【当ブログ管理人からのお知らせ】


訪問型パソコンサービス「誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を解決します。

以下の3つのサービスでパソコンのお困り事にお応えします。

サービス1<パソコン設定サービス>
パソコンの初期化やインターネットの接続、プリンターの接続など、面倒で手間が掛かる作業を行います。

サービス2<ピンポイントレクチャー>
「パソコンについてここだけを知りたい」
「ワード・エクセルは使った事が無いが簡単な文書や集計表を作る方法だけを知りたい」
「デジカメ写真をDVDに保存する方法を知りたい」
等の様なピンポイントな御要望についてレクチャー致します。

サービス3<訪問パソコンレッスン>
パソコンやワード、エクセル、パワーポイント、アクセス等について一から身に付けたい方の為のマンツーマンレッスンです。
パソコン教室の様な授業回数や期限は設けず、納得頂けるまでレッスンを受けて頂けます。

パソコン教室、カルチャースクールでパソコン講師を務めた経験のある当ブログ管理人が、御客様の元へお伺いし、上記3つの
サービスでパソコンのお困り事を解決致します。(サービスエリアは、東京・神奈川です!

「誰にでもパソコン」の詳細は、こちらのホームページを御覧下さい。(当ブログ管理人プロフィールも掲載しております)



PC教室では教えない豆知識:セキュリティーソフトは大切!(その3)

第3回となるネットセキュリティーのお話しですが、今回はインターネット以外のウイルス侵入ルートやマルウェア、そして最後にインターネット利用の心得についてお話しします。

それでは、続きをどうぞ!
【インターネット以外にもあるパソコンウイルスの侵入ルート】

これまでパソコンウイルスやネット犯罪から身を守る為にセキュリティーソフトの重要性をお話しして来ましたが、それでもこんな事を考えてはいませんか?
自分のパソコンはインターネットに接続してないからセキュリティーソフトなんて要らないでしょ」と。

パソコンウイルスはインターネット経由だけで無く、以下の様な色々なルートからパソコンに侵入しようとするんですよ。

・USBメモリ/SDカード等のメモリ媒体
・CD/DVD/ブルーレイ等のディスク媒体
・複数のパソコンを共有接続しているコンピューターネットワーク


特に最近はUSBメモリからのウイルス侵入が多いんです。

自分のUSBを他人のパソコンに挿す事って結構あると思いますが、もしそのパソコンがウイルスに感染していた場合、そのパソコンからUBSメモリがウイルスに感染してしまいます。

そして、その感染したUSBメモリを介在して色々なパソコンにウイルスの感染が広がってしまうのです。

また、最近の企業は社員一人に1台のパソコンがあり、それぞれのパソコンがネットで共有接続されている環境では、1台のパソコンがウイルスに感染すると、あっと言う間に他のパソコンにウイルスが感染する危険性があります。

なので、パソコンがインターネットに接続していなくても、パソコンに必ずセキュリティーソフトを入れる事が重要なんです。
【ウイルス以外にもあるネット脅威いろいろ】

クラッカー達が仕掛けるネット脅威と言えば、まず思い浮かぶのがパソコンウイルスではないでしょうか?

ウイルスと言っても菌や微生物では無く、その正体はプログラムですが、クラッカー達はウイルス以外にも以下の様な色々な危険なプログラムを作り、個人情報や金銭を騙し取ろうとしています。

そこで最近ではウイルスも含めたこれら脅威となるプログラムをひっくるめて「マルウェア」と呼んでいます。

・ワーム:ウイルスの一種ですが、一般的なパソコンウイルスとは異なり、宿主(寄生相手)を必要とせずに自己増殖します。

・トロイの木馬:パソコン内部に侵入後、バックドアと言う裏口を設けてパソコンを遠隔操作したり、IDやパスワード、データーなど
         を盗んだりします。

・キーロガー:侵入したパソコンのユーザーが入力した情報を記録し、クラッカーへ送信し、IDやパスワード、クレジット番号等を
        盗み出します。

・スパイウェア:侵入したパソコンユーザーのサイト閲覧履歴や個人情報を収集し、業者はその情報を元にスパムメールを送信
         して来ます。

・ボット:クラッカーの指令一つでパソコンを遠隔操作させるマルウェアですが、ボットの恐ろしい点は、膨大な数のパソコンに感染
     してネットワークを作り、クラッカーの指令一つでそれら複数のパソコンが一斉に他のパソコンやコンピュータを攻撃した
     り、大量のスパムメールを送信したりする事です。

