FC2ブログ



【当ブログ管理人からのお知らせ】


誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を解決する、訪問型パソコンサービス  です。

パソコン教室、カルチャースクールでパソコン講師を務めた経験のある当ブログ管理人が御客様の元へ御伺いし、以下の3つのサービスでパソコンのお困り事にお応えします。

サービスエリアは、東京都(伊豆七島は除く)及び神奈川県です。

 サービス1<パソコン設定サービス>
 パソコンの初期化やインターネットの接続、プリンターの接続など、面倒で手間が掛かる作業を行います。

 サービス2<ピンポイントレクチャー>
 ”こんな事だけ知りたい”と言うピンポイントな御要望についてレクチャー致します。
<一例>
パソコンについてここだけを知りたい
ワード・エクセルは使った事が無いが簡単な文書や集計表を作る方法だけを知りたい
デジカメ写真をDVDに保存する方法を知りたい」

 サービス3<訪問パソコンレッスン>
 パソコンやワード、エクセル、パワーポイント、アクセス等についてマンツーマンでレクチャー致します。

 パソコン教室の様に授業回数や期限は設けず、御納得頂けるまで対応致します。


誰にでもパソコン」の詳細は、こちらのWebサイトを御覧下さい。
当ブログ管理人プロフィールも掲載しております)


御問い合わせ先は以下の通りです!

・御問い合わせ電話:070-4819-3682(荒井 迄)
・御問い合わせメール:darenidemo.gmail.com
・御問い合わせメールフォーム:こちら


【ネットセキュリティー術】:緊急投稿!サポート詐欺に騙されない為に!(後編)

前回は、サポート詐欺とは何か?やサポート詐欺に誘導する手口、被る被害についてお話ししました。

更に、サポート詐欺を見抜く為のポイントについてもお話ししました。

そのポイントの一つとして「ブラウザで表示されるウイルス警告メッセージは100%サポート詐欺である」とお話ししました。

では何故、ブラウザで表示されるウイルス警告メッセージは、サポート詐欺と断定出来るのでしょうか?

今回は、この事についてお話ししてみたいと思います。

それでは、続きをどうぞ!
【ブラウザで表示されるウイルス感染警告がサポート詐欺と断定出来る理由】

Webサイトを閲覧している途中、突如としてパソコンの画面にウイルス感染の警告メッセージが表示されたり、うるさい警告音や警告音声が聞こえたら、本当にウイルスに感染したのか?と慌ててしまいますね。

しかし、冷静になってパソコンの画面を良く見てみましょう。

ウイルス感染のメッセージが表示されているのはブラウザからではありませんか?

もし、ブラウザからウイルス感染のメッセージが表示されているとしたら、前回お話ししました様に、それはサポート詐欺なのです。

では何故、ブラウザに表示されるウイルス感染メッセージは、サポート詐欺であると断定出来るのでしょうか?

そこで、サポート詐欺である理由を幾つか挙げてみましょう。

<理由①>
ウイルス感染を調べる事が出来るのは、セキュリティーソフトだけです


パソコンやタブレット、スマートフォン等のデジタル端末にウイルスが侵入した場合、それを検知して知らせる事が出来るのは、デジタル端末にインストールしているセキュリティーソフトだけです。

そして、どのメーカーのセキュリティーソフトでも、ウイルスの検知結果は個別のウインドウに表示し、決してブラウザには表示しません。

また、市販のセキュリティーソフトの検知結果の内容は以下の様な情報で、うるさい警告音や音声メッセージを発する事はありません。

感染しているウイルスの名前
ウイルスに感染しているファイル名
セキュリティー的に問題のある箇所の数
ウイルスを隔離するか、ウイルス感染したファイルを削除するかの選択

更に、ウイルスの駆除はセキュリティーソフトで行うので、サポート部門の電話番号は表示されません。
セキュリティーソフトのパッケージや説明書にはサポート部門の電話番号が記されていますが、この場合のサポート部門は、セキュリティーソフトの使い方や操作方法に対する質問に答える為のサポート部門です。

また、パソコン本体やOSにウイルス感染を調べたり、通知する機能はありません。

サポート詐欺に遭遇した時にサポート電話に連絡してしまうのは、ウイルス感染の警告メッセージや警告音はパソコン自身が出しているんだろうと思い込んでしまうのが原因では無いでしょうか?

