FC2ブログ



【当ブログ管理人からのお知らせ】


誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を解決する、訪問型パソコンサービス  です。

パソコン教室、カルチャースクールでパソコン講師を務めた経験のある当ブログ管理人が御客様の元へ御伺いし、以下の3つのサービスでパソコンのお困り事にお応えします。

サービスエリアは、東京都(伊豆七島は除く)及び神奈川県です。

 サービス1<パソコン設定サービス>
 パソコンの初期化やインターネットの接続、プリンターの接続など、面倒で手間が掛かる作業を行います。

 サービス2<ピンポイントレクチャー>
 ”こんな事だけ知りたい”と言うピンポイントな御要望についてレクチャー致します。
<一例>
パソコンについてここだけを知りたい
ワード・エクセルは使った事が無いが簡単な文書や集計表を作る方法だけを知りたい
デジカメ写真をDVDに保存する方法を知りたい」

 サービス3<訪問パソコンレッスン>
 パソコンやワード、エクセル、パワーポイント、アクセス等についてマンツーマンでレクチャー致します。

 パソコン教室の様に授業回数や期限は設けず、御納得頂けるまで対応致します。


誰にでもパソコン」の詳細は、こちらのWebサイトを御覧下さい。
当ブログ管理人プロフィールも掲載しております)


御問い合わせ先は以下の通りです!

・御問い合わせ電話:070-4819-3682(荒井 迄)
・御問い合わせメール:darenidemo.gmail.com
・御問い合わせメールフォーム:こちら


【ネットセキュリティー術】:その画像、本当に公開して大丈夫ですか?~画像に潜む色々なリスク~

インスタ映え

ネットで誕生したこの造語は、今では意味を説明する必要が無い程に世の中に浸透し、テレビや雑誌、SNS上では、この単語が頻繁に使われています。

現在、ソーシャルなメディアは、ブログやツイッターの様に文字が主体ですが、画像の方がメッセージを伝え易く、インパクトを与える力があり、更にスマートフォンの内蔵カメラの解像度の向上や、様々な機能を持った写真アプリの登場も相まって、インスタグラムを初めとする、画像による情報発信と言う新たなネット文化を生む切っ掛けになったのではないでしょうか?

しかし、ネット上に公開した画像は誰にでも見て貰えると言うメリットが逆に仇となり、悪意を持つ者に画像のコピーや加工、再利用、撮影場所の特定などをされる事で思わぬトラブルに巻き込まれるリスクもあります。

そこで今回は、ネット上に画像を公開する上で無用なトラブルを回避する為に、画像公開のリスクや注意事項についてお話ししたいと思います。

それでは続きをどうぞ!
【ネット黎明期とは比較にならない情報拡散の速さ】

2001年、ソフトバンクが定額で格安の常時接続型プロバイダーサービス「YahooBB」を開始しました。

この事は日本のインターネット史に大きな足跡を刻み、この年が「ブロードバンド元年」と呼ばれる程に今日のネット社会の夜明けを迎える画期的な年となったのです。

さてこの当時、ネット上のメディアと言えばWebサイトやBBS(掲示板)、チャットで、ブログやSNSは未だ存在せず、情報端末と言えば携帯電話かパソコンだけだった為、個人が世界中に向けて情報発信するなど夢のまた夢でした。

唯一の個人による情報発信手段であるWebサイトで情報を発信しても閲覧に訪れる人も極少数の常連さん程度で、そこで得た情報を拡散する手段はBBSしか無く、また、そもそもパソコンユーザーが今とは比較にならない程に少なかった為に、公開した情報が大規模に拡散する事はありませんでした。

しかし、パソコンやスマートフォン、タブレットが広い世代に普及し、ブログやツイッター、SNS等のソーシャルメディアが存在する現在は、個人による情報発信が手軽に出来る為、ネット上に公開した情報は、コピーやリツイート、転載によって瞬く間に拡散し、公開した情報の完全な削除や回収は不可能です。

公開した本人にとっては不本意ながらも、半永久的にネット上を彷徨う情報は「デジタルタトゥー(デジタルの入れ墨)」と呼ばれ、情報を公開した本人や、情報に記されている当事者は一生苦しむ事になるのです。

特に画像は、文字情報よりも目に見える形でネット上に残り、その上、勝手に加工されたり、再利用されるリスクもある為、ネット上に画像を公開する際は、「あっという間に拡散し、削除や回収は不可能」と言う事を念頭に置き、本当に公開しても良い画像なのか?、誰に見られても問題の無い画像なのか?を見極める必要があります。


2001年以前のインターネット事情
YahooBBが登場する以前、インターネットを利用するには、インターネットに接続する時間に応じた電話料(通話料)がかかった為、必要な事を済ませたらインターネットの接続を終了するのが当時のインターネットの
利用の仕方でした。