     クラッカーの指令一つで自由自在に操られる事から、ボットに感染したパソコンをゾンビPC、そしてゾンビPCで構成され
     たネットワークをゾンビネットと呼びます。

     現実に、この世の中にはセキュリティーが甘いパソコンが知らない間にゾンビPCの一員にされ、他のパソコンや
     コンピューターへの攻撃の土台にされているのです。

・ランサムウェア:パソコンや外付けハードディスクに保存されている画像や文書、音声等のファイルに暗号をかけ、ファイルを
           開けれなくしてしまい、暗号解除の為の身代金を要求するメッセージを表示します。

【”闇”の部分を知ってこそ安全に使えるインターネット】

これまでのお話しを御覧になり、「インターネットは危なくて怖い世界」と誤解し、インターネットを使わなくなってしまっては本末転倒です。

インターネットには安全な場所もあれば、危険な場所もあるのです。

スラム街や犯罪多発エリアの存在を知らずに闇雲に街を歩いたら犯罪に巻き込まれ易くなるのと同じく、インターネットの表だけでなく、”闇”の部分も知ってこそ安全で楽しくインターネットを利用出来るのです。

人が多く集まる場所ほど、悪意を持った輩が犯罪を画策するのと同じく、多くの人が集まるインターネット空間も悪意を持った輩たちにとっては格好の犯罪空間でもあるのです。

しかし恐れる事はありません。

要は危険な場所には立ち入らず、強いセキュリティー意識を持ち、しっかりしたセキュリティー対策を施しておけばインターネットは楽しく、便利な世界なのです。

【最後に】

3回に渡ってお話しして来ましたインターネットセキュリティーですが、最後のまとめとして、これだけは守って欲しいネットセキュリティーの心得を記します。

その1:パソコンにセキュリティーソフトが入って無かったり、期限切れの場合は、今すぐにでもセキュリティーソフトを入れま
     しょう。

その2:決してネットセキュリティーの重要性を軽視せず、常に危機意識を持ちましょう。

その3:セキュリティーを施さないと「他人にも迷惑や損害を掛けてしまい、自分自身も加害者になってしまうリスクがある」と言う
     事を常に意識しましょう。

その4:OSやソフトの更新情報を常に把握し、更新は直ぐに行いましょう。

その5:射幸心を煽るサイトにはリスクが潜む確率が高いので、アクセスには十分に注意しましょう。

その6:IDやパスワード入力を要求するメールはフィッシングの可能性が高いので、発信元にメール送信の有無を確認しま
     しょう。

その7:出所不明のソフト(特にゲーム)をダウンロードしたり貰ったりするのはやめましょう。

その8:ネットニュースやセキュリティー会社のネット犯罪ニュースは常にチェックし、被害者にならない様に気を付けましょう。

その9:サイト上で「あなたのPCはウイルスに感染しています」等のメッセージや声が出て、セキュリティーソフトの購入や
     電話連絡を促された場合は、ほぼ間違いなくインチキですので無視しましょう。

その10:サイトからダウンロードした無料ソフトをインストールする時、同時にインストールされるソフトが無いかを確認しましょう。

      おまけソフトは大抵、ブラウザ起動時のサイトを変更したり、スパイウェアの可能性があり、悪質なソフトの場合はブラウ
      ザ起動時のサイト変更を出来なくしたり、ソフト自体の削除方法が不明な場合があります。

その11:Eメールの添付ファイルはむやみに開かず、メール送信元に確認しましょう。

その12:IDやパスワードは同じものを使いまわさず、御利用されるネットサービス毎に異なるものを使いましょう。

その13:IDやパスワードは推測され易い組み合わせは避け、アルファベットと数字と記号を組み合わせたものにしましょう。

その14:月に一度は、セキュリティーソフトのスキャン機能を使って、パソコン内部にマルウェアが潜んでいないかを確認しま
      しょう。

ブログランキングに参加しています!
ランクアップに御協力下さる方は、下のアイコンをクリック願います!


訪問型パソコンサービス「誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を以下の3つのサービスで対応致します!

パソコン設定サービスパソコンやインターネットの設定が分からない方に!

ピンポイントレクチャーパソコンやワード、エクセルのここだけを知りたい方に!

訪問パソコンレッスン一からパソコンやワードを身に付けたい方に!

当ブログ管理人である、私が御客様の元へ直接御伺いし、対応させて頂きます!

詳しくは、こちらのWebページをご覧ください!
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darenidemo.blog.fc2.com/tb.php/58-8501373b