【当ブログ管理人からのお知らせ】


訪問型パソコンサービス「誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を解決します。

以下の3つのサービスでパソコンのお困り事にお応えします。

サービス1<パソコン設定サービス>
パソコンの初期化やインターネットの接続、プリンターの接続など、面倒で手間が掛かる作業を行います。

サービス2<ピンポイントレクチャー>
「パソコンについてここだけを知りたい」
「ワード・エクセルは使った事が無いが簡単な文書や集計表を作る方法だけを知りたい」
「デジカメ写真をDVDに保存する方法を知りたい」
等の様なピンポイントな御要望についてレクチャー致します。

サービス3<訪問パソコンレッスン>
パソコンやワード、エクセル、パワーポイント、アクセス等について一から身に付けたい方の為のマンツーマンレッスンです。
パソコン教室の様な授業回数や期限は設けず、納得頂けるまでレッスンを受けて頂けます。

パソコン教室、カルチャースクールでパソコン講師を務めた経験のある私が、上記3つのサービスでパソコンのお困り事を解決致します。

「誰にでもパソコン」の詳細は、こちらのホームページを御覧下さい。(担当者プロフィールも掲載しております)



PC教室では教えない豆知識:パスワード管理ソフトによる簡単アカウント管理(使用編)

前回は、パスワード管理ソフト「ID Manager」の導入から使い始める前の準備までについてお話ししました。

今回はID Managerにアカウントを登録し、ID ManagerでWebサイトにログインする方法についてお話しします。

尚、これからアカウントを作る方は、以下の過去記事も参考にして下さい。

アカウントの作り方と管理のポイントこちら
強力なアカウントの作り方とアカウント強度の測定方法こちら

それでは、続きをどうぞ!
【アカウント登録作業】

最初はID Managerに保管するアカウントの種類別に別にフォルダを作ります。

アカウントの種類がネットショッピング、ホテル予約、Webメール等の様に複数ある場合、フォルダーを作るとアカウントの管理がし易くなります。
※アカウントの種類が1種類であってもフォルダを作らないとアカウントの登録が出来ませんので、フォルダを作る必要があります。


①下の画面の様に「新規フォルダの作成」ボタンをクリックします。

ID Manager5



②下の画面の様に「Title」欄にアカウントのフォルダ名を入力します。

例えば楽天やAmazon、Yahooショッピングの様に複数のインターネットショッピングサイトのアカウントを保管する場合、下の画面の様に「ネットショッピングサイト」の様なフォルダ名を入力します。
※グループ名を設定すると、下の画面の様にID Managerの左側にフォルダ名が表示されます。

ID Manager6



③次に作成したフォルダにアカウントを登録します。

下の画面の様に「新規項目の追加」ボタンをクリックします。

ID Manager7



④下の画面の様にWebサイト名アカウントWebサイトのアドレスを入力します。

・「Title」欄:Webサイト名を入力します。
・「Account ID」欄:IDを入力します。
・「Password」欄:パスワードを入力ります。
「URL」欄:Webサイトのアドレスを入力します。
※Amazonの様にメールアドレスをIDとしている場合は、Account ID欄にはメールアドレスを入力します。

別のアカウントを追加する場合は⑤へ進み、アカウントの登録が完了した場合は⑦へ進みます。

ID Manager8



⑤別のアカウントを登録する場合は、先程の③と同じく、以下の画面の様に「新規項目の追加」ボタンをクリックします。

ID Manager9



⑥先程の④と同じく、以下の画面の様にWebサイト名アカウントWebサイトのアドレスを入力します。

ID Manager10
※AmazonはメールアドレスをIDとしている為、Accont ID欄にはメールアドレスが入っています。



⑦全てのアカウントの登録が完了したら、以下の画面の様に「保存」ボタンをクリックし、①から⑥の操作で作成したフォルダとアカウントを保存します。

以上でアカウントの登録作業は終了です。


<複数のフォルダを作るには>

複数のフォルダを作る場合は、上記①~②を再度行います。

フォルダを複数作ると、下の画面の様にID Managerの左側には、フォルダ名一覧が表示されます。

各フォルダ毎にアカウントを登録する際は、最初にフォルダ名一覧からフォルダ名をクリックします。

フォルダ作成とアカウント登録完了後、⑦でフォルダとアカウントを保存します。

複数グループ作成時のID Manager
※「ネットショッピング」と「ホテル予約サイト」の2つのフォルダを作成した例です。

【登録したアカウントでログインする】

前回の準備前操作と上記のアカウントの登録が済めば、普段ID Managerを使う場合は、以下のログイン操作だけになります。
※上記⑦までの操作から引き続き操作を行う場合は、既にID Managerにログインしているので、以下の①及び②の操作は不要ですので③からの操作になります。


①下の画面の様にデスクトップ上のID Managerのアイコンをダブルクリックするか、ID Managerをインストールしたフォルダを開いて、IDM.exeファイルをダブルクリックしてID Managerを起動します。

