【当ブログ管理人からのお知らせ】


訪問型パソコンサービス「誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を解決します。

以下の3つのサービスでパソコンのお困り事にお応えします。

サービス1<パソコン設定サービス>
パソコンの初期化やインターネットの接続、プリンターの接続など、面倒で手間が掛かる作業を行います。

サービス2<ピンポイントレクチャー>
「パソコンについてここだけを知りたい」
「ワード・エクセルは使った事が無いが簡単な文書や集計表を作る方法だけを知りたい」
「デジカメ写真をDVDに保存する方法を知りたい」
等の様なピンポイントな御要望についてレクチャー致します。

サービス3<訪問パソコンレッスン>
パソコンやワード、エクセル、パワーポイント、アクセス等について一から身に付けたい方の為のマンツーマンレッスンです。
パソコン教室の様な授業回数や期限は設けず、納得頂けるまでレッスンを受けて頂けます。

パソコン教室、カルチャースクールでパソコン講師を務めた経験のある当ブログ管理人が、御客様の元へお伺いし、上記3つの
サービスでパソコンのお困り事を解決致します。(サービスエリアは、東京・神奈川です!

「誰にでもパソコン」の詳細は、こちらのホームページを御覧下さい。(当ブログ管理人プロフィールも掲載しております)



PC教室では教えない豆知識:ブラウザは、リアルタイムにコンテンツを表示していない!?

前回に引き続き、今回もブラウザの意外と知られていない事についてお話しをします。

それは「文字や画像で構成されたコンテンツをブラウザがパソコンに表示する場合、それはリアルタイムの内容では無い」と言う事です。

つまりブラウザがコンテンツにアクセスした時点の内容を表示しているに過ぎないのです。

「えっ?一体何を言っているの?」と思わる方もいるかもしれません。

でも、これは事実なのです。

今回は、この事についてお話しします。

それでは、続きをどうぞ!
※【コンテンツ】:Webページ、ブログ、SNSなど、ブラウザで表示する中身の事。
【ブラウザがコンテンツを表示するまでの流れ】

今回のお話しに入る前に、ブラウザがWebページやブログ、SNS等のコンテンツをパソコン画面に表示するまでの流れを見て
みましょう。

下のイラストは、前回お話しした「ブラウザがパソコンにコンテンツを表示するまでの流れ」をもう少し具体的にしたイラストです。

このイラストに基づいてブラウザがコンテンツをパソコン画面に表示するまでの流れを見てみましょう。

①ブラウザにhttp://wwwXXX.co.jp等のアドレスを入れたり、検索サイトの一覧から検索結果をクリックして目的のコンテンツに
 アクセスします。

②ブラウザはコンテンツが置かれているWebサーバーに対してコンテンツの大元であるHTMLソースを要求します。

③ブラウザからの要求に対してWebサーバーは、要求されたHTMLソースをブラウザに渡します。

④ブラウザは受け取ったHTMLソースを解釈し、HTMLソースに書かれている文字を指定された位置と色、サイズでパソコン
 画面上に表示します。

⑤ブラウザはHTMLソースの中身を読み取り、そこに画像の情報があれば、Webサーバーに画像を要求します。 

⑥ブラウザからの要求に対してWebサーバーは、要求された画像をブラウザに渡します。

⑦ブラウザは③で受け取ったHTMLソースを解釈し、指定された位置とサイズで画像をパソコン画面上に表示します。

以上がブラウザがパソコンにコンテンツを表示するまでの流れです。

コンテンツ閲覧の仕組み

【コンテンツを多くの人に見て貰う為の仕組み】

ブラウザは先程のイラストの様な流れでパソコンにコンテンツを表示するのですが、ここでポイントとなるのが「Webサーバーは
ブラウザへHTMLソースや画像のコピーを渡している
」と言う事です。

ではWebサーバーは何故コンテンツのコピーをブラウザに渡すのでしょうか?

