FC2ブログ



【当ブログ管理人からのお知らせ】


誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を解決する、訪問型パソコンサービス  です。

パソコン教室、カルチャースクールでパソコン講師を務めた経験のある当ブログ管理人が御客様の元へ御伺いし、以下の3つのサービスでパソコンのお困り事にお応えします。

サービスエリアは、東京都(伊豆七島は除く)及び神奈川県です。

 サービス1<パソコン設定サービス>
 パソコンの初期化やインターネットの接続、プリンターの接続など、面倒で手間が掛かる作業を行います。

 サービス2<ピンポイントレクチャー>
 ”こんな事だけ知りたい”と言うピンポイントな御要望についてレクチャー致します。
<一例>
パソコンについてここだけを知りたい
ワード・エクセルは使った事が無いが簡単な文書や集計表を作る方法だけを知りたい
デジカメ写真をDVDに保存する方法を知りたい」

 サービス3<訪問パソコンレッスン>
 パソコンやワード、エクセル、パワーポイント、アクセス等についてマンツーマンでレクチャー致します。

 パソコン教室の様に授業回数や期限は設けず、御納得頂けるまで対応致します。


誰にでもパソコン」の詳細は、こちらのWebサイトを御覧下さい。
当ブログ管理人プロフィールも掲載しております)


御問い合わせ先は以下の通りです!

・御問い合わせ電話:070-4819-3682(荒井 迄)
・御問い合わせメール:darenidemo.gmail.com
・御問い合わせメールフォーム:こちら


【ネットセキュリティー術】:ネットに公開する画像から余計な情報を隠す方法(パソコン編)

前回までは、インターネットに上げる画像に位置情報を含めない方法について、色々とお話しして来ました。

しかし、インターネットに画像を上げる際には位置情報だけで無く、画像そのものに対しても注意する必要があります。

それは、画像に映る内容から撮影場所を特定されたり、画像が無断で加工や利用されたり、ストーカーや窃盗などの情報源として悪用されたりする為です。

そこで今回と次回の2回に渡り、ネットに上げる画像から不必要な部分を隠す「ぼかし」を施す方法についてお話しします。

1回目の今回は、パソコンを使った画像のぼかし方についてお話しします。

それでは続きをどうぞ!
【画像に含まれる不必要な情報がもたらす色々なリスク】

インターネット上に上げた画像は誰にでも見て貰え、「いいね!」などの評価やコメントが返って来る事が醍醐味ですが、この事を別の視点で見て見ると、悪意に満ちた輩や嫉妬心を抱く人達にも見られていると言う事でもあるのです。

その為、ネットに上げた画像の内容によっては、以下の様なリスクを被る事もあるのです。

画像に映る景色やランドマーク、看板などから撮影場所が特定され、ストーキングや窃盗の被害に遭う。

SNSに上げた我が子の画像が小児性愛者の歪んだ欲望を満たす材料にされたり、誘拐や性犯罪を招いたり、他人のSNSで我が子と称して画像を利用されたりする。(通称:デジタル誘拐)

たまたま画像に映り込んだ赤の他人から、肖像権の侵害を問われる。

以上の様なリスクを回避する為に、インターネット上に画像を上げる際には画像をそのまま上げるのでは無く、不必要な部分を隠す事が大切です。
【画像の一部を隠すのは、ぼかしが一番】

画像の一部を隠す方法としては、「モザイク」や「ぼかし」と言った方法が一般的です。

モザイクは、画像の一部を市松模様や様々な幾何学模様で隠す方法です。

しかし、隠した部分がどの様な画像なのかと言うイメージが掴み辛く、画像のイメージや雰囲気が損なわれるデメリットがあります。

それに対してぼかし・・・は、隠したい部分のイメージや雰囲気を完全に隠すハードなぼかし・・・から、隠したい部分のイメージや雰囲気が何となく分かるソフトなぼかし・・・まで、ぼかす・・・度合を調整出来ます。

