FC2ブログ



【当ブログ管理人からのお知らせ】


誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を解決する、訪問型パソコンサービス  です。

パソコン教室、カルチャースクールでパソコン講師を務めた経験のある当ブログ管理人が御客様の元へ御伺いし、以下の3つのサービスでパソコンのお困り事にお応えします。

サービスエリアは、東京都(伊豆七島は除く)及び神奈川県です。

 サービス1<パソコン設定サービス>
 パソコンの初期化やインターネットの接続、プリンターの接続など、面倒で手間が掛かる作業を行います。

 サービス2<ピンポイントレクチャー>
 ”こんな事だけ知りたい”と言うピンポイントな御要望についてレクチャー致します。
<一例>
パソコンについてここだけを知りたい
ワード・エクセルは使った事が無いが簡単な文書や集計表を作る方法だけを知りたい
デジカメ写真をDVDに保存する方法を知りたい」

 サービス3<訪問パソコンレッスン>
 パソコンやワード、エクセル、パワーポイント、アクセス等についてマンツーマンでレクチャー致します。

 パソコン教室の様に授業回数や期限は設けず、御納得頂けるまで対応致します。


誰にでもパソコン」の詳細は、こちらのWebサイトを御覧下さい。
当ブログ管理人プロフィールも掲載しております)


御問い合わせ先は以下の通りです!

・御問い合わせ電話:070-4819-3682(荒井 迄)
・御問い合わせメール:darenidemo.gmail.com
・御問い合わせメールフォーム:こちら


【パソコン/ITの仕組み】: 検索サイトは、インターネットを支える影の立役者!

テレビCMではすっかりお馴染みになった「詳しくはWebへ!」と言う言葉。

今では聞かない日は無いと思える程に様々なCMで使われていますね。

更に検索ボタンをマウスがクリックするアニメーションもCMで良く見ます。

それ程までに今ではインターネットで検索すると言う事は当たり前の様な存在ですが、では検索は一体誰が行っているのでしょうか?

パソコンやスマートフォンなのでしょうか?

今回は、この「検索」について色々とお話ししてみたいと思います。

それでは、続きをどうぞ。
【検索が出来るのは日々の情報収集の賜物】

Webページ、ブログ、SNS、動画・音楽配信サイトなど、インターネットには膨大な情報が溢れています。

そしてそんな膨大な情報の中から望む情報を探す為に行う「検索」。

普段インターネットを利用する時に何気なく行っていますが、では、どうやって広大なインターネットの世界から望む情報を探せるのでしょうか?

また、検索はパソコンやブラウザがインターネットの中から探して来るのでしょうか?

実は検索により望む情報が見つけられるのは、GoogleやYahooなどの検索サイト運営企業が日々インターネットの世界を巡って新しいWebページやブログ、動画サイト、FACEBOOK等の情報を収集し、それらを整理した上でインデックスと呼ばれる目次情報を作り、それを元に検索したい情報探してくれるからなのです。

決してパソコンやブラウザがインターネットから必要な情報を探して来るのでは無いのです。

もし、パソコンやブラウザが広大なインターネットの世界から直接情報を探すとしたらどうなるでしょうか?

全世界中のWebサイトやブログ、SNS、その他様々な情報を持つインターネット空間は途方も無い膨大な情報の宝庫です。

そこから直に情報を探すのは大変な時間がかかるどころか、殆ど不可能でしょう。

パソコンが検索をするのではない


【検索サイト運営企業は何をしているのか?】

では、検索サイト運営企業は実際に何をしているのかを見てみましょう!

下の図は、インターネットのイメージイラストです。

インターネットはサーバーと呼ばれるコンピューターが網の目の様に繋がった巨大ネットワークですが、一つ一つのサーバーにはWebページやSNS、動画等が保存されていています。

※インターネットについての詳しいお話しは、以下の過去記事を御覧下さい。

意外と知らない「インターネットって何?」こちらからどうぞ!
インターネット誕生の母は米ソ冷戦だった! こちらからどうぞ!
インターネット解禁から普及までの長い道のりこちらからどうぞ!

さて、検索サイト運営企業は、検索ロボット(正式名:クローラー)と言うプログラムを使ってインターネット上のサーバーに保存されているWebページやSNS、動画サイトなどを巡り、そのコピーを持ち帰ります。

そして、持ち帰ったWebページやSNS、動画サイトなどのコピーからキーワードとなる情報を拾い出し、「インデックス」と言う目次情報にまとめた上で、検索サイト運営企業のサーバーに保管されます。

持ち帰ったWebページやSNS、動画サイトなどのコピーそのものは「キャッシュ」と言う情報として検索サイト運営企業のサーバーに保管されます。
※キャッシュについては、後ほどお話しします。

