【当ブログ管理人からのお知らせ】


訪問型パソコンサービス「誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を解決します。

以下の3つのサービスでパソコンのお困り事にお応えします。

サービス1<パソコン設定サービス>
パソコンの初期化やインターネットの接続、プリンターの接続など、面倒で手間が掛かる作業を行います。

サービス2<ピンポイントレクチャー>
「パソコンについてここだけを知りたい」
「ワード・エクセルは使った事が無いが簡単な文書や集計表を作る方法だけを知りたい」
「デジカメ写真をDVDに保存する方法を知りたい」
等の様なピンポイントな御要望についてレクチャー致します。

サービス3<訪問パソコンレッスン>
パソコンやワード、エクセル、パワーポイント、アクセス等について一から身に付けたい方の為のマンツーマンレッスンです。
パソコン教室の様な授業回数や期限は設けず、納得頂けるまでレッスンを受けて頂けます。

パソコン教室、カルチャースクールでパソコン講師を務めた経験のある当ブログ管理人が、御客様の元へお伺いし、上記3つの
サービスでパソコンのお困り事を解決致します。(サービスエリアは、東京・神奈川です!

「誰にでもパソコン」の詳細は、こちらのホームページを御覧下さい。(当ブログ管理人プロフィールも掲載しております)



PC教室では教えない豆知識:他人事では済まない身代金ウイルス「ランサムウェア」

「ランサムウェア」と言う言葉を知ってますか?

最近TVでも目にするようになって来たので、聞いた事がある方も多いと思います。

ランサムウェアとは、身代金ウイルスとも呼ばれる新種のウイルスです。

パソコンの中のファイルを開けない様にしたり、スマートフォンを使用不能にして、元に戻す為の金銭を要求するウイルスです。

新種とは言えパソコンでは去年から猛威を振るい、今ではスマートフォンにまで被害が拡大しつつある恐ろしいウイルスです。

今回は、他人事では済まないランサムウェアについてお話しします。

それでは続きをどうぞ。
【ある日突然、ファイルが開けなくなる恐怖】

以下のケースは決して仮想でもドラマでも希な事でも無く、いつ遭遇してもおかしくない、現実に起きている出来事なのです。

あなたがこのアクシデントに遭遇したらどうしますか?

<ケース1:パソコンの場合>

メールの添付ファイルを開いた所、突然パソコン画面に下の画像の様なメッセージが現れる。

半信半疑でスタートメニューの「コンピュータ」からファイル一覧を見ると、全てのファイルのアイコンに南京錠のマーク付いていて、

Wordの文書ファイルもExcelの表もデジカメ写真も動画も何もかもが開けなくなってしまった。

パソコンのランサムウェア画像
※この画像は実際の画像では無く、イメージ画像です。


<ケース2:スマートフォンの場合>
インターネット掲示板のリンク先から課金ゲームを無料で遊べる様にするアプリをダウンロードした所、突然、液晶画面に下の画像
の様なメッセージが現れる。

慌ててホームボタンを押しても画面はホーム画面に戻らず、「次へ」ボタンを押す以外は端末がロックされてしまい、一切の操作が
出来なくなってしまった。

スマフォのランサムウェア(イメージ)
※この画像は実際の画像では無く、イメージ画像です。

以上2つのケース共に元の状態に戻す見返りに金銭を要求する非常に悪質なウイルスです。
※決済手段には犯罪者の特定を困難にする為にiTunesギフトカードや仮想通貨のBitCoin使うのが特徴です。
【被害者の心理を巧みに利用する手口】

従来のウイルスは被害者に気付かれない様に密かに犯罪を犯すタイプでしたが、ランサムウェアは感染の事実と被害の実態が
あからさまに分かる新しいタイプのウイルスです。

そしてランサムウェアは、金銭を騙し取る為に被害者の心理を巧妙に利用する手口が特徴です。

手口1)支払いを躊躇しない程度の身代金を要求

企業をターゲットとしたランサムウェアは別として、一個人がターゲットのランサムウェアは比較的に低額な身代金を要求します。

その為、「この程度の金でファイルが元に戻るのならば」と支払いに応じてしまうのですが、決してファイルは元に戻りません。


手口2)二度と戻らないと言う心理を利用

Wordの文書やExcelの表は例え失っても、もう一度作り直せば良いですが、想い出の写真や動画は一度失ってしまえば二度と
戻す事は出来ません。

犯人は被害者の「何としてでも取り戻したい」と言う心理を巧妙に利用し、身代金を支払わせようとします。


手口3)データーバックアップ意識の低さを逆手に取る

パソコンのハードディスクには寿命がある為にファイル消失に備えてバックアップを取っておくべきなのですが、殆どの方はバック
アップは取っていないのが現実です。

ましてやスマートフォンに至っては皆無に近いでしょう。

犯人はこうした現状を踏まえた上で身代金を要求する為に、支払いに応じる可能性が高いと踏んでいるのです。


手口4)セキュリティー意識の低さを逆手に取る
パソコンやスマートフォンにセキュリティーソフトを入れずにインターネットを利用している人は残念ながら未だに多くいます。