また、ネットの速度も今の100Mbpsの光回線に比べて1/2000と言う超低速でした。

更に自宅の電話回線が1本しか敷いてない場合、電話通話とインターネット利用は同時には出来ませんでした。


情報拡散

【ネット上に公開した画像に潜むリスク】

画像は言葉よりもダイレクトにメッセージを伝え、強いインパクトを与える力があります。

インスタグラムは、画像が持つこの力を活かしたソーシャルメディアで、若い女性を中心に爆発的に普及しています。

しかし、画像はコピーや加工が自由に出来、素材として再利用出来たり、画像に含まれる位置情報や映り込んでいる景色から撮影場所を特定する事が出来る為、以下の様な思わぬトラブルや犯罪に巻き込まれるリスクもあるのです。

画像の風景や画像に含まれる位置情報から場所を特定され、ストーカーや窃盗被害を被るリスク。

子供や少女が映る画像が、小児性愛・愛好者のサイト上に掲載されたり、誘拐や性的被害を被るリスク。

女性が映る画像が、成りすましに利用されたり、卑猥な合成画像に加工されるリスク。

我が子を撮影した画像が、見ず知らずの他人のSNS上に我が子と称して掲載されるリスク。(デジタル誘拐)

ネット上に画像を公開する際は、以上の様なリスクがある事を考慮し、公開して良い画像か否かを判断する事が大切です。

それでは、これらのリスクに対してどの様な対処をすればいいのでしょうか?

次は、この点についてお話しします。

ネットに公開した画像のリスク

【ネット上に公開する画像のリスク別・対処方法】

①画像に含まれる位置情報から住所を特定される

デジカメやスマートフォン、タブレットで何気なく撮影した写真には「Exif(イグジフ)」と言う情報が添付されています。

Exif情報には、カメラの型番やメーカー名、撮影時の焦点距離、絞り値、シャッタースピード等だけで無く、撮影場所の緯度/経度、方角、撮影時間、撮影日付などの情報までもが記録されます。

本来Exif情報は、旅行やドライブで移動した道程の軌跡を地図ソフト上に表示したり、最適なシャッタースピードや絞り値の設定を探る為の参考情報としたり、写真の補正時の参考情報とする為に使われるものです。

しかし、ネットに公開した画像に含まれるExif情報が第三者によって読み出され、撮影場所が特定されてしまえば、窃盗やストーカーなどの犯罪に巻き込まれるリスクがあるのです。

Exif情報は特別なソフトが無くても、下の画像の様にパソコン上で簡単に確認する事が出来ます。

そして、Exif情報に含まれる緯度/経度情報をGooglaMapに入力して場所を検索すれば地図上に撮影ポイントが表示され、ストリートビューに切り替えれば撮影場所周辺の景色も分かってしまいます。

更にスマートフォンやタブレットに至っては、Googleフォトと言う写真アプリが入っていれば、画像をタップするだけで撮影場所を記した地図が表示されます。

Exif情報(緯度・経度)2
緯度/経度の項目には、ぼかしを入れてあります。


この様なリスクを避ける為に、デジカメやスマートフォン、タブレットにはアプリ毎に位置情報のON/OFFを設定出来る項目がありますので、ネット上に公開する画像を撮影する際は、カメラアプリの位置情報をOFFにして置きましょう。

これによりExif情報から緯度/経度の情報を含まれない様に出来ます。

また、以下の様なソフトを使って画像からExif情報をそのものを削除する方法もあります。

これにより、カメラアプリの位置情報をOFFにする必要がなくなります。


-パソコン用Exif情報削除ソフト-

ExifEraser(イグジフ・イレーサー)

Webサイト「With Nothing Better to do 」さんが公開されている、無料のExif情報削除ソフトです。

Exif情報の削除は、デスクトップ上のExifEraserのアイコンに画像をドラッグするだけの簡単操作です。

また、Exif情報の削除後、自動的に別ファイルとして保存する事も出来、オリジナル画像のExif情報を削除せずに済みます。


-スマートフォン、タブレット用Exif情報削除アプリ-

スマートフォンやタブレット用ぼかしソフトは、App StoreやGoogle Playから、「Exif削除」で検索する事で、有料・無料含めて多くのアプリが見つかります。

代表的な無料アプリとしては以下の通りです。

AppleアプリPhotoSecure
AndroidアプリExif消しゴム

次回以降のお話しで、Exif EraserとPhoto Secureの使い方を御紹介します。


②写真に写っている景色から場所を特定される

スマートフォンやタブレットの位置情報をOFFにしたり、画像からExif情報を削除しても未だ安心する事は出来ません。

何故かと言いますと、画像に映り込んでいる景色やオブジェ、ランドマークなどから、撮影場所が特定出来るからです。

場所を特定する手掛かりとなってしまう景色やオブジェ、建築物には以下の様なものがあります。

窓の外の風景や特徴的な建物やランドマーク的なビル
屋外のガラスに反射する周囲の景色
室内の鏡に反射する外の景色
カーブミラーに反射する周囲の景色
マンホールのデザイン
看板やポスター
病院や学校、スーパーマーケットの名前
電柱の地番表示

