FC2ブログ



【当ブログ管理人からのお知らせ】


誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を解決する、訪問型パソコンサービス  です。

パソコン教室、カルチャースクールでパソコン講師を務めた経験のある当ブログ管理人が御客様の元へ御伺いし、以下の3つのサービスでパソコンのお困り事にお応えします。

サービスエリアは、東京都(伊豆七島は除く)及び神奈川県です。

 サービス1<パソコン設定サービス>
 パソコンの初期化やインターネットの接続、プリンターの接続など、面倒で手間が掛かる作業を行います。

 サービス2<ピンポイントレクチャー>
 ”こんな事だけ知りたい”と言うピンポイントな御要望についてレクチャー致します。
<一例>
パソコンについてここだけを知りたい
ワード・エクセルは使った事が無いが簡単な文書や集計表を作る方法だけを知りたい
デジカメ写真をDVDに保存する方法を知りたい」

 サービス3<訪問パソコンレッスン>
 パソコンやワード、エクセル、パワーポイント、アクセス等についてマンツーマンでレクチャー致します。

 パソコン教室の様に授業回数や期限は設けず、御納得頂けるまで対応致します。


誰にでもパソコン」の詳細は、こちらのWebサイトを御覧下さい。
当ブログ管理人プロフィールも掲載しております)


御問い合わせ先は以下の通りです!

・御問い合わせ電話:070-4819-3682(荒井 迄)
・御問い合わせメール:darenidemo.gmail.com
・御問い合わせメールフォーム:こちら


【ネットセキュリティー術】:緊急投稿!サポート詐欺に騙されない為に!(前編)

サポート詐欺」と言うインターネット詐欺を御存知でしょうか?

一頃、テレビの情報番組にも取り上げられたものの、その後注目される事も無くなりました。

しかし、サポート詐欺は未だに存在し、全世界で多くの方が被害に遭っています。

つい最近では、教育評論家で、尾木ママの愛称でお馴染みの尾木直樹さんや、お笑い芸人のキンタローさんがサポート詐欺の被害に遭った事は記憶に新しい事です。

そこで今回はお話しする予定の内容を急遽変更し、サポート詐欺の被害に遭わない為の防衛策として、サポート詐欺について色々とお話ししたいと思います。

それでは、続きをどうぞ!
【サポート詐欺とは?】

下の画面は、私が遭遇した実際のサポート詐欺の画面ですが、この様に突然パソコン画面にウイルスに感染した旨のメッセージが表示され、時には、けたたましいアラーム音が鳴り響き、更にサポート部門への電話番号が現れ、電話をかける様に仕向けるのが「サポート詐欺」です。

何の前触れも無く、突然この様な画面や警告音がパソコンに表示されたら、どうすれば良いのか?と慌ててしまいますね。

しかし、慌てて冷静な判断が出来なくなる事こそがサポート詐欺集団の思う壺なのです。

突然の警告画面と警告音により気持ちを動揺させる事で冷静な判断を失わせ、偽のサポート部門へ電話をさせ、ウイルス除去のサポート作業と称して金銭やクレジット番号、住所や氏名などの個人情報を騙し取る事がサポート詐欺集団の目的なのです。


実際に遭遇したサポート詐欺画面(その1)

サポート詐欺の実際の画面

偽サポートへの電話番号は、敢えてぼかしを入れてあります。



実際に遭遇したサポート詐欺画面(その2)

サポート詐欺の実際の画面2

【実録!これが実際のサポート詐欺だ!】

先程は、私のパソコンに表示されたサポート詐欺の画面を御覧頂きましたが、次は警告音や音声メッセージが発せられるタイプのサポート詐欺がどの様なものかを御覧にいれましょう。

下のリンクをクリックすると、私のパソコンに表示された「警告音や音声メッセージを発するサポート詐欺画面」を録画し、YouTubeに投稿したものが御覧になれます。
※警告音や音声が鳴りますので、音量に御注意下さい。

日本人女の声による、マイクロソフトを騙るサポート詐欺

日本人女の声による、マイクロソフトを騙るサポート詐欺(その2)

日本人男の声による、マイクロソフトを騙るサポート詐欺

外国人女の片言な日本語によるサポート詐欺

けたたましいアラーム音によるサポート詐欺
※アラーム音がうるさいので御注意下さい
【サポート詐欺の被害とは?】

それでは、サポート詐欺の画面がパソコンに表示された場合、どの様な流れで詐欺の被害に誘導されてしまうのかを見てみましょう。

下のイラストの様に、偽のサポートセンターに電話(国内番号)をかけてしまうと、フィリピンやインドなど、海外の偽サポートセンターに転送され、遠隔操作プログラムをパソコンに仕込まれた挙句、パソコンを勝手に操作されてしまいます。
フリーダイヤルと称しながら、0120で無く03で始まる電話番号が既に詐欺である事を露呈しています。

