【当ブログ管理人からのお知らせ】


訪問型パソコンサービス「誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を解決します。

以下の3つのサービスでパソコンのお困り事にお応えします。

サービス1<パソコン設定サービス>
パソコンの初期化やインターネットの接続、プリンターの接続など、面倒で手間が掛かる作業を行います。

サービス2<ピンポイントレクチャー>
「パソコンについてここだけを知りたい」
「ワード・エクセルは使った事が無いが簡単な文書や集計表を作る方法だけを知りたい」
「デジカメ写真をDVDに保存する方法を知りたい」
等の様なピンポイントな御要望についてレクチャー致します。

サービス3<訪問パソコンレッスン>
パソコンやワード、エクセル、パワーポイント、アクセス等について一から身に付けたい方の為のマンツーマンレッスンです。
パソコン教室の様な授業回数や期限は設けず、納得頂けるまでレッスンを受けて頂けます。

パソコン教室、カルチャースクールでパソコン講師を務めた経験のある私が、上記3つのサービスでパソコンのお困り事を解決致します。

「誰にでもパソコン」の詳細は、こちらのホームページを御覧下さい。(担当者プロフィールも掲載しております)



緊急告知:WindowsVISTA搭載パソコンが4月11日で使えなくなります!(後編)

前回もお話ししましたが、2017年4月11日をもってMicrosoftによるWindowsVISTAのサポートが終了します。

前回は、サポートとは何か?、サポート終了後にWindowsVISTA搭載パソコンを使う事のリスクについてお話ししました。

今回は、サポート終了後に対処しなければいけない事や何故WindowsVISTAのサポートを終了するのか?についてお話しします。

それでは続きをどうぞ!
【サポート終了後に対処する事】

①パソコンの購入か延命か: 

WindowsVISTA搭載パソコンを御使いの方は2017年4月11日以降に以下の様な対処をしなければなりません。

何故ならば「4月11日以降もWindowsVISTA搭載パソコンを使い続けるはのは非常に危険!」だからです。

前回お話ししました様にWindowsVISTAに潜在的なセキュリティーホールがあった場合、そこからパソコンへの不正侵入やウイルス感染、その他様々な危険を被る確率は増大します。

また、WindowsVISTA対応を終了するブラウザーやセキュリティーソフト、その他のアプリケーションソフトについてもセキュリティー上の欠陥が発覚しても対応はしなくなりますので、セキュリティーリスクは更に増します。

この様な事からWindowsVISTA搭載パソコンを使われている方は、以下の何れかの対処が必要になります。


-選択肢①-:Windows10搭載パソコンを購入する

最良の方法がWindows10搭載パソコンの購入です。

WindowsVISTA自体が既に11年前の古いOSであり、パソコン本体も7年から10年以上前の古いスペックのパソコンである事を考えると、今のWindows10搭載パソコンは機能や性能の面では雲泥の差があります。

これからも快適にパソコンを使うのならば、これを機にWindows10搭載パソコンに買い替えるのが最良の手段です。

但し、今お使いのアプリケーションソフトや周辺機器がWindows10に対応していない場合は、Windows10搭載パソコンでは使えなくなります。

また、Windows7搭載パソコンを購入すると言う方法もありますが、Windows7のサポートが2020年までと短い為に、これからパソコンを購入するのならWindows10搭載パソコンが御勧めです。


-選択肢②-:今使っているパソコンOSをWindows10に入れ替える


もう一つの方法が今のパソコンのOSをWindows10に入れ替える方法です。

しかし、Microsoftが公表している以下の条件を今お持ちのwindowsVISTAパソコンが満たしている必要があります。

・1GHz以上のクロックで動くCPU
・32bit版Windows10で1GB/64bit版で2GB以上のメモリ
・32bit版Windows10で16GB/64Bit版で20GB以上のハードディスク
・DirectX9以上対応のグラフィックスカード
・800×600以上のディスプレイ解像度


以上の条件はWindows10をインストールする最低条件であって、パソコンをサクサク動かすにはそれ以上の条件のパソコンである必要があります。

また、仮にWindows10をインストール出来たとしても以下の様な問題が出る場合があります。

問題1:軽快な動作が出来るか?

問題2:今使っているアプリケーションソフトがWindows10に対応しているか?

問題3:プリンターや外付けハードディスクなどの周辺機器がWindows10に対応しているか?

問題4:パソコンのディスプレイは、800×600以上の解像度で表示するか?

問題5:音は正常に鳴るか

この様に今お使いのパソコンにWindows10を入れ替えるのは色々なハードルを乗り越える必要があり、当然ですがWindows10を購入する必要もあります。

これらの事を考えるとwindows10搭載パソコンの購入が最良の手段となります。

パソコンは毎年、1月~2月、6月~7月、10月~11月の年3回のタイミングで新モデルを販売しますので、今の時期であれば量販店のアウトレット店で昨年以前のパソコンを安く購入出来るでしょう。

パソコンの性能や使い勝手は日々向上していて、10年以上前に販売されたWindowsVISTA搭載パソコンから比べると今のWindowes10搭載パソコンは処理速度や使い勝手は格段に向上しています。

今使っているWindowsVISTAパソコンにWindows10を入れて延命するのも1つの手ですが、軽快な動作と最新の機能と最新の性能と言う点では、Windows10搭載パソコンの購入に勝るものは無いでしょう。


②パソコンの環境を原状復帰する:

Windows10搭載パソコンを購入する方も今のパソコンにWindows10を入れ替える方も問わず必要となるのが、今まで使っていたパソコン環境に原状復帰させる事です。

具体的には以下の様な事です。

・消去しては困るファイルを今お使いのパソコンから外部に退避する
・待避したデーターをWindows10搭載パソコンに戻す
・使用しているアプリケーションソフトの再インストール
;セキュリティーソフトの再インストール
・メーラーやブラウザー、その他アプリケーションソフトの再設定
・周辺機器のドライバーの再インストール
・インターネット接続の再接続設定、etc
・Windows10の更新
・アプリケーションソフトのバージョンアップ

パソコンをWebページの閲覧や動画サイトの閲覧程度でしか使わない方は、上の様な面倒な手間は殆どありませんが、削除しては困るファイル(写真、文書ファイルなど)や受信メール、ブラウザのお気に入り、アプリケーションソフトが今お使いのパソコンにある場合方は、これらの作業が必要になります。

VISTAパソコンの運命

【何故WindowsVISTAのサポートを終了するのか?】

さて、Microsoftは何故WindowsVISTAのサポートを終了するのでしょうか?

それはパソコンを取り巻く環境が日々進化する中、OS自身もその変化に対応する為に進化して行く必要があるからです。

ではパソコンを取り巻く環境とは何でしょうか?

1)パソコンの使い易さと利便性の向上

2)パソコンに搭載される新機能の追加やパソコンの高性能化

3)クラッカー達のネット犯罪の高度化と狡猾化


この様な環境の変化に対応する為には新しいOSを開発する必要があり、旧式なOSであるWindowsVISTAにいつまでも人と時間をかけているのは無駄な為です。

「それなら、WindowsVISTAをその都度バージョンアップしていけば良いんじゃないの?」と思うかもしれませんが、OSと言うのは複雑で膨大なプログラムで出来ている為、一部を改良すれば良いと言うものではなく、根本的に一から作り直さなければならないのです。

パソコンやインターネットを取り巻く環境が目まぐるしく変化する中、もはやWindowsVISTAでは、これらの環境の変化に対応する事は出来ず、Windows8やWindows10等の高性能なOSに世代交代する時代になっているのです。

OSの進化により出来る事

【セキュリティー意識を本気で持ちましょう~自分がいつ遭遇してもおかしくない時代へ~】

WindowsVISTAのサポート終了により、新たにパソコンを購入するにしても、今お使いのパソコンにWindows10を入れ替えるにしても出費と手間を要してしまいます。

この様な出費と手間を避けたいと言う考えから、「このまま今のパソコンを使い続けても大丈夫だろう」と言う安易な考えで、4月11日以降もWindowsVISTA搭載パソコンを使い続ける方も残念ながら居ると思います。

この安易な考えの根底にあるのは、「自分はセキュリティー犯罪には遭遇しない」とか「自分が被害に遭わなければ良い」と言う、セキュリティー意識の欠片も無い、楽観的で身勝手な考えです。

しかし2012年に起きたパソコンの遠隔操作事件では多くの人達が誤認逮捕され、起訴される人も出してしまった冤罪未遂事件は記憶に新しい事です。

この事件では被害者のパソコンが乗っ取られた上で外部の掲示板に不正な書き込みがあり、航空会社や幼稚園が警備を強化せざるを得ず、業務に多大な支障を与えました。

これは「自分さえ被害に遭わなければ良い」と言う考えが如何に甘い考えかをハッキリと示す事例です。

そして今は、パソコンだけで無くスマートフォンをも巻き込んで、以下の様なネット犯罪が極身近で発生しています。

・データーを人質に金銭を脅し取るランサムウェア。
・ネットバンクで、偽の銀行Webページに誘導され、銀行口座の預金を騙し取るフィッシング詐欺。
・偽のウイルス感染警告を表示し、解決すると称してサポート代を騙し取るサポート詐欺。

この様に最近のネット犯罪は、「自分は大丈夫だろう」と言う対岸の火事的な考えは通用せず、いつ自分がネット犯罪に巻き込まれてもおかしくない時代になっているのです。

セキュリティーソフトを入れたWindows10パソコンですら、ネット犯罪に対して100%安全とは言えないのに、サポート対応が切れたWindowsVISTAと同じくサポート対応が切れたセキュリティーソフトが入ったパソコンを使い続ければ、ネット犯罪に遭遇する確率が増えるのは明らかです。

これは脅しでも誇張でも無く現実なのです。

お話しの最後にもう一度言います。

4月11日以降もWindowsVISTA搭載パソコンを使い続けるのは非常に危険です。


甘く見るネットセキュリティー
※今のネットセキュリティーは自分の為だけで無く、他人に被害を与えない為でもあるのです!

ブログランキングに参加しています!
ランクアップに御協力下さる方は、下のアイコンをクリック願います!


訪問型パソコンサービス「誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を以下の3つのサービスで対応致します!

パソコン設定サービスパソコンやインターネットの設定が分からない方に!

ピンポイントレクチャーパソコンやワード、エクセルのここだけを知りたい方に!

訪問パソコンレッスン一からパソコンやワードを身に付けたい方に!

当ブログ管理人である、私が御客様の元へ直接御伺いし、対応させて頂きます!

詳しくは、こちらのWebページをご覧ください!
スポンサーサイト
[ 2017/03/16 13:22 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darenidemo.blog.fc2.com/tb.php/72-9ea0d890