上記の様なケース以外にも、自撮りしたアップの顔の瞳に映り込んでいる周囲の景色から場所を特定されたケースもあります。

また、画像を投稿すると、その画像に見覚えがある人や土地勘のある人が撮影場所を教えてくれるWebサイトまで存在します。

更にQ&Aサイトで質問をすれば、場所を教えてくれるでしょう。
2012年に発生した、神奈川県・逗子のストーカー殺人事件では、犯人は某Q&Aサイトで人探しを装って被害者の住所を知りました。

以上の様な事から、ネット上に画像を公開する前に、撮影した画像に撮影場所が特定される要因は写ってないかを念入りに確認しましょう。

絵葉書探偵



③自分や家族の顔写真が無断で利用される

ここでは、画像の無断利用のリスクに対処する方法についてお話しします。

先程、公開した画像によるリスクとして3番目に挙げました「若い女性の顔画像が、エロサイトや援助交際掲示板で使われる」と言う事例で一番狙われる画像は、ブログやSNS等のプロフィール欄に掲載する顔写真(通称、プロフ画像)です。

プロフ画像を無断利用された実際の事例として、以下の様な事例があります。

被害者のプロフ画像に他人の裸体を合成し、あたかも本人の裸体画像かの様に思わせる合成画像がネット上に晒された。
被害者のプロフ画像が貼り付いたSNSが勝手に開設され、本人になりすまして卑猥なメッセージが発信された。

この様に女性の場合、プロ画像には出来るだけ顔画像を使うのは避け、以下の様な似顔絵イラストサイトで作った似顔絵イラストをプロ画像として使う事をお勧めします。
FACEBOOKはプロフ画像に実際の顔写真を求められますので、残念ながらイラスト画像を使う事は出来ません。


さて次は、我が子の画像が悪用されるリスクについてお話しします。

ブログやSNS上には、我が子の画像をぼかしや目隠し等の画像加工もせずに堂々と掲載している方を見かけますが、安易に我が子の顔画像を素の状態で公開する事は、他人のSNS上で我が子と称して画像が使われる「デジタル誘拐」のリスクだけで無く、児童ポルノと言う醜悪で下劣な悪趣味に関心を寄せる小児性愛者たちのターゲットにされるリスクもあります。

また、画像の撮影場所が特定されれば、誘拐や性犯罪のリスクもあります。

その為、ネット上に子供の画像を公開する場合は、以下の様な似顔絵イラストサイトで作った似顔絵イラストや顔隠しアプリで作った動物の顔を画像の中の子供の顔に重ねるか、この後御紹介する、画像にぼかしを入れるソフトで子供の顔にぼかしを入れる等により、本当の顔が分からない様にするのが望ましいでしょう。


-似顔絵イラスト作成サイト-

以下の3つのサイトは、顔のパーツや持ち物を自由に選んで、好みの顔やキャラのイラストを無料で作る事が出来るWebサイトで、プロフィール画像用の顔イラストを必要としている方から重宝されている有名なWebサイトです。

似顔絵イラストメーカー

肩から上のキャラのイラストが作れます。


似顔絵アイコンメーカー

全身キャラのイラストを作れます。


萌えるアバターメーカー

可愛い2頭身キャラのイラストを作れます。


-顔隠しアプリ-

AppleアプリAnimalFace-IG Photo Editor
AndroidアプリAnimalFace

撮影した顔に動物の顔を被せるアプリです。

動物の顔のサイズや傾き、位置を自由に変更する事が出来ます。

次回以降のお話しで、上記3つのサイトでの似顔絵イラストの作り方とAnimal Face-IG Photo Editorの使い方を御紹介します。


盛り過ぎたプロフ画像



④画像に映る無関係な人のプライバシーも考慮する

バラエティー系TV番組の再放送を見ていると、列車やバスの中で撮影された映像に映る乗客の顔にぼかしが入れられているケースが多く見受けられます。

これは、放送には無関係な一般の方の顔をTVに映す事が、本放送の時代の放送倫理としては許容されていたものの、個人情報保護が厳しく問われる現在の放送倫理としては配慮すべき事として取られた処置では無いかと思います。

これと同じく、ネット上に公開する画像についても、無関係な人々が映っている場合は、顔の部分にぼかしやモザイクを入れて、誰かが特定出来ない様にする配慮を施す事はマナーと言えるでしょう。

