【当ブログ管理人からのお知らせ】


訪問型パソコンサービス「誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を解決します。

以下の3つのサービスでパソコンのお困り事にお応えします。

サービス1<パソコン設定サービス>
パソコンの初期化やインターネットの接続、プリンターの接続など、面倒で手間が掛かる作業を行います。

サービス2<ピンポイントレクチャー>
「パソコンについてここだけを知りたい」
「ワード・エクセルは使った事が無いが簡単な文書や集計表を作る方法だけを知りたい」
「デジカメ写真をDVDに保存する方法を知りたい」
等の様なピンポイントな御要望についてレクチャー致します。

サービス3<訪問パソコンレッスン>
パソコンやワード、エクセル、パワーポイント、アクセス等について一から身に付けたい方の為のマンツーマンレッスンです。
パソコン教室の様な授業回数や期限は設けず、納得頂けるまでレッスンを受けて頂けます。

パソコン教室、カルチャースクールでパソコン講師を務めた経験のある私が、上記3つのサービスでパソコンのお困り事を解決致します。

「誰にでもパソコン」の詳細は、こちらのホームページを御覧下さい。(担当者プロフィールも掲載しております)



PC教室では教えない豆知識:ワード・エクセル・パワーポイントで望む色を設定するには?(後編)

前回は、ワード・エクセル・パワーポイントが備える、「1,677万7,216もの色の中から好みの色を選択する機能」についてお話ししました。

さて今回は実践編として、パソコン上に表示される写真やイラスト、Webページなどの特定の場所のRGBカラーコードを調べるツールを御紹介し、それを使ってイラストと同じ色に図形を塗り潰すまでの手順をお話しします。

それでは続きをどうぞ!
前回は、RGBカラーコードを入力して図形の色を変更してみました。

しかし、パソコン画面上に表示される写真やイラスト、Webページなどの特定の部分の色で図形を塗り潰したくても、その部分のカラーコードが分からなければ、同じ色で塗り潰す事が出来ません。

そこで登場するのが今回御紹介する「カラーコード取得ツール」と呼ばれているソフトです。

これはパソコン画面上に表示される写真やイラスト、Webページなどの特定の場所のカラーコードを調べてくれる便利なソフトです。

インターネット上には特徴や使い勝手が異なるカラーコード取得ツールが無料で色々と公開されていますが、今回は、私がいつも重宝して使っている「Color Picker(カラー・ピッカー)」を御紹介します。

先ずは、ColorPickerをネットから入手しましょう。

※以下の説明は、Windows10のブラウザ「Edge」を使った説明で、ブラウザの種類によって④の部分が異なります。


こちらをクリックすると以下の様な画面が現れますので、「ダウンロードはこちら」をクリックします。

ColorPicker DL1


②次に下の様な画面に変わったら、「ダウンロードページへ」をクリックします。

ColorPicker DL2


③下の様な画面にかわったら「このソフトを今すぐダウンロード」をクリックします。

ColorPicker DL3


④暫くしてパソコンに「ColorPicker」を取り込めたら、下の様な画面がブラウザーの一番下に表示されますので、「開く」をクリックします。

ColorPicker DL4
※ブラウザの種類により、この画面とは異なります。


⑤下の様な画面が表示されます。

この中のColorPickerと言うファイルがColorPicker本体です。

ColorPicker DL5


⑥ColorPickerフォルダーは下の画面の様にデスクトップに置かれます。

ColorPicker DL6


⑦ColorPickerは、パソコンにインストールしないタイプのソフトですので、デスクトップ以外の場所にフォルダーを置きたい場合は、フォルダーごと移動しても問題ありません。

また、USBメモリ―に入れて置けば、どこでもColorPickerが使えます。
【ColorPickerを使って見る】

それではColorPickerを使ってRGBカラーコードを調べて見ましょう。

①先ずはColoerPickerフォルダーの中にある「ColorPicker」ファイルをダブルクリックします。

すると下の画面の様にColorPickerが現れます。

ColorPicker1

②スペースキーを押すと下の画面の様に薄い灰色のメニューが表示されますので、上から4つ目をクリックします。
※表示される数字は、マウスカーソルの尖端にある部分のカラーコードの為、下の画面の数字と異なる場合があります。

これは、調べたカラーコードをどの様な形式で表示するかの選択肢です。

通常は16進数と言って、0~Fまでの数字とアルファベットでRGBカラーコードを表現しますが、ワード・エクセル・パワーポイントのRGBカラーコードは、私たちが普段使っている10進数(0~9で数字を表現する方法)の為、上から4つ目を選びます。
※この設定は、パソコンの再起動や終了、ColorPickerをタスクトレイから終了するまでは有効です。

パソコンの起動やColorPickerの起動直後は再びこの設定が必要となります。



ColorPicker2


③こパソコンに表示されるものは写真でもイラストでもWebページでも沢山の点の集まりで出来ています。

そしてColorPickerは、マウスカーソルの尖端で1つの点を選び、その点のカラーコードを調べます。

しかし点一つ一つはとても小さい為、肉眼では点一つを選ぶ事は出来ません。

そこでColorPickerは下の画面の様に右下部分にマウスカーソル尖端周辺の拡大画像を表示し、マウスカーソルの尖端が指し示している点を赤い枠で囲んで表示する為、点1つを簡単に選択出来ます。