それは「多くの人々にコンテンツを見て貰う」様にする為だからです。

インターネット上のコンテンツはTVやラジオの様に不特定多数の人に勝手に情報を発信するのでは無く、コンテンツにアクセスして来た人にだけ情報を提供します。

この時、コンテンツにアクセスして来たブラウザにコンテンツそのもを渡してしまったら、その後アクセスして来た別のブラウザに
コンテンツを渡す事が出来なくなります。

そこで多くの人々にコンテンツを見て貰う為にコンテンツそのもでは無く、コンテンツのコピーをブラウザに渡すのです。

実に単純な仕組みですが、原本のコンテンツと寸分たがわず同じ中身のコンテンツをコピーとして渡す事が出来るのは、コンテンツがデジタル情報だからこそ出来る事なのです。

これは例えてみれば、この世に1冊しか無い古文書をデジタルとして取り込み、それを製本して書籍化すれば、多くの人々に
古文書の内容を見て貰う事が出来るのと似ていますね。
【便利な仕組みとは裏腹な不便な点】

さて、ここからが今回のお話しの本題となります。

Webサーバーがブラウザへコンテンツのコピーを渡すと言うのは、多くの人々がコンテンツを見ると言う点では便利な仕組みなのですが、反面、私たちがブラウザを通してコンテンツを見る時に不便になると言う一面もあるのです。

それは「文字や画像で構成されたコンテンツの場合、リアルタイムな変化を見れない」と言う点です。

例えばYahooJapanのサイトにアクセスした場合を例に考えてみましょう。

YahooJapanのトップページには、その時点での最新ニュースの見出しが表示されています。

さてこの後、ブラウザを一切操作せず、そのままWebページを表示していてもニュースの見出しは何も変化せず、最新のニュース見出しには変わりません。

ところが、その間にもYahooJapanのトップページは新しいニュース見出しに刻々と変わっているのです。

これは一体どう言う事でしょうか?

ここに、ブラウザでコンテンツを見る時の誤解があるのです。

先程、ブラウザはWebサーバーからコンテンツのコピーを受け取るとお話ししましたが、ブラウザがコンテンツを受け取った時点でブラウザとWebサーバーの間の接続は切れているのです。

つまりブラウザで文字や画像で構成されたコンテンツを見る場合、Webサーバー上のコンテンツを常に見ている訳では無く、Webサーバーから貰ったコンテンツのコピーを見ているに過ぎないのです。

では最新のニュース見出しを見るにはどうすれば良いのでしょうか?

それはもう一度、Webサーバーからコンテンツのコピーを貰う必要があります。

この事を更新とか再読み込みとかリ・ロードと言います。

IEやFirefoxのアドレスバーの右端には、下の画像の様にブラウザのアドレス欄の横に丸い矢印のアイコンがあり、これをクリックする事でコンテンツの更新が出来ます。

又はF5キーを押したり、ブラウザを一旦閉じて再度開いてアクセスし直すとコンテンツが更新されます。

殆どのWebページは中身が頻繁に変更されるは無い為、ブラウザを更新する必要は殆どありませんが、文字と画像で構成されるWebページはブラウザを更新するかブラウザを再起動しない限りは、いつまで経っても新しい情報を見れないと言う事は知って
置いて下さい。

ブラウザで見るコンテンツ
※ブラウザを更新しない限り、最新の速報は表示されない。

今回は、文字と画像で構成されるコンテンツは、ブラウザが常にWebサーバーのコンテンツを表示しているのでは無く、ブラウザを更新しない限り最新の情報は見れないと言うお話しでした。

次回は、今回取り上げなかった動画や音声で構成されるコンテンツのリアルタイム性についてお話しします。

また、SNSや一部のWebページでは一定時間毎に自動更新機能を持ったコンテンツもあるのですが、この事についても次回
お話しします。
ブログランキングに参加しています!
ランクアップに御協力下さる方は、下のアイコンをクリック願います!


訪問型パソコンサービス「誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を以下の3つのサービスで対応致します!

パソコン設定サービスパソコンやインターネットの設定が分からない方に!

ピンポイントレクチャーパソコンやワード、エクセルのここだけを知りたい方に!

訪問パソコンレッスン一からパソコンやワードを身に付けたい方に!

当ブログ管理人である、私が御客様の元へ直接御伺いし、対応させて頂きます!

詳しくは、こちらのWebページをご覧ください!
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darenidemo.blog.fc2.com/tb.php/48-fc615130