【当ブログ管理人からのお知らせ】


訪問型パソコンサービス「誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を解決します。

以下の3つのサービスでパソコンのお困り事にお応えします。

サービス1<パソコン設定サービス>
パソコンの初期化やインターネットの接続、プリンターの接続など、面倒で手間が掛かる作業を行います。

サービス2<ピンポイントレクチャー>
「パソコンについてここだけを知りたい」
「ワード・エクセルは使った事が無いが簡単な文書や集計表を作る方法だけを知りたい」
「デジカメ写真をDVDに保存する方法を知りたい」
等の様なピンポイントな御要望についてレクチャー致します。

サービス3<訪問パソコンレッスン>
パソコンやワード、エクセル、パワーポイント、アクセス等について一から身に付けたい方の為のマンツーマンレッスンです。
パソコン教室の様な授業回数や期限は設けず、納得頂けるまでレッスンを受けて頂けます。

パソコン教室、カルチャースクールでパソコン講師を務めた経験のある当ブログ管理人が、御客様の元へお伺いし、上記3つの
サービスでパソコンのお困り事を解決致します。(サービスエリアは、東京・神奈川です!

「誰にでもパソコン」の詳細は、こちらのホームページを御覧下さい。(当ブログ管理人プロフィールも掲載しております)



PC教室では教えない豆知識:消えた様で消えてない! パソコンファイルの不思議!

今使っているパソコンが故障したり、性能不足で新しパソコンに買い替える等でパソコンを廃棄したり、他人にパソコンを譲渡する時にパソコン内に保存されているファイルはどうしてますか?

何もせず、そのままパソコンを廃棄したり譲渡してはいませんか?

多少パソコンに詳しい方ならハードディスクをフォーマット(初期化)してから廃棄する方も多いと思います。

しかし、ファイルを削除してもハードディスクをフォーマットしてもパソコン内のファイルは消えていないと言う事実は意外と知られていません。

インターネットに接続して使う現在のパソコンは、知らない間に写真や個人情報(クレジットNo、住所、名前、ID、パスワード)等が沢山保存されていて、それらの個人情報が漏えいしてしまったら大変な事になります。

そこで今回は、「消えた様で実は消えてない」と言う、パソコンファイルの不思議な現象についてお話しします。

それでは続きをどうぞ!

【ファイル表示の意外な仕組み】

消えた様で実は消えてない

まるで禅問答の様な、分かった様で良く分からない話ですね。

そこで、これからお話しする事を分かり易くイメージして頂く為に、先ずはハードディスクについてお話しします。

デジカメ写真やワードの文書、お友達からのメールなど、パソコンで扱うファイルはハードディスクと言う場所に保存されます。

下のイラストはハードディクスの中身を簡単に現したものです。

パソコンで扱うファイルは、「プラッタ」と呼ばれるアルミやガラスの円盤上に記録して保存されます。

プラッタの表面には、カセットテープやビデオテープと同じ様に磁気を帯びた塗料が塗られていて、プラッタの上にあるアームの先にあるヘッドと呼ばれる針の様な部分でプラッタ上の磁気データーを読み取る事でファイルを開いたり、逆にプラッタに磁気データーを書き込む事でファイルを保存しています。

この時プラッタは1分間に7千~1万回転もの超高速で回転し、アームは目にも止まらない程の速さでプラッタの上を左右に弧を描く様に振れるのですが、パソコン起動時やファイルの保存、読み出しの時に聞こえるカリカリ音の正体はこのアームが振れる音なのです。

以上の事を分かり易くイメージするとすれば、レコードプレーヤーの様なイメージと思って頂ければ良いと思います。


ハードディスクの構造


因みに実際のハードディスクの動作はこちらからご覧になれます。

ハードディクスの簡単な概要をお話しした所で、次はハードディスクにファイルがどの様に保存されるかを見てみましょう。

下のイラストは、プラッタのイメージイラストです。

実際には、このイラストの様な区分けは目では見えませんが、イラストの様に区画整理がされていて、ファイルはそれぞれの区画単位で保存されるのです。

ハードディスクの区画
※実際は、もっと細かい区画に細分化されていますが、分かり易いイメージとしています。


<ハードディスク豆知識>

プラッタにファイルを保存したり、保存したファイルを読み出す際、実はヘッドはプラッタに接触して無く、プラッタが回転する時におきる風によって浮いているのです。

しかもその隙間は何とタバコの煙ひと粒よりも小さい0.001ミクロン、つまり100万分の1ミリと言う極小の隙間なのです。

その為、ほんの少しのホコリやチリがプラッタに付着するだけでも壊れてしまう位にデリケートな機械なのです。

パソコンに衝撃を与えてはいけないとか、埃の多い場所やタバコを吸う場所でパソコンを使ってはいけないのはこの理由です。

【パソコンはハードディスクの中身を見てない!?】

さて、下の画面はお馴染みのエクスプローラー(ファイル一覧)ですが、この画面の様にパソコンでファイルやフォルダを表示する場合、パソコンがハードディスクの中身を直接見て表示していると思うかもしれませんが、実はそうではありません。