ID Managerインストール後のファイルとアイコン



②下の画面の様にログイン画面が現れたらユーザー名を確認し、「パスワード」欄にパスワードを入力し、最後に「OK」ボタンをクリックします。
※複数のアカウントを設定した場合、ユーザー名欄に自分のユーザー名が表示されない場合があります。

その場合は、「ユーザー名」欄の右にある▼をクリックするとユーザー名一覧が表示されますので、自分のユーザー名をクリックした後にパスワードを入力します。


アカウント登録後のログイン画面



③下の様な画面に変わったら、ログインしたいWebサイトの名前をクリックします。

クリックするとアカウントとWebサイトのアドレスが表示されます。

ID Manager12
※AmazonはメールアドレスをIDとしている為、Accont ID欄にはメールアドレスが入っています。



④下の画面の様に「URLを開く」ボタンをクリックするとブラウザが起動し、登録したWebサイトが開きます。

ID Manager13



⑤下の画面の様に「ID」欄と「パスワード」欄が同じページにある場合は、「一括貼り付け」ボタンでアカウントを入力出来ます。

先ずは「ID」欄にカーソルを置きます。

ID Manager14



⑥下の画面の様に「一括貼り付け」ボタンをクリックします。

ID Manager15



⑦下の画面の様にID欄とパスワード欄に同時にアカウントが入力されます。

後は「サインイン」ボタンをクリックするとログインします。
※Webサイトによっては、「ログイン」ボタンと言う名称の場合があります。


ID Manager16
※他人のパソコンやスマートフォン、タブレットでは、「サインインしたままにする」のチェックは入れない様にしましょう!



⑧下の画面の様に「ID」欄と「パスワード」欄が別のページにある場合は、「アカウントIDを貼り付け」ボタンと「パスワードを貼り付け」ボタンでアカウントの入力が出来ます。

先ずは「ID」欄にカーソルを置きます。

ID Manager17
※書式の変更で一括貼り付けボタンでもアカウントの入力が出来るのですが、込みいった内容になる為、省略します。



⑨下の画面の様に「アカウントIDを貼り付け」ボタンをクリックすします。

ID Manager18



⑩下の画面の様に「ID」欄にIDが入力されますので、「次へ」ボタンをクリックします。
※Webサイトによっては、「次へ」では無く、別の名称の場合があります。


ID Manager19



⑪パスワード入力画面に切り替わったら、「パスワード」欄にカーソルを置きます。

ID Manager20



⑫下の画面の様に「パスワードを貼り付け」ボタンをクリックします。

ID Manager21



⑬下の画面の様に「パスワード」欄にパスワードが入力されます。

後は「ログイン」ボタンをクリックします。
※Webサイトによっては、ログインでは無く、「サインイン」ボタンと言う名称の場合があります。

ID Manager22
※他人のパソコンやスマートフォン、タブレットでは、「ログインしたままにする」のチェックは入れない様にしましょう!

如何ですか?

複雑なアカウントを作っても覚える事無く安全に管理が出来、WEBサイトへのログインまでしてくれるパスワード管理ソフトは様々なインターネットサービスを利用するには必須と言っても過言では無いソフトです。

単純な一つのアカウントを色々なWebサービスで使いまわす事は、以下の様なリスクを伴います。

・アカウントを乗っ取られてWebサービスが使え無くなります。
・自分になりすました者に友人、知人に金銭的な被害が及びます。
・乗っ取られたアカウントを使って買い物などをされ、自分自身が金銭的な被害を被ります。
・同じアアカウントを使いまわしている他のWebサービスにも同様の被害が及びます。


この様な事が起きる前に、利用するWebサービス毎に別々の強力なアカウントを作り、パスワード管理ソフトで管理する事をお勧めします。

尚、既に幾つかのWebサービスを利用している方は、IDの変更は出来ませんので、パスワードを強力にしましょう。

最近は、アカウントをパソコンでは無くインターネット上に保管し、パソコン、スマートフォン、タブレットでアカウントを共有出来るパスワード管理ソフトもあります。

今回御紹介したID Manager以外にも優れもののパスワード管理ソフトは沢山あります。

御自分のネット利用環境にあったパスワード管理ソフトを探してみるのも良いでしょう。
ブログランキングに参加しています!
ランクアップに御協力下さる方は、下のアイコンをクリック願います!

訪問型パソコンサービス「誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を以下の3つのサービスで対応致します!

パソコン設定サービスパソコンやインターネットの設定が分からない方に!

ピンポイントレクチャーパソコンやワード、エクセルのここだけを知りたい方に!

訪問パソコンレッスン一からパソコンやワードを身に付けたい方に!

当ブログ管理人である、私が御客様の元へ直接御伺いし、対応させて頂きます!

詳しくは、こちらのWebページをご覧ください!
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darenidemo.blog.fc2.com/tb.php/78-40282e1d