この様にして検索サイト運営企業のサーバー上にはインターネットから集めて来た、世界中の色々な情報が蓄えられるのです。

そして私たちがパソコンやスマートフォンで行う検索と言うのは、検索サイト運営企業のサーバーに蓄えられた情報から探す事なのです。

それでは次は、私たちがパソコンやスマートフォンから検索キーワードを入力して検索結果が表示されるまでの仕組みを見てみましょう。


検索ロボットによるサイト巡回

【検索の立役者「検索エンジン」】

パソコンやスマートフォンから検索サイト上に検索キーワードを入力して検索結果が表示される仕組みは以下の通りです。

検索サイトに検索キーワードを入力し、検索ボタンをクリックします。

ブラウザが検索サイト運営企業のサーバーに検索キーワードを送ります。

サーバー内にある「検索エンジン」と言うプログラムが、ブラウザから送られてきた検索キーワードを含む情報を
 インデックスから探し、一致するWebサイトやSNSの情報があれば、検索結果としてブラウザに送ります。


ブラウザがパソコンに検索一覧を表示します。

この様に実際に検索を行うのは「検索エンジン」と呼ばれるプログラムなのです。

パソコン黎明期の20年前に比べて、今は必要な情報を簡単に素早く見つけ易くなっています。

また最近は、検索キーワードから画像を検索したり、更には手持ちの画像やWebサイト上の画像と同じ画像や類似した画像を検索出来る「画像検索」と言うサービスもあります。

この様に検索が見つけやすくなったり、新たな方法で検索が出来るのは検索エンジンの賢さにあるのです。

その為、検索サイト運営企業は独自の検索エンジンを開発したり、他の検索サイト運営企業が開発した検索エンジンを利用したりします。

望みの情報が素早く見つかるか否かは、検索ロボットの日々のインターネットの巡回だけで無く、検索エンジンの賢さも重要なのです。


検索の仕組み

【素早い検索はインデックスの賜物】

検索サイトの検索ボタンを押して直ぐに検索結果が表示されるのは、一つは先程もお話ししました様に検索ロボットの日々の活動や検索エンジンの賢さですが、根本的な理由は、検索ロボットが持ち帰ったWebページやSNSなどのコピーからキーワードを抽出してまとめたインデックス情報、つまり目次情報の賜物なのです。

この事を図書館を例に考えてみましょう。

膨大な蔵書を抱える図書館を歩き廻り、読みたい本を探すのは時間も手間もかかりますが、受付の蔵書カードから探してもらうと直ぐに見つけられます。

これは本の書名と保管場所を蔵書カードに記録している為で、これと同じ様に検索サイト運営企業も、検索ロボットが持ち帰ったWebサイトやSNS、ブログのコピーから、Webサイト名やアドレスを整理した見出し情報を持ち、、検索エンジンがそこから望む情報を検索する為に素早く検索出来るのです。


インデックスで素早い検索

【ネット上のある・なしは検索サイト運営企業の匙加減次第】

インターネット上に散らばるWebサイトやSNSは、検索サイト運営企業によって見つけられる事で検索結果としてパソコンやスマートフォンなどに表示されます。

つまり裏を返せば、例えインターネット上に存在しているWebサイトやSNSであっても、検索ロボットに拾って貰わなければ検索結果として表示されず、事実上インターネットには存在しないも同然になってしまうのです。

例えば極内輪の仲間同士だけで利用されるWebサイトは、不特定多数にその存在を知られるのを防ぐ為に、敢えて検索ロボットに拾われるのを拒否する設定をWebサイトに設定している場合があります。

また以下の様なWebサイトは、検索サイト運営企業が敢えて検索結果に表示させない場合があり、これらも事実上インターネット上に存在しないも同然となってしまいます。

・検索結果に表示させるのにに相応しくないと判断したWebサイト(最近では児童ポルノサイト)

・検索結果の上位に表示したい為に、検索サイトのルールに反する作りをしているWebサイト。


一頃ネット上で目にした言葉に「Google八分」と言うものがありますが、これは正にGoogleの判断で検索結果に表示させない措置なのです。

インターネットの世界には新聞のTV・ラジオ番組欄の様な情報は存在しな為、インターネット上にどんな情報が在るのかは全て検索サイト運営企業の匙加減一つにかかっているのです。

また、新規に開設したばかりのWebページやブログ、FACEBOOKは、検索ロボットに見つけられるまでは検索結果に表示されるまでに暫く時間がかかります。

この事は非常に重要な事であって、Webサイトやその他の情報がネット上に存在するか否かは検索サイト運営企業により、どの様にでも情報操作が出来てしまうと言う事でもあるのです。

また最近は、この事を逆手に取った「ダークWeb」と言うWebサイトも存在しています。

ダークWeb」とは、検索サイト運営企業の検索ロボットに拾われる事が無い闇のインターネット空間で、そこには薬物や不正に入手したクレジット番号、武器、インターネット犯罪用のソフト、ポルノ動画など、怪しく危険な物の売買情報を掲載した闇のWebサイトが幾つも存在しています。

また、ダークWebにアクセスするには「Tor(トーア)」と言うブラウザが必要です。

その理由は「Tor」と言うブラウザ自体が、アクセス先のWebサイトや掲示板などへ何処の誰がアクセスして来たのかと言う情報を暗号化する事で、身元を特定され難いと言う特徴がある為です。

