【当ブログ管理人からのお知らせ】


訪問型パソコンサービス「誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を解決します。

以下の3つのサービスでパソコンのお困り事にお応えします。

サービス1<パソコン設定サービス>
パソコンの初期化やインターネットの接続、プリンターの接続など、面倒で手間が掛かる作業を行います。

サービス2<ピンポイントレクチャー>
「パソコンについてここだけを知りたい」
「ワード・エクセルは使った事が無いが簡単な文書や集計表を作る方法だけを知りたい」
「デジカメ写真をDVDに保存する方法を知りたい」
等の様なピンポイントな御要望についてレクチャー致します。

サービス3<訪問パソコンレッスン>
パソコンやワード、エクセル、パワーポイント、アクセス等について一から身に付けたい方の為のマンツーマンレッスンです。
パソコン教室の様な授業回数や期限は設けず、納得頂けるまでレッスンを受けて頂けます。

パソコン教室、カルチャースクールでパソコン講師を務めた経験のある当ブログ管理人が、御客様の元へお伺いし、上記3つの
サービスでパソコンのお困り事を解決致します。(サービスエリアは、東京・神奈川です!

「誰にでもパソコン」の詳細は、こちらのホームページを御覧下さい。(当ブログ管理人プロフィールも掲載しております)



ちょっと便利なパソコンの小ワザ:パソコンを育ててスイスイ変換!(後半)

前回は、パソコンでスラスラと効率の良い文字変換をする為のポイントとして、以下の2つをお話ししました。

1)カタカタ変換はF7キーを使わず、スペースキーで変換できます。

2)変換する時は、細切れに変換するのでは無く、入力した文字を一括して変換すると間違い変換が少なります。


更にパソコンには学習機能があり、間違い変換した時に直す度に学習して行き、パソコンを使う人に合った変換をする様になると
言う事もお話ししました。

今回は、パソコンを学習させる為の具体的な方法として、一括変換をする時の間違い変換の修正の方法についてお話しします。

それでは、続きをどうぞ!
【パソコンを育てて自分好みの変換をさせる方法】

パソコンが自分好みの変換をする様になるには、間違い変換をした時に地道に正しい文字に変換してあげて、自分に合った変換をパソコンに学習させる事です。

言って見ればパソコンを使う側がパソコンを育てると言う事です。

では、パソコンが学習する為のポイントは何でしょうか?

それは前回もお話ししましたが、細切れに変換せずに一括変換をして、間違い変換があればその都度修正すると言う事です。

では以下に一括変換をする場合の間違い変換の修正方法についてお話します。

入力した文章を変換すると下線が付きますが、その中でも太い下線が付く文字はスペースキーで再変換が可能です。

しかし、変換を修正したい文字に太い下線が付いて無かったり、変換したい文字の一部にしか太い下線が付かない場合があります。

この様な場合、以下の様な方法で下線を伸ばしたり、縮めたり、移動する事で希望する文字の変換を修正する事が出来ます。


1)変換範囲を狭めて修正する方法

「きのうはいしゃにいった」と入力した場合、パソコンは次の2つのいずれかに変換されます。

・昨日は医者に行った
・昨日歯医者に行った


以下は変換後に「昨日は医者に行った」と変換されたとしてお話しします。

これを「昨日歯医者に行った」と変換を修正するには、変換を確定せずに以下の様に修正します。

・SHIFTキーを押したまま左矢印キーを押して「昨日は」の下の太い下線を「昨日」までにかかる様に縮めます。
・変換候補の中の「昨日」を選択し、ENTERキーで変換を確定します。


これでパソコンは、「きのうはいしゃにいった」と言う文字を「昨日歯医者に行った」と変換する様に学習し、以降この様に変換します。

変換範囲を縮めて変換


2)変換範囲を広げて修正する方法:

再び「きのうはいしゃにいった」と入力します。

スペースキーで変化すると、先程の修正でパソコンが学習した為に、「昨日歯医者に行った」と変換されます。

これを「昨日は医者に行った」と変換を修正するには、変換を確定せずに以下の様に修正します。

・SHIFTキーを押したまま右矢印キーを押して「昨日」の下の太い下線を「昨日は」までにかかる様に伸ばします。
・変換候補の中の「昨日は」を選択し、ENTERキーで変換を確定します。


これでパソコンは、「きのうはいしゃにいった」と言う文字を「昨日は医者に行った」と変換する様に学習し、以降はこの様に変換します。

変換範囲を伸ばして変換


3)変換範囲を移動して修正する方法:

「どんなもんだいとじしんたっぷりにじまんした」と入力します。

前回もお話しした様に一括変換するとパソコンは変換する単語の前後の単語から最適な変換候補を選択して変換しますが、自分が望む文字に変換されない場合があります。

この様な場合は、変換を確定せずに以下の様に修正します。

・「問題」を「もんだい」に修正したいので、右矢印キーを押して、「どんな」の太い下線を「問題」の下に移動します。
・変換候補の中の「もんだいと」を選択します。
・「自身」を「自信」に修正したいので、右矢印キーを押して、「もんだい」の太い下線を「自身」の下に移動します。
・変換候補の中の「自信」を選択し、ENTERキーで確定します。


これでパソコンは「どんなもんだいとじしんたっぷりにじまんした」と言う文字を「どんなもんだいと自信たっぷりに変換する様に学習し、以降はこの様に変換します。

変換範囲を移動して変換

【変換修正のポイント】

以上3つの修正方法についてお話ししましたが、これらを組み合わせて変換を修正する場合もあると思います。

3つの修正方法を組み合わせて修正したり、複数個所を修正する場合のポイントは、次の修正箇所がある時は変換候補をリストから選択した後にENTERキーを押さない事です。

つまり全ての修正が終わるまでは変換を確定しないと言う事です。

日頃の習慣でスペースキーを押して変換候補リストから候補を選択するとENTERキーを押してしまいがちですが、全て箇所の修正が完了してからENTERキーを押して変換を確定しましょう。

パソコンが誤った変換をせず、自分好みの変換をする様になるには一朝一夕では出来ず、日頃からの地道な修正が必要です。

とは言え、前回もお話しした様に入力する文章を細切れでは無く一括で変換する事で、パソコンは変換する単語の前後の単語から最適な変換候補を選びますので、誤った変換をする頻度は下がります。

また、そこで多くの間違い変換があったとしても、ポロポロと誤り変換が見つかるよりは一挙に修正が出来、その分パソコンが賢くなると思えば修正も憂鬱では無くなります。

パソコンが間違いをしなくなる位に学習が進んでいる頃には、自分に有った変換をするのが当たり前の様になり、スラスラと快適な文字入力が出来る様になります。
ブログランキングに参加しています!
ランクアップに御協力下さる方は、下のアイコンをクリック願います!


訪問型パソコンサービス「誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を以下の3つのサービスで対応致します!

パソコン設定サービスパソコンやインターネットの設定が分からない方に!

ピンポイントレクチャーパソコンやワード、エクセルのここだけを知りたい方に!

訪問パソコンレッスン一からパソコンやワードを身に付けたい方に!

当ブログ管理人である、私が御客様の元へ直接御伺いし、対応させて頂きます!

詳しくは、こちらのWebページをご覧ください!
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darenidemo.blog.fc2.com/tb.php/71-021c8955