実際問題として、ネットに公開した画像に自分が映っている事が家族や職場の上司や同僚に知られて不都合が生じたり、迷惑を被る事を「フォト・ハラスメント」と呼び、画像に映り込んだ当人から肖像権やプライバシーの侵害などで訴えられる可能性があります。

画像にぼかしやモザイクを入れるのは難しいのでは?と思われるかもしれませんが、以下の様な無料のソフトを使って簡単にぼかしを入れる事が出来ます。


-パソコン用ぼかしソフト-

手軽にぼかし

Webサイト「オフィスデイタイム」さんが公開されている、無料のぼかし専用ソフトです。

ぼかしを入れたい部分をドラッグで範囲指定するだけで、ぼかしをかける事が出来ます。

また、ぼかしの度合いも自由に調整する事が出来ます。

ソフトには32ビット版と64ビット版の2種類があります。


-スマートフォン、タブレット用ぼかしアプリ-

スマートフォンやタブレット用ぼかしソフトは、App StoreやGoogle Playから、「ぼかし」で検索する事で、有料・無料含めて多くのアプリが見つかります。

代表的な無料アプリとしては以下の通りです。

Appleアプリモザイク
Androidアプリぼかし丸

次回以降のお話しで、手軽にぼかしとモザイクの使い方を御紹介します。

ぼかし顔の漫才師

【ネットへの画像公開にまつわる事件/トラブル事例】

最後に、ネットに画像を公開した事で実際に起きた事件やトラブルの事例を幾つか挙げてみます。

事例1
ネット上で小学年女児と出会い、言葉巧み送らせた裸体画像を元に脅迫した男が、脅迫及び児童ポルノ禁止法違反容疑で逮捕。

事例2
出会い系サイトに自分の顔が、相手募集のメッセージと共に掲載される嫌がらせを受け、友人からの連絡で知った。

事例3
卑猥な画像が掲載されているサイト上に、自分の顔と他人の裸体を合成させた画像が掲載されていた。

事例4
自分の顔画像がプロフ画像となっている、なりすましのツイッターが開設され、真実で無いツイートが発信されていた。

事例5
SNSに画像を投稿した所、友人から自分のある日の行動が掲示板に書かれている事を知らされ、ストーカーの存在を確信した。

事例6
我が子の画像をSNSに掲載した所、見ず知らずのSNSにその画像が自分の子供と称して掲載されていた。
画像は長い文章よりも見るだけでダイレクトに内容を伝える事が出来、インパクトを与える力があります。

それだけ画像には膨大な情報が含まれている事になり、1枚の画像から色々な事を知る事が出来てしまいます。

公開した画像を見るのは、善意の心がある人だけでは無いと言う事を常に意識し、悪用される要因が画像に含まれていないかを確認する事が大切です。

最近再び、「バカッター」と呼ばれる連中が投稿した、バイト先での不適切な画像がツイッターに投稿され、TVで度々取り上げられていますが、既にネット上では投稿者の名前や通学先、自宅住所が次々と特定され、ネット上に公開されています。

彼らは遊び半分のノリで投稿したのでしょうが、投稿した画像と投稿主の個人情報は、デジタルタトゥーとして半永久的にネットを彷徨い、彼らには一生涯、負の遺産として付きまとう事になり、新たなバカッターが登場する度に蒸し返され、注目を浴びる事になるのです。

ここまで酷い画像では無いにしても、どんな画像でもネット上に公開する際は、公開して大丈夫かを熟考する事が大切です。

後になって「公開しなければ良かった」と悔やんでも、画像はあっと言う間にネット上に拡散し、回収や削除は不可能なのですから・・・
次回以降は、今回御紹介しました似顔絵作成サイトやソフト、アプリについて御紹介して行きます。

お楽しみに!

今回のお話しに関連する、こちらの投稿記事も是非御覧下さい。

検証!ネットに公開した画像から撮影場所は本当に特定出来るのか?

ネットに公開する画像から位置情報を削除する方法(前編)

ネットに公開する画像から位置情報を削除する方法(後編)
ブログランキングに参加しています!
ランクアップに御協力下さる方は、下のアイコンをクリック願います!



Microsoft Officeランキング

訪問型パソコンサービス「誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を以下の3つのサービスで対応致します!

パソコン設定サービスパソコンやインターネットの設定が分からない方に!

ピンポイントレクチャーパソコンやワード、エクセルのここだけを知りたい方に!

訪問パソコンレッスン一からパソコンやワードを身に付けたい方に!

当ブログ管理人である、私が御客様の元へ直接御伺いし、対応させて頂きます!

詳しくは、こちらのWebサイトをご覧ください!
スポンサーサイト



[ 2019/02/23 13:39 ] ネットセキュリティー術 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darenidemo.blog.fc2.com/tb.php/209-12ef1a77