しかし、冷静になって考えてみましょう。

もしパソコンやOSにウイルス感染を調べたり、通知する機能があるとしたら、セキュリティーソフトを購入する必要は無いとは思いませんか?


<理由②>
ブラウザでウイルス感染を通知する事は、不可能です


サポート詐欺は、如何にもWebサイトがパソコンのウイルスを調べ、感染状況を通知するかの如く装っていますが、仮にこの様な仕組みを本当に行おうとしても、技術的にもビジネス的にも実現は不可能なのです。

ここでは、その理由をお話しします。

-技術的に不可能な理由-

もし、ブラウザ上でウイルス感染のメッセージを表示したり、警告音や警告音声を発する仕組みを実現するならば、以下の4つの処理が必要になります。

パソコンにウイルスチェックプログラムをインストールして置きます。
ウイルスチェックプログラムがパソコン内部のウイルス感染を調べ、データを収集して置きます。
収集したデータをWebサイトに渡して置きます。
受け取ったデータに基づき、Webサイトはウイルス感染メッセージをブラウザへ渡します。

しかし、ウイルスチェックプログラムをパソコンにインストールするには、パソコンユーザーの手でウイルスチェックプログラムをダウンロードし、インストールを行なう必要があります。

しかしサポート詐欺に遭遇した方は、ウイルスチェックプログラムのダウンロードやインストールを行った覚えは無いと思います。

つまり、パソコンユーザーがウイルスチェックプログラムをパソコンにインストールしない限り、Webサイトによるウイルス感染のチェックと通知を行う事は不可能なのです。

もし、パソコンユーザーの知らない間にパソコンにウイルスチェックプログラムが入っていたとしたら、ウイルスチェックプログラム自身がウイルスプログラムであり、セキュリティーソフトによりブロックされるでしょう。


-ビジネス的に不可能な理由-

市販のセキュリティーソフトには1年又は3年の使用期限がありますが、何故、使用期限があるのでしょうか?

それは日々新たに発生する新種や亜種のウイルスに対抗する為に以下の様な作業を行う必要があり、これらの作業には多くの人員と長い時間を要し、作業に必要なコストをウイルスセキュリティーソフトの売上金で賄う為なのです。

ウイルスを解析します。
ウイルス解析結果に基づいてパターンファイルと言うデータを作ります。
パターンファイルをインターネット経由でセキュリティーソフトのユーザーに配布します。

パターンファイルとは「ウイルスの手配書」の様な役割を持つデータの事で、パソコンやスマートフォン、タブレットにファイルやアプリを取り込む際にパターンファイルと比較し、ウイルスか否かを判断するのです。

セキュリティーソフトやパターンファイルは、日々凶悪化するウイルスに対抗する為、常に進化していかなければならず、その為には多くの人員による絶え間ない研究と開発が不可欠で、長い時間と莫大なコストを必要とします。

もし、ブラウザでウイルス感染を知らせるサービスを行う場合、ウイルス感染を知らされた人の果たして何割がウイルス除去のサポートを受けるかは分かりませんね。

そんな不透明な状況で、多くの人員とコストと時間をかけてウイルスチェックプログラムを開発したり、電話サポート部門を開設し、サポート要員を確保するでしょうか?

もし殆どの人がサポートを受けなければ、ウイルスチェックプログラムに要したコストはおろか、サポート部門の人員の給料すら支払えず、大赤字になるのは火を見るよりも明らかで、ビジネス的に成立しないですね。

また、サポート詐欺では1回のウイルス駆除で解決しようとしますが、先程もお話ししました様に新種や亜種のウイルスが次々と発生する中、セキュリティーソフト会社はユーザーに対して随時、パラメーターファイルをインターネット経由で提供しています。

この様に継続的な対応が必要なウイルス対策を1回のウイルス除去で済まそうとする事は有り得ない訳です。

つまり、Webサイトによるウイルス感染を調べて通知する事は、ビジネス的に見ても実現は不可なのです。


<理由③>
そもそもが、効率の悪い通知方法です。


ブラウザでウイルス感染を通知すると言う仕組みが技術的にもビジネス的にも実現は不可能とお話ししましたが、それ以前に、そもそもこの仕組み自体は、無駄な事をしている効率の悪い方法なのです。

