【当ブログ管理人からのお知らせ】


訪問型パソコンサービス「誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を解決します。

以下の3つのサービスでパソコンのお困り事にお応えします。

サービス1<パソコン設定サービス>
パソコンの初期化やインターネットの接続、プリンターの接続など、面倒で手間が掛かる作業を行います。

サービス2<ピンポイントレクチャー>
「パソコンについてここだけを知りたい」
「ワード・エクセルは使った事が無いが簡単な文書や集計表を作る方法だけを知りたい」
「デジカメ写真をDVDに保存する方法を知りたい」
等の様なピンポイントな御要望についてレクチャー致します。

サービス3<訪問パソコンレッスン>
パソコンやワード、エクセル、パワーポイント、アクセス等について一から身に付けたい方の為のマンツーマンレッスンです。
パソコン教室の様な授業回数や期限は設けず、納得頂けるまでレッスンを受けて頂けます。

パソコン教室、カルチャースクールでパソコン講師を務めた経験のある当ブログ管理人が、御客様の元へお伺いし、上記3つの
サービスでパソコンのお困り事を解決致します。(サービスエリアは、東京・神奈川です!

「誰にでもパソコン」の詳細は、こちらのホームページを御覧下さい。(当ブログ管理人プロフィールも掲載しております)



PC教室では教えない豆知識:知っていると、いないとでは大違い!GBって何?

電気量販店のパソコン売り場には、選ぶのに困ってしまう程、色々なメーカーら発売されたパソコンが並んでいます。

それらのパソコンには、「内臓ハードディスク1TB搭載!」とか「16GBメモリ搭載で余裕の処理能力!」等のポップが目を惹きます。

更にUSBメモリやSDカードの売り場には、「32GB」や「128GB」等の文字がSDカードやUSBメモリのパッケージに書かれています。

これらがデジタルデーターの大きさであると御存知の方も多いと思いますが、「1TBや128GBがデーターの大きさと言うのは知っているけど、どの大きさの製品を選べば良いのか見当がつかない!」と言う方も多いのでは無いでしょうか?

そこで今回は、「デジタルデーターの大きさ」についてお話しします。

これを知っていればパソコンやハードディスク、USBメモリ、SDカードを選ぶ時に重宝しますよ!

それでは、続きをどうぞ。
【デジタルの世界は1と0の数字だけで出来ている!!】

パソコンややスマートフォンでは以下の様な色々な情報を見たり、聴いたり、操作する事が出来ます。

・パソコンのソフト(ゲーム、ワード、エクセル、年賀状作成、etc)
・スマートフォンのアプリ(ゲーム、動画再生、写真閲覧、地図検索、etc)
・Webサイト
・デジカメやスマートフォンで撮影した写真
・ビデオカメラやスマートフォンで撮影した動画
・携帯音楽プレーヤー、スマートフォンで再生する音楽や音楽CD
・DVDやブルーレイの映像


この様に私たちの生活を便利にしてくれたり、楽しませてくれる「デジタルコンテンツ」と呼ばれるものには、ある共通点があるのですが、それは何でしょうか?

それは「0と1のたった2つの数字の組み合わせだけで出来ている」と言う事なのです。

たった2つの数字の塊が、パソコンやスマートフォンのディスプレイ上ではアプリや動画として姿を変え、スピーカーからは音楽として姿を変えて現れると言うのは、不思議な事ですね!

これと似た様な仕組みが、「DNA」です。

アデニン、グアシン、シトシン、チミンと言うたった4つの物質の組み合わせが、性格を決め、両親からの特徴を持った顔になり、更に体を構成している臓器や目などを形作って行きます。

生命体の壮大な仕組みと比較するのは余りにもおこがましいですが、少ない要素の組み合わせで色々な物を形作ると言う意味では似ていると言えるのではないでしょうか?

デジタルデーターとDNA

【デジタルデーターは、8つ一塊が基本】

歌の世界では良く、ソロ歌手とか双子デュオ等と言う様にメンバーの人数により呼び名が変わります。

3人組みはトリオ、4人組みはカルテットと言うのはお馴染みですが、5人組はクインテッド、6人組みはセクステッド、7人組はセプテット、8人組はオクテットと言う名称もあるそうです。

デジタルの世界でも1と0の集まる数による呼び方があるのです。

0や1が1つの場合は、「1bit(ビット)」、0や1が8つ、つまり8ビット分集まると「1B(バイト)」と呼びます。

デジタルの世界では、1や0が8つ一塊となって集まるのが基本です。

さて先程は、1と0の数字の組み合わせがデジタルコンテンツの正体であるとお話ししましたが、1つのデジタルコンテンツを作っている1と0の数字の量は膨大になります。

その為、1000バイトや10000バイト、1000000バイトと言う様な呼び方をすると桁数も多くなり、読みが違えるリスクもあります。

そこで、1バイトを基準にして、1000倍毎に以下の様に単位がを変わります。

・1000B(バイト)=1KB(キロバイト)
・1000KB=1MB(メガバイト)
・1000MB=1GB(ギガバイト)