そして、ウイルスに感染していると言う嘘の結果を告げられ、ウイルス除去の為の有料のサポートを勧められ、クレジット番号や氏名、住所などを聞き出され、サポート代金と称して金銭を騙し取られてしまいます。

当然の事ですが、初めからウイルス検査などはして無いので、ウイルス除去は行いません。

酷い場合は、遠隔ソフトと称して本物のウイルスプログラムをパソコンに仕込まれ、データの窃盗や破壊、更には他のコンピュータを攻撃する為の中継とされるリスクも有り得ます。

更に、住所や氏名などの個人情報やクレジット番号を悪用されるリスクを負う場合もあります。


サポート詐欺の流れ

【その他のサポート詐欺】

サポート詐欺には、サポート代金を騙し取るタイプの他に、ウイルス除去やパソコンの修復を行うサポート・ソフトを売り付けるタイプも存在します。

これは、パソコン画面に突然以下の様な画面が現れ、サポート・ソフトを購入する様に促すタイプのサポート詐欺です。


実際に遭遇した、サポートソフト売り付けタイプのサポート詐欺画面

サポート詐欺4

サポート・ソフトを売りつけるタイプのサポート詐欺の場合、以下の様な流れで被害を被る様に誘導されます。

先ずはブラウザ上に、ウイルス感染やパソコンのシステムが破壊されている旨の警告メッセージが記されたWebページが表示され、ウイルス感染やパソコンのシステムの破壊の有無を無料のチェックソフトで確認する様に仕向けられます。

そして、無料のチェックソフトをパソコンにインストールし、実行するとウイルスに感染しているとか、パソコンのシステムが破壊されている等の偽の診断結果とサポート・ソフトの購入ページが表示されます。

そのページに氏名や住所、クレジット番号を入力して購入手続きが完了すると、サポート・ソフトのダウンロードボタンが表示され、パソコンにサポート・ソフトをダウンロードする事でソフトの購入が完了します。

しかし、ダウンロードしたサポート・ソフトにはウイルス除去やパソコンの修復機能などが全く無い偽ソフトである為、パソコンにインストールしても何の役にも立たず、パソコンの動作を不安定にするリスクも有り得ます。

結果的に、偽のサポート・ソフトの代金を騙し取られる被害を被る事になります。

更に、氏名、住所などの個人情報やクレジット番号を悪用されたり、偽のサポート・ソフト自体がウイルスプログラムで、パソコン内部のデータを盗まれたり、破壊されるなどの被害を被るリスクもあります。

偽ソフト販売型・サポート詐欺の流れ

有名企業のロゴに注意!
上の画像の様に、偽のサポート・ソフトの販売サイトのページには、マイクロソフトやノートンなどの有名企業のロゴが表示され、如何にもそれらの企業が提携しているかの様に錯覚させる様に偽装しています。

有名企業のロゴをWebページに掲載するのは、詐欺サイトの常套手段ですので、惑わされない様に注意が必要です。

【サポート詐欺の見極め方】

パソコン画面からウイルス感染のメッセージが表示されたり、音声メッセージや警告音が流れれば、どうすれば良いのか?と慌ててしまいますね。

では、もしパソコン画面にウイルス感染の警告メッセージや警告音が出た場合、それがサポート詐欺か否かを判断するにはどうすれば良いのでしょうか?

それには幾つかのポイントがあります。

-ポイント1-:警告メッセージや警告音の出所は何処か?-


一口にパソコンからウイルス感染のメッセージが表示されたり、警告音が聞こえるとは言え、それらが発せされている大元の出所は一つではありません。

警告メッセージや警告音に慌てず、出所は何処かを冷静に見極めましょう。


①Webブラウザーから出ている場合

サポート詐欺の場合、ウイルス感染のメッセージや音声メッセージ、警告音の出所は「Webブラウザー」です。

つまり、何らかのWebサイトを閲覧している時に、突然、ウイルス感染を警告するWebページに切り替わり、ウイルス感染のメッセージが表示され、音声メッセージや警告音が流れると言うのが、サポート詐欺の正体です。

その為、Webブラウザに警告メッセージが表示されている場合は、100%サポート詐欺と断定出来る為、慌てずにそのままブラウザを閉じてしまえば良いのです。


②個別のウインドウから出ている場合

Webブラウザでは無く、個別のウインドウから出ている場合は、そのウインドウの出所を見極めましょう。

具体的には、パソコンに入れてあるセキュリティーソフトが表示するウインドウであるか否かを見極めます。

その為には、お使いのセキュリティーソフトのマニュアルに記載されているウインドウと比較し、ウインドウの形やサイズ、デザイン、ウインドウ内に表示される内容などが同じであるか否かを確認します。

同じであれば、セキュリティーソフトによる本当の警告であると判断が出来ます。

違うウインドウの場合、ブラウザと連動する「ポップアップ・ウインドウ」と言う小さなウインドウによりサポート詐欺画面を表示しているに過ぎないので、そのままウインドウを閉じてしまえば良いのです。


-ポイント2-:うるさい警告音が鳴ったり、サポートの電話番号が表示されているか?