画像に含まれる風景やランドマーク、看板などはハードなぼかし・・・処理を施し、子供の顔には喜怒哀楽の表情が伝わりつつも顔が分からない程度のソフトなぼかし・・・処理を施すと言う様に、使い分けると良いでしょう。
【パソコンによるぼかし処理】

-ドラッグ操作で簡単にぼかし・・・を入れられるソフト「手軽にぼかし」-

パソコンを使って画像にぼかし処理を施すには、パソコン用ぼかし・・・ソフトを使います。

インターネット上には様々なぼかし・・・ソフトが公開されていますが、今回は「手軽にぼかし」と言う無料ソフトを使ってぼかし・・・処理を施す方法についてお話しします。

手軽にぼかしは、Daytimeさんと言う方が開発され、御自身のWebサイト「オフィスデイタイム」にて公開されているソフトです。
手軽にぼかしの優れている点は、簡単な操作で直観的にぼかし・・・を施せる事と、ソフトのインストールが不要な事です。

ソフトのインストールが不要と言う事は、以下の様なメリットがある訳です。

ソフトが不要になった時のアンインストールがも不要なので、パソコン初心者の方にも使い易いソフトです。

USBメモリに手軽にぼかしを入れる事が出来る為、自宅以外のパソコンでも使う事が出来ます。


優れものソフトがいっぱい!
Webサイト「オフィスデイタイム」には、手軽にぼかし以外にも便利な優れもの無料ソフトが色々と公開されています。

一度覗いて見ては如何でしょうか?


-手軽にぼかしを入手する-

それでは、手軽にぼかしをインターネットから入手する手順についてお話しします。

①先ずはこちらをクリックして、手軽にぼかしの公開ページを開きます。

②ページ内の「ダウンロード」の文字の下にある「無料ダウンロード」の文字をクリックします。

この時、お使いのOSのビット数に対応した「無料ダウンロード」の文字をクリックします。

今お使いのOSのビット数が分からない場合は、こちらを御覧下さい。

手軽にぼかし1


③手軽にぼかしのダウンロード完了後、以下の様なメッセージがブラウザの下に表示されますので、Edgeブラウザの場合は「開く」ボタンをクリックし、IE(インターネット・エクスプローラー)ブラウザの場合は「ファイルを開く(O)」ボタンをクリックします。

-Edgeブラウザの場合-

手軽にぼかし2(edge)


-IE(インターネット・エクスプローラー)ブラウザの場合-

手軽にぼかし2(ie)


④IE(インターネット・エクスプローラー)ブラウザの場合、③の操作の直後に下の様なウインドウが表示されたら、「許可する(A)」をクリックします。

手軽にぼかし2-2(ie)


⑤パソコンのデスクトップに下の様なアイコンが現れたらダブルクリックし、手軽にぼかしを起動します。

手軽にぼかし3


⑥下の画像の様に、手軽にぼかしが起動したら、「開く」ボタンをクリックし、ぼかしを施したい画像を選択して開きます。

手軽にぼかし4


-選択範囲をぼかす-

手軽にぼかしには、画像をドラッグした範囲をぼかす方法と、画像をドラッグした外側をぼかす方法の2通りのぼかし・・・方が出来ます。

最初は、ドラッグした範囲をぼかす方法についてお話しします。

このぼかし・・・方は、被写体の顔など、特定の箇所をぼかし・・・たい時に便利なぼかし・・・方です。


①先ずは、「枠の中をぼかす」ボタンをクリックし、次にぼかす・・・範囲の形を選択します。

ぼかす範囲の形は以下の2通りです。

四角形モード」ボタン(四角い点線のボタン)をクリックすると、四角い形でぼかし・・・処理が施されます。
楕円モード」ボタン(丸い点線のボタン)をクリックすると丸や楕円の形でぼかし・・・処理が施されます。