何故ならば、パソコン内部にあるウイルスチェックプログラムが調べたウイルス感染結果は、そのままパソコンに通知すれば良いものを、わざわざWebサイトに感染結果を渡し、Webサイトがブラウザにウイルス感染メッセージを渡し、パソコン上に表示すると言うのは、実に回りくどく、効率の悪い仕組みなのです。

この点から見ても、ブラウザでウイルス感染を通知すると言う事は有り得ないと言えるでしょう。


<理由④>
瞬時にウイルス感染の状態を知る事は出来ません


市販のセキュリティーソフトですら、パソコン内部に潜んでいるウイルスを調査し終えるまでには、1時間以上の長い時間が必要となります。

にも関わらず、一瞬でブラウザ上にウイルス感染のメッセージが表示されたり、音声や警告音が鳴るというのは、有り得ないおかしな事なのです。

つまり、Webサイトがブラウザに一瞬で「あなたのパソコンはウイルスに感染しています」とメッセージを表示したり、警告音や音声で知らせると言うのは、初めからウイルス検査などして無く、単にその様なメッセージを記したWebページに切り替えているだけなのです。


<理由⑤>
インターネットの脅威はウイルスだけはありません


インターネット上の脅威と言えば何でしょうか?

殆どの方はウイルスを思い浮かべるでしょう。

今から20年以上も前であれば、それは正解です。

しかし、インターネットを中心としたパソコンやスマートフォン、タブレット、デジタル家電がライフライン同様の存在となっている現在のデジタル社会では、ウイルスだけがインターネット脅威では無く、以下の様に様々なインターネット脅威があり、インターネット犯罪集団が、これらの脅威を駆使して、インターネットを利用する私たちの金銭や個人情報を騙し取ろうと虎視眈々と狙っているのです。

ワーム
ランサムウェア
バックドア
キーロガー
不正アクセス
スパイウェア
ボットネット
アカウント乗っ取り
なりすまし
フィッシング詐欺
ワンクリック詐欺
サポート詐欺

この状況に対処する為に、市販のセキュリティーソフトは「統合型セキュリティーソフト」と呼ばれていて、ウイルスだけで無く、上記のインターネット脅威にも対応出来る機能を持っているのです。

もしもブラウザでウイルス感染を知らせ、ウイルス除去の有料サポートを行うサービスが実際にあると仮定した場合、ウイルス以外の脅威には何の対策も施されない無防備且つ不十分極まりない中途半端なサービスであると言わざるを得ず、有料でその様なサービスを行うと言うのは、無責任極まりない、あくどいサービスであると言わざるを得ません。

暴かれたサポート詐欺

【嘘から出た誠~本当にウイルス感染しているかも!?~】

サポート詐欺の見極め方は分かったから、これで安心!」と一安心するのは未だ早いですよ!

その前にお使いのデジタル端末には有効期限が切れてないセキュリティーソフトが入っていて、しっかりとしたセキュリティー対策が施されているでしょうか?

もし、パソコンやタブレット、スマートフォンにセキュリティーソフトを入れずにインターネットを利用すると、ウイルスに感染するリスクは格段に高くなり、「嘘から出た誠」の諺通り、サポート詐欺の警告メッセージが現実になってしまいます。

今直ぐに次の事を確認しましょう。

セキュリティーソフトは入っていますか?
 もし入って居なければ直ぐにでもインストールしましょう。


セキュリティーソフトの使用期限は切れていませんか?
 切れていたらセキュリティーソフトを買い直しましょう。


定期的にセキュリティーソフトでウイルス感染のチェックはしていますか?


