照)や高いセキュリティー意識」と言ったスキルを身に付ける責務があります。

今回お話しした事件やアクシデントも、当事者がこれらのスキルを持っていれば、事件の被害に遭わなかったり、被害の程度を低く抑えられたり、また、自らが世間を騒がすトラブルを回避したり、騒動を低く抑えられたかもしれません。

ネット・リテラシーとは?
①インターネットに溢れる情報の真偽を見極め、嘘の情報に騙されたり、嘘の情報を誤って拡散しない識別能力。
②情報を発信する前に、その情報が世間にどの様な影響や波及をもらたすかを考える想像力。


さて次回は、インターネット上に画像を公開する際の注意点とリスク、そしてリスク回避の手段等についてお話しします。

お楽しみに!
ブログランキングに参加しています!
ランクアップに御協力下さる方は、下のアイコンをクリック願います!



Microsoft Officeランキング

訪問型パソコンサービス「誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を以下の3つのサービスで対応致します!

パソコン設定サービスパソコンやインターネットの設定が分からない方に!

ピンポイントレクチャーパソコンやワード、エクセルのここだけを知りたい方に!

訪問パソコンレッスン一からパソコンやワードを身に付けたい方に!

当ブログ管理人である、私が御客様の元へ直接御伺いし、対応させて頂きます!

詳しくは、こちらのWebサイトをご覧ください!
スポンサーサイト
[ 2019/02/01 17:00 ] ネットセキュリティー術 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darenidemo.blog.fc2.com/tb.php/193-919eb954