手軽にぼかし5


②マウスをドラッグすると下の画像の様に点線の枠線が現れ、ドラッグした範囲の画像にぼかし・・・し処理が施されます。

手軽にぼかし6


③マウスカーソルを画像やグレーの背景以外の箇所に移動すると下の画像の様に点線の枠線が消え、どの様にぼかし・・・が施されたかを確認出来ます。

手軽にぼかし7


④点線の枠線の角や中央にマウスカーソルを重ねるとマウスカーソルが両端の矢印になり、ぼかした後もぼかし・・・の範囲を変更する事が出来ます。

更に、「元に戻す」ボタンのクリックで一つ前に操作した状態に戻したり、「やり直す」ボタンのクリックで現在の状態に復帰させたりする事が出来ます。

手軽にぼかし8


⑤ぼかし処理は一箇所だけで無く、複数の箇所に施す事が出来ます。

下の画像の様は右目と左目に別々の楕円のぼかしを入れた例ですが、この様にすれば顔を隠しつつ、表情は隠さない様にする事も出来ます。

手軽にぼかし9


⑥手軽にぼかしのツールバー上にある「変更」ボタンをクリックすると、ぼかしの度合いを調整する事が出来ます。

変更」ボタンをクリックすると「ぼかし度」ウインドウが現れ、スライダー又は三角ボタンをクリックしすると左隣にある数値が0~20の間で変化し、それに合わせて中央の画像のぼかし度合いが変化しますので、直観的な操作でぼかし・・・を施す事が出来ます。

また、「」ボタンをクリックすると、ぼかし度合が一瞬で0になり、ぼかしを解除する事も出来ます。

ぼかし度合の調整が完了したら、「OK」ボタンをクリックして「ぼかし度」ウインドウを閉じます。

尚、ぼかし度合の調整は、ぼかし調整を行う前でも後でも、どちらでも可能です。

手軽にぼかし10
手軽にぼかし11
③の画像に比べて、ぼかしの度合いを下げた場合の画像


⑦ぼかし処理が終わったら、「名前を付けて保存」ボタンをクリックして、画像を保存します。

手軽にぼかし11-2

違う名前で保存しましょう!
ぼかし・・・が終わった画像を保存する際、元の画像と同じ名前で保存してしまうと、元の画像にぼかし・・・が施されてしまいます。

ぼかし・・・を施して保存した画像は、ぼかす前の画像に戻す事は出来ません

その為、画像を保存する際は、元の画像とは違う名前で保存するか、元の画像のコピーを作り、コピーした画像にぼかし・・・処理を施して上書き保存しましょう!


-選択範囲の外側をぼかす-

次は、ドラッグした範囲の外側をぼかす・・・方法についてお話しします。

このぼかし・・・方は、被写体以外の風景や建物、看板などをぼかし・・・たい時に便利なぼかし方です。

①先ずは下の画像の様に「枠の外をぼかす」ボタンをクリックし、次にぼかす・・・範囲の形を選択します。

この時、ぼかし度が設定されている場合は、開いた画像全体がぼけます。

手軽にぼかし12


②画像をドラッグすると、下の画像の様にドラッグした範囲はぼかし・・・が無くなり、それ以外の部分はぼかしが施されたままになります。

手軽にぼかし13

変更したぼかし・・・度が維持されるケース
手軽にぼかしは、起動する度にぼかし・・・度が20に戻ります。

しかし手軽にぼかしを閉じずに別の画像にぼかし・・・を施す場合、直前の画像をぼかす・・・際に設定したぼかし・・・度が維持されたままになります。

その為、もし最初の画像でぼかし・・・度を0に設定した場合、次の画像を開いてドラッグしても画像はぼけませんので、「変更」ボタンをクリックして、ぼかし度を調整して画像がぼける様にします。

③上の画像は、人物の周りにはぼかし・・・が施されていますが、未だぼかし・・・が施されていない部分もあります。

先程は、ぼかし・・・は複数の箇所に施せるとお話ししました。

そこで、未だぼかし・・・が施されて無い箇所は、「枠の中をぼかす」に切り替えて、ドラッグすればぼかし・・・を施す事が出来ると思いますが、、実は一度ぼかし・・・を施した後に「枠の中をぼかす」/「枠の外をぼかす」の設定を変更してしまうと、下の画像の様にぼかし・・・を施した範囲が逆転してしまうのです。

手軽にぼかし14
途中で「枠の中をぼかす」/「枠の外をぼかす」の設定を変えると、ぼかしのエリアが逆転してしまいます!

