【当ブログ管理人からのお知らせ】


訪問型パソコンサービス「誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を解決します。

以下の3つのサービスでパソコンのお困り事にお応えします。

サービス1<パソコン設定サービス>
パソコンの初期化やインターネットの接続、プリンターの接続など、面倒で手間が掛かる作業を行います。

サービス2<ピンポイントレクチャー>
「パソコンについてここだけを知りたい」
「ワード・エクセルは使った事が無いが簡単な文書や集計表を作る方法だけを知りたい」
「デジカメ写真をDVDに保存する方法を知りたい」
等の様なピンポイントな御要望についてレクチャー致します。

サービス3<訪問パソコンレッスン>
パソコンやワード、エクセル、パワーポイント、アクセス等について一から身に付けたい方の為のマンツーマンレッスンです。
パソコン教室の様な授業回数や期限は設けず、納得頂けるまでレッスンを受けて頂けます。

パソコン教室、カルチャースクールでパソコン講師を務めた経験のある当ブログ管理人が、御客様の元へお伺いし、上記3つの
サービスでパソコンのお困り事を解決致します。(サービスエリアは、東京・神奈川です!

「誰にでもパソコン」の詳細は、こちらのホームページを御覧下さい。(当ブログ管理人プロフィールも掲載しております)



ちょっと便利なパソコンの小ワザ:Word2010、2013で昔のワードアートを使う方法!