また、独自の検索エンジンが幾つか存在し、Torによる闇のWebサイトの検索を可能にしています。


2018年10月19日追記:

今年の1月、コインチェックと言う仮想通貨取引所から「NEM(ネム)」と言う仮想通貨580億円が何者かによって不正に盗まれた事件は記憶に新しいところですが、犯人は盗んだNEMをダークWebの闇サイト上で他の仮想通貨と交換する形で売買していた事が判明しています。

ダークWebでの売買の為、犯人の身元は未だに判明して無く、おそらく犯人を突き止めるのは困難かと思います。


ネット八分

【キャッシュとは?】

検索結果を見ると、下の方に小さい文字で「キャッシュ」と言うのがあります。

先程のお話しで、クローラーがインターネット上を巡り、WebページやSNSなどのコピーを持ち帰るとお話ししましたが、この持ち帰ったコピー自身がキャッシュなのです。

パソコンやスマートフォンに表示される検索結果一覧には、該当するサイトやSNSのタイトルや概略説明などが表示されますが、これはキャッシュの情報を元にしているのです。

言って見ればキャッシュは、クローラーが収集した時点のWebページやSNSそのものと言う事になります。

しかし、インターネットは栄枯盛衰が激しい世界。

クローラーが次にインターネット上を探し回るよりも前に以下の様な事があると、検索結果をクリックしても別の情報に変わっていたり、Webサイトそのものが見れなくなってしまいます。

WebサイトやSNS上の情報が新しい情報に入れ替わる。

WebサイトやSNSが閉鎖する。

WebサイトやSNSが移転する。

こんな時に重宝するのがキャッシュです。

上記の様な事が起きた後に該当するWebサイトを検索ロボットが巡回していなければ、キャッシュには上記の事が起きる以前の情報を見る事が出来ます。


キャッシュ・デカ

【検索上位に表示する為の手法、SEO】

検索結果が表示されると検索一覧には該当するWebサイトが一覧で縦に表示され、ページの下には1から横並びに数字が表示されます。

この数字は1つの検索一覧を1ページとしたページ数です。

しかし1ページの検索一覧だけでもかなりの検索結果が表示される為、大抵の方は2ページや3ページ迄の検索一覧しか見ないと思います。

この事はWebページやSNSを重要な広告媒体と捉えている企業に取っては重要な問題なのです。

企業はコストが余りかけずに全世界に情報を発信出来る手段としてWebページやSNSを利用している為、自社のWebページやSNSが検索一覧の1ページ目の上位に表示される事こそが自社をアピールする効果が高いと捉えています。

しかし検索サイトは独自のルールに基づいて検索結果の表示順位を決めているのですが、当然の事ながら、このルールは非公開としています。

何故ならば、万一、ルールが公開されてしまえば、自分のWebサイトを上位に表示しようとする不正が起こり、公平なランク付けが出来無くなる為です。

そこで登場して来たのが、「SEO」と呼ばれる業者です。

SEOとはSearch Engine Optimaizationの頭文字を取ったもので、「検索エンジン最適化」と呼ばれます。

SEOとはは検索サイトのランク付けのルールを色々な手法を使って予測・研究し、Webサイトを検索一覧の1ページ目の上位に表示する手法です。

SEO業者は、検索一覧の1ページ目の上位に表示させたい事を望む企業からSEOを業務として請け負うのです。

しかし、検索サイト運営企業はSEOを公平なランク付けを阻害する行為と捉えている為、検索サイト運営企業は頻繁にランク付けのルールを変更しています。

また、検索上位をあからさまに狙った作りのWebサイトは、検索サイトによって評価を下げられる事があります。

結果的に検索一覧の順位が大幅に下がったり、2ページ目以降のページに移動されたりします。

SEO」と言う言葉で検索すると多くのSEO業者が存在するのが分かりますが、それだけ市場性があり、需要がある証と言えます。

企業に取ってSEO業者は、自社のWebサイトの検索順位を上げてくれる大事なパートナーでしょうが、検索サイトの公正な評価によるランク付けと言う視点から見ると、金を払って検索順位を上げる事が正しい行為なのかについては甚だ疑問です。

何故ならば、SEO業者に費用を支払える企業や組織だけが検索結果の上位に表示され、その分、それ以外のWebページは相対的に順位が下がってしまい、公平とは言えないからです。


SEO

ブログランキングに参加しています!
ランクアップに御協力下さる方は、下のアイコンをクリック願います!



Microsoft Officeランキング

訪問型パソコンサービス「誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を以下の3つのサービスで対応致します!

パソコン設定サービスパソコンやインターネットの設定が分からない方に!

ピンポイントレクチャーパソコンやワード、エクセルのここだけを知りたい方に!

訪問パソコンレッスン一からパソコンやワードを身に付けたい方に!

当ブログ管理人である、私が御客様の元へ直接御伺いし、対応させて頂きます!

詳しくは、こちらのWebサイトをご覧ください!
スポンサーサイト
[ 2017/04/04 18:23 ] パソコン/ITの仕組み | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darenidemo.blog.fc2.com/tb.php/52-5de95139