FC2ブログ



【当ブログ管理人からのお知らせ】


誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を解決する、訪問型パソコンサービス  です。

パソコン教室、カルチャースクールでパソコン講師を務めた経験のある当ブログ管理人が御客様の元へ御伺いし、以下の3つのサービスでパソコンのお困り事にお応えします。

サービスエリアは、東京都(伊豆七島は除く)及び神奈川県です。

 サービス1<パソコン設定サービス>
 パソコンの初期化やインターネットの接続、プリンターの接続など、面倒で手間が掛かる作業を行います。

 サービス2<ピンポイントレクチャー>
 ”こんな事だけ知りたい”と言うピンポイントな御要望についてレクチャー致します。
<一例>
パソコンについてここだけを知りたい
ワード・エクセルは使った事が無いが簡単な文書や集計表を作る方法だけを知りたい
デジカメ写真をDVDに保存する方法を知りたい」

 サービス3<訪問パソコンレッスン>
 パソコンやワード、エクセル、パワーポイント、アクセス等についてマンツーマンでレクチャー致します。

 パソコン教室の様に授業回数や期限は設けず、御納得頂けるまで対応致します。


誰にでもパソコン」の詳細は、こちらのWebサイトを御覧下さい。
当ブログ管理人プロフィールも掲載しております)


御問い合わせ先は以下の通りです!

・御問い合わせ電話:070-4819-3682(荒井 迄)
・御問い合わせメール:darenidemo.gmail.com
・御問い合わせメールフォーム:こちら


【ミニ・レクチャー】:知っていますか?OFFICEのカラーパレット以外の塗りつぶし機能!(RGB編)

ワード・エクセル・パワーポイントには、罫線やオートシェイプ(図形)、フォント(文字)の色を変更する「塗り潰し」機能。

罫線やオートシェイプを使わない方でも、フォントの色を変える時に使われているのではないでしょうか?

殆どの方は、下の画像の様にカラーパレットから色を選んでいると思いますが、カラーパレットには限られた数の色しか存在せず、それ以外の色を選ぶ事は出来ません。

カラーパレット


この欠点を補う為に、もう一つの塗り潰し機能があるのを御存知ですか?

それは、下の画像の様に「RGB」と言う数値の設定により塗り潰し色を選ぶ方法です。

RGBによる塗りつぶし5

この方法では、約1600万色もの膨大な色数の中から色を選ぶ事が出来るのです。

しかしこの方法は、RGBの意味が理解出来ていないと希望する色を選ぶ事が出来ません。

そこで今回は、「RGBとは何か?」から「RGBにより色を選ぶ方法」までについてお話ししたいと思います。

それでは、続きをどうぞ!
【知れば知るほど不思議な色の正体!】

先ずはRGBを理解する為の基礎知識として、色の不思議な仕組みについて見て行きましょう。

-色の不思議(その1):物や景色、光には色が無い!?-

私たちは日常生活の中で様々な色を目にします。

夜景を彩る街明かり、行き交う車が描くテールライトの紅い連なり、ホタルの幻想的な光、眩いばかりの雷光、夜空に煌く花火の彩り、桜の淡い桃色や鮮やかな木々の緑など。

この様に私たちの世界は様々な色に満ち溢れ、目を楽しませてくれます。

しかし、私たちが目にする物や景色、光自体には実は色は着いていないのです。

突然、何を言っているの?」と思われたかもしれませんが、これは事実なのです。

光はエネルギーを持っていて、弱いエネルギーを持つ光から強いエネルギーを持つ光まで様々です。

そして、眼から入って来た光のエネルギーの強さに応じて脳内で様々な色を作り出し、あたかも物や景色、光に色がある様に私たちに見せているのです。

光が持つエネルギーの強さの順に脳が作り出す色を並べてみると下の画像の様になります。

脳が作る色

この色の並び、どこかで見た事がありませんか?

そうです!雨が止んだ後に空に架かる虹の色です。

太陽光線には、あらゆる強さのエネルギーを持つ光が含まれていて、雨上がりに空気中の水分を通過する際、光のエネルギーの強さに応じた屈折率で光が曲がる為に様々な色に分かれ、虹が現れるのです。

虹の色と言えば赤・橙・黄・緑・青・藍・紫が虹の7色と呼ばれていますが、実際は上の画像の様に7色だけで無く、あらゆる色が含まれているのです。


-色の不思議(その2):色はたった3つの色で出来ている!?-

人間の眼の奥には、光のエネルギーの強さ(色の違い)を感じるセンサーが3つあります。

3つのセンサーはそれぞれに赤、青、緑の光を最も敏感に感知します。

さて何故、色の違いを感じるセンサーは赤・青・緑の3色を最も敏感に感知するのでしょうか?

そして何故、3つのセンサーなのでしょうか?

