【当ブログ管理人からのお知らせ】


訪問型パソコンサービス「誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を解決します。

以下の3つのサービスでパソコンのお困り事にお応えします。

サービス1<パソコン設定サービス>
パソコンの初期化やインターネットの接続、プリンターの接続など、面倒で手間が掛かる作業を行います。

サービス2<ピンポイントレクチャー>
「パソコンについてここだけを知りたい」
「ワード・エクセルは使った事が無いが簡単な文書や集計表を作る方法だけを知りたい」
「デジカメ写真をDVDに保存する方法を知りたい」
等の様なピンポイントな御要望についてレクチャー致します。

サービス3<訪問パソコンレッスン>
パソコンやワード、エクセル、パワーポイント、アクセス等について一から身に付けたい方の為のマンツーマンレッスンです。
パソコン教室の様な授業回数や期限は設けず、納得頂けるまでレッスンを受けて頂けます。

パソコン教室、カルチャースクールでパソコン講師を務めた経験のある私が、上記3つのサービスでパソコンのお困り事を解決致します。

「誰にでもパソコン」の詳細は、こちらのホームページを御覧下さい。(担当者プロフィールも掲載しております)



PC教室では教えない豆知識:知っていて損は無いeメールの話

今や老若男女誰もが携帯電話やスマートフォンが無い生活はあり得ない時代になっています。

ここまで携帯電話やスマートフォンが普及した一番の理由は何と言ってもいつでもどこからでもメールが使える事では無いでしょうか。

メールの特徴である「相手の都合に関係なく、いつでもメッセージを送れる」事と、「声では言い難い事も文字では言い易い」が現代人のライフスタイルに合った情報伝達手段なのです。

でも相手の携帯電話やスマートフォン、パソコンの電源が切れていたり、携帯電話やスマートフォンが圏外でも何故メールを送る事が出来るのでしょうか?

今回はメールの送受信に関する仕組みについてお話ししたいと思います。

それでは続きをどうぞ!
【相手の都合に関係なく送れるeメールの不思議】

携帯電話やスマートフォン、パソコン等でeメールを送受信する場合、一般的なイメージは下の画面の様に直接相手の携帯電話やパソコンにメールを送ると言うイメージでは無いでしょうか?

しかし、このイメージでのメール送受信では、携帯電話やスマートフォン、パソコンの電源が切れていたり、メールを受信する側の携帯電話やスマートフォンが圏外に居る場合はメールを受信出来ません。

つまり、これではeメールのメリットである「相手の都合に関係なくメッセージを送れる」と言う事は実現出来ない訳です。



【これが実際のeメールの送受信の仕組み】

この問題を解決する為に、メールの送信側と受信側の間にメールサーバーと言うコンピューターが介在します。

その実際のメール送受信の仕組みのイメージが以下の画像です。

1)送信したメールは一旦、送信した側が契約している電話会社やプロバイダーが管理するメールサーバーと言うコンピューター
  に保存されます。

2)メールサーバーに保存されたメールは、メールを受信する相手が契約している電話会社やプロバイダーが管理するメールサー
  バーに移されます。

3)メールを受信する相手の携帯電話やスマートフォン、パソコンの電源が入っていたり、携帯電話やスマートフォンが圏内に居る
  場合、メールサーバーにメールが届いているかを見に行き、メールが届いている場合はメールを持ち帰り、この状態がメール
  着信と言う状態です。

※実際には1台のメールサーバーの中は、受信側のメールサーバーにメールを送る「送信メールサーバー」と、送信メールサーバ
 ーが送って来たメールを保存する「受信メールサーバー」の2つに分かれます。




※携帯電話やスマートフォン、パソコンはメールサーバーにメールが届いた時点でメールサーバーを見に行くのでは無く、メール
  の有無に関わらず一定時間の間隔でメールサーバーを見に行き、メールが届いているかを確認します。


【POP3方式とIMAP方式】

eメールは先程お話し致しました様にメールサーバーからメールを取りに行きますが、その段階でメールサーバーにはメールが無くなり、携帯電話やスマートフォン、パソコンに受信したメールが移ります。

この方式をPOP3方式(ポップスリー方式)と呼びます。

一般的なeメールは、POP3方式です。

これに対してメールサーバーにある受信メールを携帯電話やパソコンに移すのでは無く、メールサーバーに受信メールを残したままにして受信メールを見る方法があり、この方式をIMAP方式(アイマップ方式)と呼びます。

POP3方式とIMAP方式にはそれぞれに以下の様なメリットとデメリットがあります。

<POP3方式>
メリット:メールサーバーに受信メールが残らないので、メールサーバーに負荷がかかりません。
デメリット:メールを受信した携帯電話やスマートフォン、パソコンでしか受信したメールの閲覧が出来ません。

<IMAP方式>
メリット:複数の人がパソコンやiPhoneやスマートフォン等の携帯端末で受信メールを共有出来ます。
デメリット:メールサーバーに受信メールが残るので、適度に受信メールを削除しないとメールサーバーに負荷がかかります。
次回はWebメールについてお話し致します。

先ほどお話ししましたIMAP方式は、だれでも、どこからでもメールの送信と閲覧が出来ると言う利点がありますが、メーラー(メール送受信ソフト)の設定が必要です。

そこで、IMAP方式のメール送信と閲覧をブラウザで行う事によりメーラーの使用と面倒な設定を不要としたのがWebメールです。

携帯電話やスマートフォン、パソコンに受信メールを取り込む今迄のメール管理には無い、色々なメリットがWebメールにはあります。
ブログランキングに参加しています!
ランクアップに御協力下さる方は、下のアイコンをクリック願います!


訪問型パソコンサービス「誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を以下の3つのサービスで対応致します!

パソコン設定サービスパソコンやインターネットの設定が分からない方に!

ピンポイントレクチャーパソコンやワード、エクセルのここだけを知りたい方に!

訪問パソコンレッスン一からパソコンやワードを身に付けたい方に!

当ブログ管理人である、私が御客様の元へ直接御伺いし、対応させて頂きます!

詳しくは、こちらのWebページをご覧ください!
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darenidemo.blog.fc2.com/tb.php/24-ec89febe