それは「自分はウイルスの被害は遭わないだろう」とか「パソコンやスマートフォンに何も変化が無いから大丈夫」の様な楽観的な
考えが蔓延している為です。

犯人はこの現状を利用し、被害の拡大を目論んでいるのです。
【ランサムウェアの対処法】

ランサムウェアに対処する為には、日頃から以下の点を心掛ける事が大切です。

1)ファイルのバックアップ

日頃からファイルをバックアップして置く事は、万一ランサムウェアの被害に遭遇してもパソコンやスマートフォンを初期化してから
バックアップファイルを戻せば実質的な被害は無く、最も有効な対処法になります。

また先程もお話ししましたが、パソコンのハードディスクには寿命があり、更に落雷やパソコンの落下、紛失等でハードディスク内のファイルを失う事もあるので、日頃からファイルのバックアップを心掛けるのはデジタル情報機器を扱う上で基本中の基本です。

パソコンの場合、通常のバックアップは外付けのハードディスク等でも良いのですが、ランサムウェアに感染すると、外付けハード
ディスク内のファイルも暗号化される為、バックアップはCDやDVD、ブルーレイ等のディスク媒体が最適です。
※SDカードやUSBメモリは、静電気による破壊、端子部分の物理的な破壊でファイルが読みだせなくなる場合があるので、
  永久保存やバックアップには適していません。


特にスマートフォンには思い出の写真や動画が保存される事が多いので、日頃からのバックアップを心掛けましょう。


2)身代金は絶対に払わない

万一、ランサムウェアの被害に遭っても絶対に身代金は支払ってはいけません。

被害者心理としては金で解決出来ればと支払いがちですが、身代金を支払ってもファイルの暗号化は解除してくれませんし、
スマートフォンのロックも解除してくれません。

支払いに応じてしまう事により美味しいカモとされ、更なる被害に遭うリスクを負う事にもなりかねません。

更に騙し取った金銭が新たな犯罪資金として利用される危険性もあり、間接的に犯罪に協力する事になってしまうのです。

万一、ランサムウェアに感染してしまったら、お近くの警察に相談する事が最良です。


3)セキュリティー対策を必ず行う

ランサムウェアに限らず様々なウイルスやマルウェアの格好のターゲットとは、ずばりセキュリティー対策がされてない又は不十分
なパソコンやスマートフォンです。

その為、日々以下の様なセキュリティー対策を実践しましょう。

・パソコンやスマートフォンには必ずセキュリティーソフトを入れる。
・セキュリティーソフトの期限が切れたら直ぐに入れ直す。
・所在不明や射幸心を煽るソフトやアプリは疑ってかかり、無暗にインストールやダウンロードをしない。
・パソコンやスマートフォンに入っているソフトやアプリのバージョンアップは必ず行う。
・OSの更新は必ず行う。
・時々、パソコン内部のウイルスチェックをセキュリティーソフトで行う。
・メールの添付ファイルは安易に開かず、送信元に確認する。
・Webページ上の射幸心を煽るリンクは無暗にクリックしない。

※スマートフォンの場合、アプリはアップルストアやGooglePlay、携帯事業者の公式アプリサイト以外からの入手はやめましょう。
  特にAndroidスマートフォンのアプリはウイルス入りのアプリがネット上に氾濫していますので、注意が必要です。



4)添付ファイルは安易に開かない

パソコンの場合、ランサムウェアの感染経路で一番多いのは添付ファイルを開く事です。

添付ファイルを開く前に、メールの送信元に対してその様な添付ファイルを送ったかを確認しましょう。

特定の企業にウイルスを侵入させる標的型攻撃と言うのもウイルスを添付メールとして送信し、安易に添付メールを開く事で企業内のあらゆるパソコンにまでウイルスが感染し、情報流出などの大きな被害が頻発しています。
【これを機会にセキュリティー意識を持ちましょう】

従来のウイルスやマルウェアは密かに潜航して被害を与えるタイプな為、自分に被害が及んでいると言う実感が掴み難いのですが、ランサムウェアは明確に被害が分かるウイルスです。

この新しいタイプのウイルスの出現はインターネットを利用する私たちにとっては大変に大きな脅威ですが、逆にこの事により
セキュリティー意識を一人でも多くの方が持つきっかけになれば、「災い転じて福となす」でもあります。

日本はパソコンやインターネット、スマートフォンの急激な普及によりネット大国ではあるものの、その反面、ネットセキュリティーの
意識を持ち、セキュリティー対策を施している人は圧倒的に少ないのが現状です。

ネット犯罪者はこの様な杜撰な現状に付けこみ、日本人をターゲットとしたネット犯罪を虎視眈々と狙っているのです。

ネット犯罪の最大のターゲットはセキュリティー対策が施されて無かったり、不十分なパソコンやスマートフォンです。

「自分は大丈夫」とか「何も変わった事は無いから大丈夫」等と楽観視せず、高い危機意識とセキュリティー意識を持ち、上の3)に記したセキュリティー対策を日々実践しましょう。

ブログランキングに参加しています!
ランクアップに御協力下さる方は、下のアイコンをクリック願います!


訪問型パソコンサービス「誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を以下の3つのサービスで対応致します!

パソコン設定サービスパソコンやインターネットの設定が分からない方に!

ピンポイントレクチャーパソコンやワード、エクセルのここだけを知りたい方に!

訪問パソコンレッスン一からパソコンやワードを身に付けたい方に!

当ブログ管理人である、私が御客様の元へ直接御伺いし、対応させて頂きます!

詳しくは、こちらのWebページをご覧ください!
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darenidemo.blog.fc2.com/tb.php/65-529083ec