それは、「この世のあらゆる色はどれも赤・青・緑の3色に分解する事が出来る」からなのです。

3つのセンサーは、ある一つの色に対して異なる強さで光の刺激を受け取ります。

そして脳は、3つのセンサーが受けた刺激の強さの違いを総合して、一つの色を作り出すのです。


-色の不思議(その3):光の色と物の色-

所で私たちの眼に届く光には、花火や灯りの様に「光源から直接眼に入る光」と、景色や物、印刷物の様に「物に反射して眼に入る光」の2種類があります。

光源の色が何色になるのかは赤・青・緑の光の強さの割合で決まりますが、物の色が何色になるのかは赤・青・緑の光の一部が物に吸収され、吸収されずに反射した光の強さの割合で色が決まります。

例えば赤いリンゴは、赤・緑・青の内、緑と青の光を吸収し、赤だけを反射する為に赤く見え、黄色いレモンは、赤・緑・青の内、青の光を吸収し、赤と緑を反射する為に黄色く見えるのです。

さて、光源からの光や反射する光を通して脳が様々な色として感じるこの仕組みは、パソコンやTV、プリンターに応用されているのです。

光源からの光で色を作る仕組みを応用したのが、パソコンのディスプレイやTV、LED看板などの「カラー・ディスプレイ」です。

これらの表示装置の表面には、赤・緑・青の3色の光を発する小さな点を3つ一組とした光の点が無数に並び、カラー映像を表示しています。

反射する光で色を作る仕組みを応用したのが、プリンターや業務用の印刷機です。

人工的に反射する光の色を作るには、「シアン・マゼンタ・イエロー」と言う色のインクを使い、それぞれのインクの濃さにより様々な色を作る事が出来るのです。

光源からの光の色を決める赤・青・緑の3色は「光の3原色」、又は英語の色名の頭文字をとって「RGB」と言います。

また、反射する光の色を決めるシアン・マゼンタ・イエローの3色は「色の3原色」、又は英語の色名の頭文字をとって「CMY」と言います。

家庭用のプリンターにはCMYの3色のインクカートリッジが装着しているのはこの理由なのです。

たった3つの光からあらゆる色を創造し、私たちに彩り豊かな色彩を見せてくれる

私達人間の脳は、本当に神秘的で不思議な力を持っているものですね!

脳が色を作る

カラー・ディスプレイの原理を罫線で再現!
先程お話ししました、カラー・ディスプレイの原理を罫線で再現してみました。

下の画像の右側は、黒の背景に赤と緑の罫線を並べたものの拡大画面です。

この画面では、赤と緑の罫線が交互に並んでいる様にしか見えませんが、通常のサイズでは左の画像の様に黄色く見えます。

罫線によるRGB実験

【RGBによる塗り潰し機能】

色の仕組みについてのお話しは終わり、ここからはRGBによる罫線やオートシェイプ、フォントの塗り潰し機能についてお話しします。

-RGBで塗り潰す色を選ぶ-

先程はパソコンのディスプレイやTVは、R・G・Bの3つの光の点でカラー映像を表示しているとお話ししましたが、ワード・エクセル・パワーポイントも、この仕組みを利用して罫線やオートシェイプ、フォントの塗り潰し色を選ぶ機能があります。

下の画像はワード・エクセル・パワーポイントの塗り潰し色を選ぶ「色の指定」ダイアログボックスです。

色の指定」ダイアログボックスの「ユーザー設定」タブをクリックすると、下の様な画像に切り替わります。

そこには赤(R)、青(G)、緑(G)の文字が記され、それぞれに数値を入力する枠があります。

ここに数値を入力する事で様々な色を選ぶ事が出来るのです。

入力出来る数値は0~255までの整数が入力出来ます。

数値を変える事により、赤・緑・青のそれぞれで、明るさや鮮やかさの異なる256色の色を選ぶ事が出来ます。

その為、作れる色の組合せは(赤)256×(緑)256×(青)256=1、677万7、216色もの膨大な数になります。

この数の色を「フルカラー」又は「24ビット・カラー」と呼びます。

これだけの膨大な種類の色を選ぶ事が出来れば、私たちの身の回りにある色は、ほぼカバー出来る事になります。
実際は、この世界には億単位の数の色が存在するのですが、人間の眼で見分けられる事が出来ない為に、フルカラーで十分なのです。

ユーザー設定による色変更


-色を選んでみましょう-

では「色の設定」ダイアログボックスにRGBの値を入力して、私たちが良く目にする色を選んでみましょう。

以下は、代表的な色とRGBそれぞれの設定値です。

この設置値を「色の設定」ダイアログボックスの赤(R)・緑(G)・青(B)のそれぞれの数値欄に半角で入力すると、上の画面の様に右下にある「新規」と記されている部分の色が変わります。