本来、ウイルス感染の警告メッセージを表示するのは、パソコンに入っているセキュリティーソフトだけです。

そして、どのメーカーのセキュリティーソフトでも、ウイルス感染を見つけた場合、パソコンに出力されるのは以下の内容です。

感染しているウイルスの名前
ウイルスに感染しているファイル名
セキュリティー的に問題のある箇所の数
ウイルス感染したファイルを隔離するか、削除するかの選択


更に、メーカーのセキュリティーソフトでは、万一ウイルスが検知された場合、以下の様な内容を表示したり、音声を流す事は絶対に有り得ませんので、これらの内容が表示されたり、聞こえたりした場合はサポート詐欺である為、慌てずにそのままウインドウを閉じてしまえば良いのです。

うるさく鳴り続ける警告音
ウイルス感染の音声メッセージ
サポートへ電話する様に勧める音声メッセージ
ウインドウを閉じると大変な事になると脅す音声メッセージ
サポート部門の電話番号
ソフトのダウンロードボタン


-ポイント3-:セキュリティソフトのマニュアルを確認する

ポイント1でお話ししました様に、パソコンに表示される警告メッセージが個別のウインドウに表示された場合、それが偽物か本物かを見極める為には、今お使いのセキュリティーソフトが出すウインドウと同じか否かを見極める必要があります。

その為には、日頃からセキュリティソフトがウイルスを検知した場合に表示するウインドウやメッセージがどの様なものなのかを把握して置く必要があります。

そこで、お使いのセキュリティーソフトのマニュアルを御覧になり、ウインドウやメッセージを確認して置きましょう。


-ポイント4-:ウイルス診断を実行したのか?

パソコン画面にウイルス感染の結果が表示されると言う事は、パソコンに入っているセキュリティーソフトが直前までウイルス診断を実行していた事になります。

メーカーを問わず、セキュリティーソフトでウイルス診断を実行するタイミングは、以下の2つがあります。

ユーザー自身が任意の時間にウイルス診断を実行した時。
セキュリティーソフトに予め登録して置いた時間になった時。

上記の2つの何れかでも無いタイミングでパソコン画面にウイルス感染のメッセージが現れた場合、そのメッセージは偽のメッセージとなります。

また、ウイルス感染のメッセージが現れる直前までセキュリティーソフトによりウイルス診断を実行していた場合でも、ポイント1の②でお話ししました様に、お使いのセキュリティーソフトが出力するウインドウやメッセージと同じか否かを見極めましょう。


-ポイント5-:パソコンにセキュリティーソフトは入っているのか?

パソコンにセキュリティーソフトが入って無い場合、そもそもパソコンの画面にウイルス感染の警告メッセージが表示される事はありません。

つまり、万一、パソコンにセキュリティーソフトが入って無い状態で、パソコン画面にウイルス警告のメッセージが表示されたら、それは間違いなくサポート詐欺と断定出来る訳です。

しかし、当たり前の事ですが、パソコンにセキュリティーソフトを入れない状態でインターネットにアクセスする事はパソコンにウイルスを取り込ませてしまう自殺行為ですので、「セキュリティーソフトは必ず入れて置く事が必須」なのは言うまでもありません。


PCに出る画面を疑う

今回は、サポート詐欺について色々とお話し致しました。

次回は、ブラウザからウイルス感染のメッセージが表示された場合、サポート詐欺であると断定出来る理由についてお話しします。

お楽しみに!
ブログランキングに参加しています!
ランクアップに御協力下さる方は、下のアイコンをクリック願います!



Microsoft Officeランキング

訪問型パソコンサービス「誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を以下の3つのサービスで対応致します!

パソコン設定サービスパソコンやインターネットの設定が分からない方に!

ピンポイントレクチャーパソコンやワード、エクセルのここだけを知りたい方に!

訪問パソコンレッスン一からパソコンやワードを身に付けたい方に!

当ブログ管理人である、私が御客様の元へ直接御伺いし、対応させて頂きます!

詳しくは、こちらのWebサイトをご覧ください!
スポンサーサイト



[ 2018/12/24 17:52 ] ネットセキュリティー術 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darenidemo.blog.fc2.com/tb.php/195-aec9fa8c