【昔のワードアートを復活する小ワザ】

今回はWord2010やWord2013で昔のワードアートを復活する小ワザをご紹介します。

Word2010以降、ワードアートは変更され、そっけないものになってしまいました。

しかしこれからご紹介する小ワザを使えば、Word2010以降のWordでも以前のワードアートを使えるのです。

それでは続きをどうぞ。
【表現力が多彩だった以前のワードアート】

Word2007までのワードアートは、今のワードアートに比べて以下の様な特徴があり、大変に重宝しました。

・特徴1:25種類の基本デザインがある。

25種類の基本デザイン


・特徴2:文字の縦と横を別々に拡大/縮小が出来る。

縦・横、独立したサイズ変更が可能


・特徴3:文字の奥行の表現が出来る。

奥行表現が可能


・特徴4:文字の形状を変更出来る。

形状変更が可能



・特徴5:画像やテクスチャー、パターンを張り付ける事が出来る。

画像を張り付けたワードアート

この様に以前のワードアートは、今のそっけないワードアートに比べて多彩な表現機能を持っていました。
【この小ワザで以前のワードアートが使える】

それでは、Word2010以降のWordで以前のワードアートを使う小ワザをご紹介します。

それは、Wordを起動後に、ALTキーを押した後にIPWと入力するだけです。

この時、日本語入力モードは全角でも半角でも、どちらでも構いません。

また、ALTキーを押したままで無く、ALTキー、I、P、Wの順にキーを押します。

この操作で以下の様なワードアートギャラリーが表示されますので、お好きなワードアートデザインをクリックします。

25種類の基本デザイン

【以前のワードアートでの文字装飾の方法】

ワードアートギャラリーからワードアートデザインを選択すると、以前のワードアート用のリボンが表示されます。

それでは、ワードアートの機能や以前のワードアート用のリボンを使ってワードアートの文字装飾をしてみましょう。

①文字の拡大
ワードアートをクリックして青いハンドルをドラッグすると縦・横・斜め別々にサイズ変更が出来ます。

また、緑のハンドルはワードアートの回転ですが、ハンドルをドラッグする時にマウスカーソルをワードアートから遠い程、ゆっくりと回転出来、近い程早い回転になります。

更に、黄色いハンドルはワードアートのデザイン毎に文字の傾きや文字の端のサイズ変更など、色々な機能があります。

サイズ変更


②奥行きを変える
ワードアートを選択し、「書式」タブをクリックすると、以下の画像の様にワードアート専用のリボンに切り替わります。

ここから「3D効果」をクリックし、メニューから「奥行」をクリックし、更に奥行のサイズをクリックすると奥行きを変更出来ます。

この時、奥行のサイズにマウスカーソルを合わせると奥行きが変わるので、好みの奥行が決まったらクリックすると便利です。


リボン


③形状を変える

ワードアート用リボンから「形状」をクリックすると、ワードアートの形を変更出来ます。

この時形状のサンプルにマウスを合わせるだけでワードアートの形が変わるので、形が決まってからクリックすると便利です。


形状の変更


④ワードアートのデザインを変更する

ワードアート用リボンにある下の画像の様な「ワードアートのスタイル」をクリックすると、既に作成済みのワードアートのデザインを変更出来ます。

ワードアートのスタイル


⑤ワードアートの傾き

ワードアート用リボンにある下の画像の様なボタンをクリックすると、ワードアートを前後左右に傾ける事が出来ます。


ワードアートの傾き


⑥ワードアートの編集

ワードアート用リボンにある「テキストの編集」をクリックすると、下の画像の様な「ワードアート テキストの編集」が表示され、
文字の編集、フォントや文字サイズの変更、太字や斜体の設定が出来ます。


ワードアート テキストの編集

【以前のワードアートを使った文字装飾の一例】

最後に、ワードアートを使った表現例として私が作ったチラシ、ポスター、ハガキを御覧下さい。

因みにワードアート以外の部分は、クリップアート(分解したクリップアートを含む)やオートシェイプのみで作っています。

<チラシ/ポスター>

①広告
ワードアートの形状変更機能を使い、流れる様な動きを表現しています。

ガム広告


②映画ポスター
奥行のある英文をワードアートで表現しています。

映画ポスター


③チラシのポップ文字
ワードアートを使えば、スーパーのチラシや店頭で見かけるポップ文字も表現出来ます。

チラシのポップ文字


④バレー公演ポスター
ワードアートの形状変更の機能を使って、ポスター内の文字に奥行と動きを表現しています。

バレーポスター


<年賀状/暑中見舞いハガキ>

①ネズミ年の年賀状:
FOX映画のオープニングを模した、重厚で立体感のある文字をワードアートで表現しています。

更にねずみの銅像の土台の文字もワードアートの傾きで文字を左方向に傾け、形状変更の機能で文字をアーチ状にしています。

ねずみ年の年賀状


②暑中見舞いハガキ(その1)
ワードアートを使い、文字と影で夏のイメージを表現しています。

暑中見舞いハガキ


③暑中見舞いハガキ(その2)
こちらもワードアートを使い、文字と影で夏を表現しています。

暑中見舞いハガキ2


④暑中見舞いハガキ(その3)
ハガキ上部のタイトルと横断幕の文字をワードアートで表現しています。

暑中見舞いハガキ3


⑤水のキューブに入った夏の風物詩
水のキューブに張り付いた文字をワードアートで表現しています。

水のキューブに入った夏の風物詩


⑥桜前線北上中
タイトル文字をワードアートで表現しています。

桜前線北上中

以前のワードアートを使うもう一つの方法としては、ワードの文書の種類を「Word97-2003文書」で保存すると言うのもあるのですが、この方法ですとWord2007以降のWordが持つ新機能が使えなくなりますので、余り御勧め出来ません。

今のWordのワードアートはデザインや表現力は乏しい為、今回ご紹介した裏ワザで以前のワードアートを使い、色々な表現を
試してみて、見栄えの良い文章にしてみては如何でしょうか。
ブログランキングに参加しています!
ランクアップに御協力下さる方は、下のアイコンをクリック願います!


訪問型パソコンサービス「誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を以下の3つのサービスで対応致します!

パソコン設定サービスパソコンやインターネットの設定が分からない方に!

ピンポイントレクチャーパソコンやワード、エクセルのここだけを知りたい方に!

訪問パソコンレッスン一からパソコンやワードを身に付けたい方に!

当ブログ管理人である、私が御客様の元へ直接御伺いし、対応させて頂きます!

詳しくは、こちらのWebページをご覧ください!
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darenidemo.blog.fc2.com/tb.php/61-a49246ae