④この様な場合、ドラッグした範囲外にぼかし・・・を施した画像を一旦保存した後に再度開き、「枠の中をぼかす」に設定を変更し、ぼかし・・・が施されて無い箇所をドラッグすれば、下の画像の様にぼかしを施す事が出来ます。

【お使いのOSのビット数確認の方法】

お話しの最後は、今お使いのOSのビット数の確認の方法についてお話しします。

今回お話ししました「手軽にぼかし」は「32ビット用」と「64ビット用」の2種類があり、お使いのOSのビット数に応じて選択します。

OSのビット数とは何か?につきましては込み入った話であり、手軽にぼかしを利用する上では必要の無い知識なので割愛させて頂きますが、お使いのOSのビット数が32ビットか64ビットのどちらなのかは確認する必要があります。

OSのビット数の確認方法は、Windows7とwindows10では若干異なりますので、それぞれのOS毎の確認の方法を以下に記します。

-Windows7の場合-

①先ずはデスクトップ画面の左下にある「スタート」ボタンをクリックします。

OS Ver5


②メニューが表示されたら、右列のメニューの「コンピューター」を右クリックし、表示されるショートカットメニューの中の「プロパティ(R)」をクリックします。

OS Ver6


③「システム」ウインドウが開いたら、「システム」項目の「システムの種類:」サブ項目に、「32ビット」又は「64ビット」の文字が表示されています。

その数字が、お使いのOSのビット数となります。

OS Ver7
システムの種類」より上の情報は、ブログに公開する都合上、ぼかしを施してあります。


-Windows10の場合-

①先ずはデスクトップ画面の左下にある「スタート」ボタンをクリックし、表示されるメニューにある「設定」ボタンをクリックします。

OS Ver1


②「Windowsの設定」ウインドウが表示されたら、「システム」をクリックします。

OS Ver2


③下の画面の様なメニューに変わったら、一番下の「バージョン情報」をクリックします。

OS Ver3
表示されるメニューは長い為、一部のみ表示しています。


④メニューの右側に「デバイスの仕様」が表示され、その中の「システムの種類」の項目に、「32ビット」又は「64ビット」の文字が表示されています。

その数字が、お使いのOSのビット数となります。

OS Ver4
システムの種類」より上の情報は、ブログに公開する都合上、ぼかしを施してあります。

今回お話ししました様に、画像にぼかし処理を施すと言うのは特別な事でも難しい事でも無く、画像をドラッグするだけで簡単に出来てしまうのです。

この簡単な一手間を行うか否かで、インターネットに上げる画像事で発生するリスクを負うか、追わないで済むかの大きな違いが出るのです。

インターネットに画像を上げる際はそのまま上げるのでは無く、不必要な個所を隠すぼかし・・・を施してみては如何でしょうか?

さて次回はぼかし・・・アプリを使って、スマートフォンやタブレットで画像にぼかし・・・処理を施す方法についてお話しします。

お楽しみに!
ブログランキングに参加しています!
ランクアップに御協力下さる方は、下のアイコンをクリック願います!



Microsoft Officeランキング

訪問型パソコンサービス「誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を以下の3つのサービスで対応致します!

パソコン設定サービスパソコンやインターネットの設定が分からない方に!

ピンポイントレクチャーパソコンやワード、エクセルのここだけを知りたい方に!

訪問パソコンレッスン一からパソコンやワードを身に付けたい方に!

当ブログ管理人である、私が御客様の元へ直接御伺いし、対応させて頂きます!

詳しくは、こちらのWebサイトをご覧ください!
スポンサーサイト
[ 2019/05/11 15:34 ] ネットセキュリティー術 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darenidemo.blog.fc2.com/tb.php/233-67d2a8dd