FC2ブログ



【当ブログ管理人からのお知らせ】


誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を解決する、訪問型パソコンサービス  です。

パソコン教室、カルチャースクールでパソコン講師を務めた経験のある当ブログ管理人が御客様の元へ御伺いし、以下の3つのサービスでパソコンのお困り事にお応えします。

サービスエリアは、東京都(伊豆七島は除く)及び神奈川県です。

 サービス1<パソコン設定サービス>
 パソコンの初期化やインターネットの接続、プリンターの接続など、面倒で手間が掛かる作業を行います。

 サービス2<ピンポイントレクチャー>
 ”こんな事だけ知りたい”と言うピンポイントな御要望についてレクチャー致します。
<一例>
パソコンについてここだけを知りたい
ワード・エクセルは使った事が無いが簡単な文書や集計表を作る方法だけを知りたい
デジカメ写真をDVDに保存する方法を知りたい」

 サービス3<訪問パソコンレッスン>
 パソコンやワード、エクセル、パワーポイント、アクセス等についてマンツーマンでレクチャー致します。

 パソコン教室の様に授業回数や期限は設けず、御納得頂けるまで対応致します。


誰にでもパソコン」の詳細は、こちらのWebサイトを御覧下さい。
当ブログ管理人プロフィールも掲載しております)


御問い合わせ先は以下の通りです!

・御問い合わせ電話:070-4819-3682(荒井 迄)
・御問い合わせメール:darenidemo.gmail.com
・御問い合わせメールフォーム:こちら


【ネットセキュリティー術】:ネットに公開する画像から位置情報を削除する方法(後編)

前回は、スマートフォンやタブレットで撮影した画像のExif情報に緯度・経度の位置情報が含まれない様にする方法として、スマートフォンやタブレットにある位置情報機能をOFFにする2種類の設定方法についてお話ししました。

1つ目の方法は、「位置情報を利用する全てのアプリに対して位置情報機能をOFFにする設定
2つ目の方法は、「特定のアプリにだけ位置情報機能をOFFにする設定

上記の方法によりスマートフォンやタブレットで撮影した画像のExif情報には緯度・経度の位置情報は含まれなくなりますが、ネットに上げない画像のExif情報にも緯度・経度の位置情報が含まれなくなると言うデメリットもあります。

そこで今回は、撮影後の画像からExif情報そのものを削除する方法についてお話しします。

この方法ならば、ネットに上げる画像にだけ位置情報が含まれない様に出来ます。

それでは、続きをどうぞ!
撮影後の画像からExif情報を削除する方法には、パソコンの専用ソフトで削除する方法とスマートフォンやタブレットの専用アプリで削除する方法の2通りがあります。

今回は、3回前のお話しで御紹介しましたパソコン用Exif削除ソフト「ExifEraser(イグジフ・イレーサー)」とExif削除アプリ「Photo Secure(フォトセキュア)」を使った、Exif情報の削除方法についてお話しします。
Exif Eracer、Photo Secure共に無料です。

【パソコンソフトによるExif情報の削除方法】

-Exif Eraserの入手~インストール-

①先ずはExif Eraserをインターネット上から手に入れましょう。

こちらをクリックし、以下の様なWebページが表示されたら、「このソフトを今すぐダウンロード」をクリックします。

Exif削除1


②ブラウザの下部に以下の様なメッセージが現れますので、Edgeは「開く」、IEは「ファイルを開く」をクリックします。

-Edgeブラウザの場合-

Exif削除2


-IEブラウザの場合-

Exif削除3


③下の様なウインドウが現れたら、「ExifEraserSetup」をダブルクリックします。
ファイルの拡張子を表示する設定をしている場合は、「ExifEraserSetup.msi」と表示されます。

Exif Eraserインストール1


④下の様がウインドウが現れたら、「次へ(N)」をクリックします。

Exif Eraserインストール2


⑤下の様がウインドウに変わったら、「次へ(N)」をクリックします。
参照(R)」ボタンをクリックすると、Exif Eraserのインストール場所を変更する事が出来ます。