RGBの値は正式には「RGBカラーコード」と言い、ワード・エクセル・パワーポイントの塗り潰し機能の為だけにあるのでは無く、Windowsに付属の「ペイント」等のイラスト描画ソフトや、「フォトショップ」等の画像補正ソフト、YouTuberが使う動画編集ソフト、色を扱う業種など、様々な分野で使われる共通した数値なのです。

塗り潰し色赤(R)緑(G)青(B)
水色255255
黄色255255
茶色1654242
桃色247214229
オレンジ色255192
255255255

この様にRGBカラーコードの入力により、約1600万色の塗り潰し色を選ぶ事が出来ます。

Webサイト上で「カラーコード」と検索をすると、様々な色のRGBカラーコードを調べる事が出来ます。

カーコードの値に注意!
Webサイト上で公開されているカラーコードは、0~9の数値で表現する「10進数」と、0~9とA~Fで表現する「16進数」の2つがあります。

ワード・エクセル・パワーポイントのカラーコードに設定出来る値は10進数ですので、Webサイト上のカラーコードを利用する際は、10進数のカラーコードを利用しましょう。

もし、16進数だけでしか表記されて無い場合は、16進数を10進数に変換する必要がありますが、Webサイト「PEKO STEPさん」のこちらのコンテンツの様に、進数変換をしてくれるWebサイトが幾つも存在します。

【RGB塗り潰し機能の使い道】

ここまでのお話しを御覧になって、以下の様な疑問を持たれた方も多いのではないでょうか?

RGBの塗り潰し機能って、カラーコードが分からなければ色を選ぶ事が出来ないのに、一体どんな時に使うんだろう?」と。

RGBカラーコードの塗り潰し機能の用途とはズバリ!「カラーパレットに無い色で塗り潰す」です。

カラーパレットで選べる色は、テーマの色カラーパレットで60色、六角形カラーパレットで127色です。

通常のオフィス業務や日常生活の中であればカラーコードにある色見本で十分で、フルカラーの色は必要が無いでしょう。

しかし以下の様なケースでは、カラーパレットの色では対応出来ない場合があります。

下の左のイラストの海面部分をオートシェイプで補いたい場合、イラストと同じ色でオートシェイプを塗り潰す必要がありますが、カラーパレットに同じ色が無い場合、下の右下のイラストの様に、イラストとオートシェイプの色が微妙に異なる為に違和感が出てしまいます。

この様な場合、イラストのカラーコードを調べ、それに対応する色でオートシェイプを塗り潰せば、下の右上のイラストの様にイラストとオートシェイプの堺が分からなくなり、違和感無くイラストの不足部分を補う事が出来ます。

また、パワーポイントを使ったプレゼンで新商品のサンプルカラーや、色に関するスライドを作る為、カラーパレットの中に無い色を使う必要がある場合や、Webページ上のアイコン・バナー・装飾文字の色で塗り潰したい場合も、RGBによる塗り潰し機能で実現が可能です。

尚、カラーコードの値を調べるには、「カラーコード取得ツール」と言うソフトが必要ですが、それにつきましては、以前投稿しましたこちらのお話しを御覧下さい。

ユーザー設定によるイラストのリカバリー


パワーポイントの便利機能!
パワーポイントには、スライド上に挿入したイラストや画像の色で罫線・オートシェイプ・フォントを塗り潰す事が出来る「スポイト」と言う機能があります。

但し、スライド以外の場所に表示されているイラストや画像の色で塗り潰す事は出来ません。

【最後に】

RGBによる塗り潰し機能について、お分かり頂けましたでしょうか?

次回は、ワード・エクセル・パワーポイントが持っている、もう一つの塗り潰し機能である「HSLによる塗り潰し機能」についてお話しします。

実はカラーコードにはRGBの他にも色々あり、HSLは数あるカラーコードの中の一つなのです。

HSLによる塗り潰し機能で選べる色は、RGBによる塗り潰し機能と同じく約1600万色ですが、RGBによる塗り潰し機能とは用途が異なるのです。

では、HSLによる塗り潰し機能の用途とは何でしょうか?

次回をお楽しみに!
ブログランキングに参加しています!

ランクアップに御協力下さる方は、下のアイコンをクリック願います!



Microsoft Officeランキング

訪問型パソコンサービス「誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を以下の3つのサービスで対応致します!

パソコン設定サービスパソコンやインターネットの設定が分からない方に!

ピンポイントレクチャーパソコンやワード、エクセルのここだけを知りたい方に!

訪問パソコンレッスン一からパソコンやワードを身に付けたい方に!

当ブログ管理人である、私が御客様の元へ直接御伺いし、対応させて頂きます!

詳しくは、こちらのWebサイトをご覧ください!
スポンサーサイト



[ 2019/07/21 14:39 ] ミニ・レクチャー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darenidemo.blog.fc2.com/tb.php/218-9aa1d99b