正確には1024倍毎に呼び名が変わるのですが、1000倍の方が計算がし易く、大きな誤差も無い為、1000倍で構いません。

これは日常生活で1000gを1kg、1000mを1kmと呼ぶのと同じ事です。

キロより上の単位は余り馴染が無いと思いますが、ラジオやテレビでは「お聞きの放送は1242kHz、ニッポンです」とか「81.3MHz J-WAVE」と言う様に電波の周波数の単位としてキロやメガが使われています。


デジタル戦隊

【MBやGBの目安】

MB(メガバイト)やGB(ギガバイト)についてお話しして来ましたが、とは言ってもパソコン量販店の店頭で「ハードディスク1TB搭載!!」とか、SDカードのパッケージに「64GB」と書かれていてもイメージが掴めず、どれを選べば良いのか迷ってしまうでしょう。

そこで、身近なデジタル機器を例にMB(メガバイト)GB(ギガバイト)のイメージを掴んでみましょう。

MBやGBのイメージを掴むには、身近なデジタルコンテンツの容量を知る事がポイントです。


-デジカメ写真-

最近のデジカメは解像度は1000万~1600万画素と高画質です。

画素数毎の写真の容量は、おおよそ以下の通りです。

・1000万画素の写真1枚:約4MB
・1600万画素の写真1枚:約5MB


これを基準に8GBのSDカードに何枚の写真が保存出来るかを計算してみましょう。

先ずはSDカードとデジカメ写真の容量の単位が違いますので、SDカードの容量の単位であるGBをMBに直します。

すると8GBのSDカードに1000万画素の写真が入る枚数は、(8×1000)/4=2000枚入る事になります。

また、1600万画素の写真では(8×1000)/5=1600枚収まる事になります。


-音楽-

携帯プレーヤーの音楽データーで良く使われているのがMP3やAACと言う形式です。

MP3やAACは、5分の曲で約5MBの容量になります。

それでは8GBのSDカードに入る曲数を計算してみましょう。

先程のデジカメ写真と同じ様に、SDカードの容量の単位をMBに直します。

すると8GBのSDカードに入る曲数は、(8×1000)/5=1600曲入る事になります。


-動画-

最近は、ビデオカメラだけで無く、スマートフォンやデジカメでもハイビジョン動画や4K動画を撮影出来ます。

動画は写真や音楽に比べて容量が大きいのが特徴です。

動画の容量は、おおよそ以下の通りです。

フルハイビジョン動画(1分):約120MB
・4K動画(1分):約420MB


これを基準に8GBにどれ位の時間の動画を保存出来るかを計算してみます。

デジカメ写真や音楽と同じ様に、SDカードの容量の単位をMBに直します。

すると、8GBのSDカードに入るハイビジョン動画の時間は、(8×1000)/120≒66分

4K動画の数は、(8×1000)/420≒19分

この様に、デジタルコンテンツの容量を知っていれば、ハードディスクやSDカードにどれくらい保存出来るかが分かり、今迄は目にも留めなかった「64GB」等の数字が、「最適なデジタル製品を選ぶ為の目安」として捉える事が出来る様になるのです。

実際は、ハードディスクもSDカードも容量一杯に保存する事は出来ず、容量の約92%まで保存出来ますので、デジタルコンテンツを保存出来る量は、先程の計算結果よりも若干少なくなります。

容量計算

ビデオカメラやデジタルカメラ、スマートフォン、デジタルレコーダーなどでハイビジョン動画や4K動画が扱える時代になり、個人が扱えるデジタルデーターは日々大容量化する傾向にあります。

これに対応する様に、ハードディスクやUSBメモリ、メモリカードの保存容量もMB(メガバイト)からGB(ギガバイト)へと大容量化し、ハードディスクはGB(ギガバイト)の1000倍を表す「TB(テラバイト)」へと移り変わっています。

今後、個人が扱えるデジタルデーターが今以上に大容量化するのは間違い無く、そんな時代に対応する為にもデジタルデーターの大きさの単位を知り、それを基に自分に最適なデジタル製品を選べる様になる事は大切な事です。
ブログランキングに参加しています!
ランクアップに御協力下さる方は、下のアイコンをクリック願います!

訪問型パソコンサービス「誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を以下の3つのサービスで対応致します!

パソコン設定サービスパソコンやインターネットの設定が分からない方に!

ピンポイントレクチャーパソコンやワード、エクセルのここだけを知りたい方に!

訪問パソコンレッスン一からパソコンやワードを身に付けたい方に!

当ブログ管理人である、私が御客様の元へ直接御伺いし、対応させて頂きます!

詳しくは、こちらのWebページをご覧ください!
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darenidemo.blog.fc2.com/tb.php/91-29645fa8