ファイル一覧
※ハードディスクの中身を見るのでは無く、一覧表のファイル情報を見て、エクスプローラーにファイルやフォルダを表示しています

エクスプローラーに表示されているファイルやフォルダーは確かにハードディスクに保存されているですが、実際はハードディスクに保存されているファイルやフォルダを直接見ているのでは無く、下の表の様に「ハードディスクのどの区画にどんなファイルが保存されているか」と言う目次情報を見て、エクスプローラーに表示しているのです。

そして、パソコン上からファイルやフォルダを削除した時にエクスプローラーから消えるのも同じく目次情報を見て表示しているのです。

ハードディスクへの保存
※どの区画にどのファイルが保存されているかと言う目次が作成されます

では何故、パソコンはハードディスクの中身を直接見ないで目次情報を見てファイルやフォルダを表示するのでしょうか?

それは、ハードディスクには膨大な数のファイルやフォルダが記録されており、ファイルを上書き保存したり、ファイルを開く度にハードディスク上の膨大なファイルやフォルダの中から目的のファイルやフォルダを探さなければならず、時間がかかってしまうからです。

しかし目次情報があれば、それを見るだけで瞬時に目的のファイルがどこにあるかが分かります。

また、エクスプローラーを開く時に、その都度ハードディスクにどんなファイルが保存されているかを調べてエクスプローラーに表示するのでは表示までの時間もかかりますし、それ自体が無駄な事です。

それよりは、どこに何が保存されているかが記されている目次情報を見た方が表示も早く、ファイルを探索すると言う無駄な作業が不要になります。

この事は大きな図書館でお目当ての本を探す事に例えれば分かり易いかと思います。

例えば大きな図書館で目的の本を探す場合、読みたい本を毎回闇雲に歩き回って本を探しても見つかるまで大変な時間と労力が必要ですが、蔵書カードから目的の本を探せば書架のどこにあるかが簡単に分かります。

パソコンもこれと同じ理屈なのです。

闇雲に探す
広大な図書館を闇雲に歩き回って本を探すよりも・・・
矢印
カードで探す
蔵書カードで探せば直ぐに見つかります!

【消しても消えていないパソコンの仕組み】

さて、これまでお話しした内容から「消えた様で消えてない」理由が何となく見えて来たでしょうか?

本来はハードディスク内のファイルを素早く表示する為に目次情報を基にファイル一覧を表示すると言う画期的な仕組みを持ったパソコンですが、逆にこの仕組みが「消えた様で消えてない」と言う現象を生み出しているのです。

この現象が起きる理由は、パソコン上でファイルを削除してフィル一覧からファイル名が消去されたとしても、それは目次情報からファイル名が消去された結果を表示しているだけであり、ハードディスクには依然としてファイルは残っているからなのです。

下のファイル一覧は、先程のファイル一覧から「九州旅行デジカメ写真」と言う画像ファイルを削除した後のものです。

ご覧の様に「九州旅行デジカメ写真」が削除されたのが分かります。

ファイル一覧2


ハードディスクからの削除

しかし実際には上の目次情報から「九州旅行デジカメ写真」の保存情報が削除されただけなのです。

下のイラストはハードディスクのそれぞれの区画に保存されているファイルのイメージですが、④~⑧の区画には依然として「九州旅行デジカメ写真」は削除されずに残っているのです。

ファイル削除後のハードディスク
※ハードディスク内の「九州旅行デジカメ写真」ファイルを削除したのでは無く、一覧表の情報を消しただけに過ぎません

しかし、ここでこんな疑問が湧きませんか?

何故、ファイルをハードディスクから削除しないの?

この答えは至って簡単で、下のイラストの様に新しく保存するファイルは、ファイル一覧から抹消されたファイルが記録されている区画(この例では④~⑧)に上書きしたり、全くファイルが保存されていない区画に保存する為、敢えてファイルを削除する必要が無いからです。

そして、もともとあったファイルは新規に保存するファイルに上書きされて、ようやくハードディスク上から消去される事になるのです。

その為、パソコンの廃棄や譲渡の為にファイルを消去したり、ハードディスクをフォーマットしただけではハードディスク上にデーターは残ったままとなるのです。


新規データーの保存

以上が「消えた様で消えてない」理由ですが、これはパソコンに限った事では無く、最近急速に普及しているスマートフォンやガラケーと呼ばれる従来の携帯電話、タブレット端末等も同じなのです。