Exif Eraserインストール3


⑥下の様がウインドウに変わったら、「次へ(N)」をクリックします。

Exif Eraserインストール4


⑦下の様なウインドウに変わったら、グレーのバーが右端に伸びるまで待ちます。

Exif Eraserインストール5


⑧下の様なウインドウに変わったら、Exif Eraserのインストール完了です。

閉じる(C)」をクリックしてウインドウを閉じます。

Exif Eraserインストール6


-Exif Eraserの使い方-

次は、Exif Eraserを使ってExif情報を削除する方法についてお話しします。

①パソコンのデスクトップ上にある、下の様なアイコンをダブルクリックします。

Exif Eraser使い方1


②下の様なウインドウが現れたら、Exifを削除する方法を選択し、「OK」ボタンをクリックします。
上記①と②の操作は初回のみ行います。

2種類ある削除方法の詳細は以下の通りです。

(設定1):「ドラッグしたファイルのExif情報を削除する。

この設定は、画像からExifを削除します。


(設定2):「ドラッグしたファイルを指定したフォルダにコピーしてExif情報を削除する。

この設定は、元の画像からはExif情報を削除せず、画像のコピーを作り、コピーした画像からExifを削除します。

この設定を選択した場合は、右にある「参照」ボタンをクリックして、コピーする画像の保存先を指定する必要があります。

Exif Eraser使い方2


③それでは、Exif情報を削除してみましょう。

Exifの削除の方法は、マイコンピュータ上に表示されている画像をデスクトップ上にあるExif Eraserのアイコンにドラッグするだけです。

Exif Eraser使い方3


④Exif削除が完了すると、下の様なウインドウが表示されますので、「OK」をクリックします。

Exif Eraser使い方4


⑤参考までにExif情報削除前と削除後の画像のプロパティーを比較してみると、下の様に緯度・経度を含めたExifが削除されている事が分かります。

Exif Eraser使い方5

【アプリによるExif情報の削除方法】

次は、スマートフォンやタブレット用アプリによるExif情報の削除方法についてお話しします。

iPhoneやAndroidのアプリには様々な種類のExif情報削除アプリがありますが、代表的なExif情報削除アプリとしては、以下の2つのアプリが有ります。

iPhone用:Photo Secure(フォト・セキュア)
Android用:Exif消しゴム

今回は、iPhone用Exif情報削除アプリ「Photo Secure」による、Exif情報の削除方法についてお話しします。

①先ずは、Photo Secureを入手しましょう。

iPhoneやiPadの画面にあるApple Storeのアイコンをタップして、アップルストアを開きます。

apple store


②アップルストアの画面が開いたら「写真のExif」のキーワードで検索すると、候補リストに「写真のExif 表示 削除 Photo Secure」が表示されますので、タップします。

③下の様な画像が表示されたら、「入手」をタップします。

Photo Secure1


④端末に下の様なアイコンが現れたら、Photo Secureの入手は完了です。

下の様なPhoto Secureのアイコンをタップして、Photo Secureを起動します。

photosecure.jpg


⑤下の画像がPhoto Secureの起動画面です。

起動画面下の「Load」ボタンをタップして、写真一覧を開きます。

この時、初回起動時のみ「Photo Secureが写真へのアクセスを求めています」と言うメッセージが表示されますので、「OK」をタップします。

photosecure2


⑥端末に保存されている画像の一覧が表示されますので、Exif情報を削除したい画像をタップします。

画像に位置情報が含まれている場合は、下の画面の様に赤文字で緯度・経度、住所が表示されます。
緯度・経度、住所は敢えてぼかしてあります。

photosecure3


⑦画像を選択すると端末の左半分に表示されます。
画像は敢えてぼかしてあります。

この時、端末画面の下にある「Map」をタップすると、右半分に撮影場所を中心とした地図が表示されます。

但し、画像のExif情報に緯度・経度情報が含まれてない場合は、「位置情報はありません」のメッセージが表示されます。

更に「Info」をタップすると、画像内のExif情報が右半分に表示されます。


⑧選択した画像からExif情報を削除するには「プライバシー削除」をタップします。

photosecure4


⑧次に、下の様な画面に変わったら、「Start」をタップするとExif情報が削除されます。

photosecure5


⑨「終了しました」のメッセージが表示したら、Exif情報の削除完了です。

画面下の「戻る」をタップして画像一覧に戻ります。

photosecure6


⑩Exifに位置情報が含まれていた場合、Exif情報の削除後は、「位置情報を削除しました」のメッセージが表示されます。

photosecure7


⑪Exif情報を削除したい画像が複数ある場合は、画面の下にある「選択」をタップします。

すると画像一覧に白い枠線の丸が現れます。

後は、Exif情報を削除したい画像の白い白線の丸をタップすると緑地に白のチェックマークに変わり、複数の画像が選択されます。

画像選択後は、⑦以降の操作を行います。

これで、複数の画像のExif情報を一括で削除出来ます。

photosecure8

前回と今回の2回に渡って、画像から位置情報を削除する方法についてお話ししました。

これにより、ネットに上げる画像から位置情報を読み取られて、撮影場所を特定されるリスクを防ぐ事が出来ます。

しかし、ネットに上げる画像から撮影場所を特定されない為に注意しなければならないのは位置情報だけでは無く、画像に映り込む景色や建物、看板などです。

また、幼い子供の顔が映っている画像や見ず知らずの人が映っている画像をそのままネット上に上げる事は、ストーキングや画像の無駄利用など、撮影場所の特定以外の様々なリスクを抱える事にもなります。

この様な時に重宝するのが、画像の一部を見えなくする「ぼかし」です。

次回は、画像にぼかしを施す方法についてお話しします。

お楽しみに!

今回のお話しに関連する、こちらの投稿記事も是非御覧下さい。

その画像、本当に公開して大丈夫ですか?~画像に潜む色々なリスク~

検証!ネットに公開した画像から撮影場所は本当に特定出来るのか?

ネットに公開する画像から位置情報を削除する方法(前編)
ブログランキングに参加しています!
ランクアップに御協力下さる方は、下のアイコンをクリック願います!



Microsoft Officeランキング

訪問型パソコンサービス「誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を以下の3つのサービスで対応致します!

パソコン設定サービスパソコンやインターネットの設定が分からない方に!

ピンポイントレクチャーパソコンやワード、エクセルのここだけを知りたい方に!

訪問パソコンレッスン一からパソコンやワードを身に付けたい方に!

当ブログ管理人である、私が御客様の元へ直接御伺いし、対応させて頂きます!

詳しくは、こちらのWebサイトをご覧ください!
スポンサーサイト



[ 2019/04/22 14:31 ] ネットセキュリティー術 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darenidemo.blog.fc2.com/tb.php/229-d7043e1a