ウイルスにしか対応しない無料ソフトは使っていませんか?
 ウイルス以外の脅威にも対応する統合型セキュリティーソフトを使いましょう。



セキュリティソフト何て入れなくても自分は大丈夫」とか「盗まれて困るデータは入って無いから大丈夫」と、たかをくくってセキュリティーソフトを入れず、楽観的な甘い考えを抱いているのであれば、パソコンやタブレット、スマートフォンを使う資格はありません。

何故ならば、ウイルスやその他のインターネット脅威によりパソコンやタブレット、スマートフォン等へ不正に侵入された場合、他のパソコンやタブレット、スマートフォン、コンピュータシステムに攻撃を仕掛ける為の土台にさせられ、間接的な加害者となってしまうのです。

そして殆どの場合、大元の攻撃者が誰かを突き止める事は難しく、被害の程度によっては損害賠償を被る事も有り得るのです。

決して「インターネット犯罪は自分には関係ない事」などと甘く見ず、必ず上記の4つの事をチェックし、実行しましょう。

セキュリティーソフトの導入が低い、スマートフォンとタブレット
爆発的に普及しているスマートフォンとタブレットですが、残念ながら、セキュリティーソフトの導入率は、パソコンに比べて際立って低いと言うのが実態です。

特にAndroid陣営のスマートフォンやタブレットは、GooglePlay以外でもアプリを手に入れる事が出来、Android OS自体が仕様を公開されている事もあり、iPhoneやiPadに比べて格段にインターネット脅威に晒されるリスクが高いのです。

また、スマートフォンやタブレットの爆発的な普及に合わせて、これらのデジタル端末をターゲットにしたインターネット脅威が数多く存在します。

その為、パソコンはもとより、スマートフォンやタブレットにもセキュリティーソフトをインストールしましょう。


嘘から出た誠

【まとめ】

以上のお話しをまとめてみると、以下の表の通りとなります。

この表の通り、セキュリティーソフトとサポート詐欺は、まったく別物である事が明白であり、サポート詐欺はウイルスはおろか、一切のインターネット脅威にすら対応しない、詐欺集団が運営するインチキサービスである事が明白です。

この様なインチキサービスの被害に遭わない為には、以下のポイントを忘れず、何れか1つでも目に止まれば、一切の警告メッセージや警告音、音声を無視し、ブラウザを閉じてしまいましょう。

ポイント1:ウイルス感染の警告がブラウザで表示されたら、サポート詐欺です。
ポイント2:うるさい警告音や警告音声が聞こえたら、サポート詐欺です。
ポイント3:サポート部門の電話番号がブラウザに表示されたら、サポート詐欺です。
ポイント4:セキュリティーソフトは必ず入れ、使用期限切れに注意し、定敵的なウイルスチェック行いましょう。

セキュリティーソフトとサポート詐欺の違い

今回お話ししました内容をご理解頂ければ、ブラウザ上にウイルス感染のメッセージが表示されたり、警告音が鳴った場合は、詐欺集団が仕掛けるサポート詐欺であると納得頂けると思います。

しかしそれでも、いざ突然にブラウザ上にメッセージが表示されたり、警告音が鳴ると慌ててしまうかもしれません。

そんな、もしもの場合にも慌てない様にするには、「ブラウザに感染メッセージが表示されたり、うるさい警告音が鳴った場合はサポート詐欺だ!」と、日頃から心の中で唱えたり、パソコンやタブレットに付箋紙を張り付けて置くと良いでしょう。

また、前回のお話しで私がYouTubeに公開しました、音声や警告音を発するサポート詐欺の動画を御覧になって、警告音や警告音声、警告メッセージに慣れて置くのも良いでしょう。
ブログランキングに参加しています!
ランクアップに御協力下さる方は、下のアイコンをクリック願います!



Microsoft Officeランキング

訪問型パソコンサービス「誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を以下の3つのサービスで対応致します!

パソコン設定サービスパソコンやインターネットの設定が分からない方に!

ピンポイントレクチャーパソコンやワード、エクセルのここだけを知りたい方に!

訪問パソコンレッスン一からパソコンやワードを身に付けたい方に!

当ブログ管理人である、私が御客様の元へ直接御伺いし、対応させて頂きます!

詳しくは、こちらのWebサイトをご覧ください!
スポンサーサイト
[ 2019/01/10 12:45 ] ネットセキュリティー術 | TB(0) | CM(1)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2019/01/15 17:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darenidemo.blog.fc2.com/tb.php/197-e25b86a8