2010年に大相撲の八百長疑惑問題が発覚した時、力士から携帯電話を証拠として提出させた所、メールの削除等の証拠隠滅があったものの、メールの復元がなされたのは記憶に新しい出来事ですが、これも今回のお話し事と同じで、携帯からメールを削除したのはあくまでも「メールがメモリのどこに保存してあるか」と言う目次情報を削除しただけであって、メモリにはメールが記録されていたのです。

「消えた様で消えてない」と言う現象は一見すると困った現象ですが、故意や誤って削除してしまったファイルをこの後お話しします復元ツールにより復元出来ると言う便利な面もあるのです。

【ファイル抹消の重要性】

ここまで「消えた様で消えてない理由」をお話しして来ましたが、では実際問題としてハードディスク内のファイルを抹消しない状態でパソコンを廃棄したり譲渡するとどの様な問題があるのでしょうか?

それはハードディスク内に保存されている文書ファイル、写真、クレジットNo、住所、ID、パスワード等の個人情報が漏えいする危険性があると言う事です。

特に業務用パソコンの場合、文書ファイルや集計表など、企業機密に属する重要なファイルが漏えいした場合、計り知れない損害を被る危険性が考えられます。

実際、某地方自治体が廃棄したパソコンが様々な文書ファイルやデーターファイルが入ったままの状態で秋葉原の中古パソコンショップで販売されていたと言う事もありました。

しかし、こんな疑問は湧きませんか?

パソコンのファイル一覧からファイル名が見えないのなら、ハードディスクに保存されているファイルを開く事は出来ないから大丈夫でしょ?

答えはNoです。

パソコンショップなどの量販店に行くと、「ファイル復元ソフト」と呼ばれるソフトが販売されており、これを使えば簡単にハードディスク内のファイルをファイル一覧に表示し、ファイルを復元する事が出来るのです。

本来このソフトは、誤ってファイルを削除してしまった場合の救済ツールとして販売されているのですが、使い方を悪用すれば他人のパソコンから個人情報を抜き出すツールとなってしまうのです。

ハードディスクをフォーマット(初期化)してから廃棄や譲渡する方も多いと思いますが、今回のお話しでファイルの削除やフォーマットだけでは不十分と言う事がお分かり頂けたと思います。

ではどうすればハードディスク内のファイルを完全に抹消出来るかと言いますと、抹消ツールを使うのが良いでしょう。

インターネット上で「抹消ツール」と言う言葉で検索しますと、有料、無料を含め様々な抹消ツールが検索されます。

抹消ツールを使わない方法は無いのかと言えば、物理的なハードディスクの破壊になります。

御使いのハードディスクがガラスであれば、物理的な破壊は出来ますが、アルミとなると物理的な破壊は困難であり、そもそもハードディスクが堅牢な金属ケースに収まっている為、お使いのハードディスクがガラスかアルミかを見極める事は出来ませんので、抹消ツールでのファイル削除が最良の方法となります。

また最近のパソコン処分業者の中には、ハードディスクに穴を空けて、動作不能にしてから処分してくれるところもあります。

【パソコン以外のデジタル端末用 抹消ツール】

今回はパソコンについて、ファイル抹消の重要性をお話ししましたが、パソコン以外のデジタル端末についても当然の如くデーターの抹消は重要です。

スマートフォンやタブレット端末ではアプリとして抹消ツールが存在します。

そして、ガラケーと呼ばれる従来の携帯電話用にもパソコン同様に抹消ツールが販売されている様です。

スマフォやガラケー等は機種変更によりパソコンよりも端末を廃棄する周期が早い事が多いので、その点ではパソコンよりもデーターの抹消は重要となります。

今は無いかもしれませんが、一時問題になったのが「廃棄した携帯電話が秋葉原で動作不可のジャンク品として販売されていた」事でした。

動作不可ならば問題無いと思うかもしれませんが、保存されていたメールや電話帳等の個人情報が簡単に手に入ってしまう事になるのです。

また、スマートフォンはガラケーと異なり、パソコン付の携帯電話である為、位置情報付きの写真や動画、クレジットNoなど、ガラケー以上に様々な種類の個人情報が詰まっている為にデーターの抹消は重要です。

ブログランキングに参加しています!
ランクアップに御協力下さる方は、下のアイコンをクリック願います!


訪問型パソコンサービス「誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を以下の3つのサービスで対応致します!

パソコン設定サービスパソコンやインターネットの設定が分からない方に!

ピンポイントレクチャーパソコンやワード、エクセルのここだけを知りたい方に!

訪問パソコンレッスン一からパソコンやワードを身に付けたい方に!
当ブログ管理人である、私が御客様の元へ直接御伺いし、対応させて頂きます!

詳しくは、こちらのWebページをご覧ください!
スポンサーサイト

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/03/13 16:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darenidemo.blog.fc2.com/tb.php/35-8e41b465