カラーコードは左側にカンマで区切られた3組の数字で表示されます。

数字は左から赤(R)、緑(G)、青(B)となります。

下のイラストの例では、赤い枠の部分の画像が、赤:58、緑:255、青:0の明るさの光で出来ていると言う事を示しています。


ColorPicker3


④ColorPickerの拡大画像の中の他の点のカラーコードを調べたい場合、マウスを動かして点を指し示すのは至難の業です。

そこでColorPickerはマウスを動かさす、矢印キーを押す事で拡大画像の赤い枠を点一つ単位で移動出来るので便利です。

但し赤い枠が移動出来る範囲は、現在の拡大画像の中だけです。

ドット単位で調べたいポイントを移動


⑤カラーコードを調べる点が決まったら左のカラーコードを確認し、そのままマウスカーソルを動かさずにクリックしてColorPickerを閉じます。

この時にクリップボードにカラーコードが記憶されますので、ワードやメモ帳にカラーコードを張り付けて置くと便利です。


⑥ColorPickerを閉じてもパソコンのタスクトレイに常駐しているので、再び使う時は下の画面の様にタスクバーにあるボタンをクリックして、タスクトレイにあるColorPickerのアイコンをダブルクリックします。
※【ColorPickerを使って見る】の②の設定は、ColorPickerがタスクトレイに常駐していある間は有効です。

タスクトレイ内のColorPicker(windows10)
(Windows10の場合)


タスクトレイ内のColorPicker
(Windows7の場合)


⑦ColorPickerを完全に終了するには、以下の画面の様にタスクバーにあるボタンをクリックし、タスクトレイにあるColorPickerのアイコンを右クリックし、表示されるメニューの中の「終了」をクリックします。
※【ColorPickerを使って見る】の②の設定は、ColorPickerがタスクトレイから常駐を終了すると同時に無効になります。

タスクトレイ内のColorPickerメニュー(windows10)
(Windows10の場合)

タスクトレイ内のColorPickerメニュー
(Windows7の場合)

【ColorPickerを使った色選択の実例】

それではColorPickerで調べたRGBカラーコードで図形を塗り潰す一例を以下に示します。

下のイラストの様に海の部分にオートシェイプを繋げて、海の部分を広げたいとします。

この時、海の色と同じ色でオートシェイプを塗り潰さないとイラストの海とオートシェイプで作る海の間に色の堺が出来てしまい不自然になってしまいます。

この様なケースの際にワード・エクセル・パワーポイントが持つフルカラーの塗りつぶし機能が重宝するのです。

ColorPickerでイラスト海のカラーコードを調べ、オートシェイプを塗り潰せば色の境も無くオートシェイプで海を広げられます。

図形でイラストをリカバリー
※海の部分をオートシェイプ図形で補う!


①先ずはColorPickerを起動し、マウスカーソルの尖端をイラストの海の部分に重ねます。

そしてColorPickerに表示されるカラーコードを確認し、クリックしてColorPickerを閉じます。

海の色を調べる


②次に海となる部分のオートシェイプを作ります。

リカバリー図形を作る


③次にオートシェイプの図形を選択した状態で、「書式」→「図形の塗りつぶし」→「その他の色(M)」で、下の画面の様に「色の設定」ダイアログボックスを表示し、「ユーザー設定」タブをクリックします。

そして、①で確認したカラーコードをRGB入力欄に入力し、「OK」ボタンをクリックします。

右下の「新規」には、イラストの海と同じ色が表示されます。

カラーコードで塗り潰す


④次に、オーシェイプの図形を選択した状態で、「書式」→「図形の枠線」→「線なし()」をクリックして、オートシェイプ図形の枠線を削除します。


図形の枠線なし


⑤イラストにオートシェイプを重ねてみても違和感なく海の一部とする事が出来ました。

オートシェイプを合体させたイラスト

今回の例ではイラストからカラーコードを読み取りましたが、デジカメ写真やWebサイトからでも同じ方法です。

そして、文字の色も同じ方法で色を変更する事が出来ます。

また、今回はColorPickerを元にカラーコードを調べる方法をお話ししましたが、インターネット上ではこれ以外にも機能や使い勝手が異なるカラーコードを調べるソフトが沢山あります。

「カラーコード取得 フリーソフト」で検索してみて、御自分に合ったものを見つけるのも良いでしょう。
ブログランキングに参加しています!
ランクアップに御協力下さる方は、下のアイコンをクリック願います!


訪問型パソコンサービス「誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を以下の3つのサービスで対応致します!

パソコン設定サービスパソコンやインターネットの設定が分からない方に!

ピンポイントレクチャーパソコンやワード、エクセルのここだけを知りたい方に!

訪問パソコンレッスン一からパソコンやワードを身に付けたい方に!

当ブログ管理人である、私が御客様の元へ直接御伺いし、対応させて頂きます!

詳しくは、こちらのWebページをご覧ください!
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darenidemo.blog.fc2.com/tb.php/74-3da047b9