【当ブログ管理人からのお知らせ】


訪問型パソコンサービス「誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を解決します。

以下の3つのサービスでパソコンのお困り事にお応えします。

サービス1<パソコン設定サービス>
パソコンの初期化やインターネットの接続、プリンターの接続など、面倒で手間が掛かる作業を行います。

サービス2<ピンポイントレクチャー>
「パソコンについてここだけを知りたい」
「ワード・エクセルは使った事が無いが簡単な文書や集計表を作る方法だけを知りたい」
「デジカメ写真をDVDに保存する方法を知りたい」
等の様なピンポイントな御要望についてレクチャー致します。

サービス3<訪問パソコンレッスン>
パソコンやワード、エクセル、パワーポイント、アクセス等について一から身に付けたい方の為のマンツーマンレッスンです。
パソコン教室の様な授業回数や期限は設けず、納得頂けるまでレッスンを受けて頂けます。

パソコン教室、カルチャースクールでパソコン講師を務めた経験のある当ブログ管理人が、御客様の元へお伺いし、上記3つの
サービスでパソコンのお困り事を解決致します。(サービスエリアは、東京・神奈川です!

「誰にでもパソコン」の詳細は、こちらのホームページを御覧下さい。(当ブログ管理人プロフィールも掲載しております)



PC教室では教えない豆知識:最近良く聞く言葉「クラウド」って何?

今では、TVコマーシャルやパソコン雑誌、経済誌で当たりの前様に見聞きする「クラウド」と言う言葉。

まるでインターネットを活用した革新的なサービスや技術であるかの様なイメージだけが先行していますが、果たして世の中では「クラウド」の意味やメリットがどれだけ浸透しているのでしょうか?

そこで今回は、この「クラウド」と言う言葉の意味とメリットについてお話しします。

それでは、続きをどうぞ!
【クラウドって何?】

クラウド。

英単語では「Cloud」、つまり「」である事は御存じの方も多いと思います。

最近良く目にする「クラウド」は略称であって、正式には「Cloud Computing」(クラウド・コンピューティング)と呼びます。

では「クラウド」とは何でしょうか?

クラウドとは、ファイルをパソコンで無く、インターネット上にあるサーバーと言うコンピューターに保存する事により、インターネットを経由してどこからでもファイルにアクセス出来る様にする手段です。

この説明だけでは「う~ん!何となく分かった様な分からない様な・・・」、そんな感じでは無いでしょうか?

それでは、クラウドについてもう少し突っ込んだお話しをしてみましょう。

クラウドとは下のイラストの様にインターネット上のサーバーを雲に喩え、サーバーとデジタル端末の間でファイルのやり取りを行う事で、以下の様に便利で効率の良い処理が出来る仕組みなのです。

ネットストレージ

ストレージとは記憶装置の事。

そして、ネットストレージとはインターネット上のサーバーに設けたファイル保管庫です。

ネットストレージには以下の様なメリットがあります。

・いつでも、どこでも時と場所を選ばす、そしてどんな端末からでもファイルを開いたり、ファイルを編集する事が出来ます。

・サーバーにファイルを保管する為、外出先で万一パソコンが盗難に遭っても、データー漏洩の被害を防ぐ事が出来ます。

・ハードディスクにファイルを保存しない為、ハードディスクを搭載して無いパソコンを使えばバッテリー消費を抑えられ、外出先で
パソコンを長時間使えます。

・ワード、エクセル、パワーポイント等のファイルをノートパソコンやUSBメモリに入れて持ち歩く必要が無く、会議で発表する時は、ネットストレージに保存してあるファイルを開くだけで済みます。


ファイル共有

クラウド上のファイルは、他人と共有する事も出来ます。

ファイル共有によるメリットは以下の通りです。

・複数の人達にファイルを渡す場合、ネットストレージにアクセスして貰うだけで済みます。

・本社と支社、海外支店など、離れた場所の人達と共同で文書やプレゼン資料を作る事が出来ます。

・規模が大きく無い会社の場合、社員全員の予定表を共有し、随時、予定を追加、変更をする事で、場所を問わずにスケジュール管理が出来ます。



サーバー処理

外部の端末からクラウド上のサーバーを遠隔操作して、サーバー内のソフトを実行させる事が出来ます。

クラウドによるサーバー処理には以下の様なメリットがあります。

・3DのゲームやCG作成など、高い性能のパソコンを必要とする処理をサーバーで処理させる事で、性能の低いパソコンでも3Dゲームを遊んだり、CGを作る事が出来ます。

この様に今までは実現出来なかった、便利で効率の良い事が出来るのがクラウドなのです。

クラウドコンピューティング2
端末を選ばず、どこからでもファイルにアクセス出来るのがクラウドのメリットです!

【何故雲なの?】

ここまでクラウドとは何か?についてお話しして来ましたが、そもそも何故クラウド、つまり雲と言う言葉を使うのでしょうか?

ここではクラウドの由来についてお話しします。

クラウドの由来には諸説ある様ですが、以下の2つが有力な説の様です。

-由来1-

普段私たちがインターネットを使う時には、インターネット上にあるサーバーの存在は一切気にしません。

インターネットは知ってはいても、その正体が世界中の膨大なサーバーが網の目の様に繋がった物であると言う事は意識せずに、まるで雲の様に中身が分からないモヤモヤしたイメージでインターネットを使っています。


-由来2-

コンピューターエンジニアは、インターネットとコンピューターの間の関係を図式化する場合、インターネットを雲のイラストで示す様です。

この2つがクラウドの由来と言われていますが、何れにしても「インターネットの事を意識しない」と言う意味では共通していますね!。

クラウドとネコ

【クラウドは以前からあった?】

クラウドの意味が分かって来ると、こんな疑問が湧かないでしょうか?

サーバーとパソコンの間でファイルを共有したり、サーバーにファイルを保存するのがクラウドであるならば、Webページを作ったり、ブログを公開したり、SNSや音楽配信サービスもクラウドじゃ無いの?

そうなんです!

実はクラウドと言う言葉の確かな定義は無く曖昧で、広い意味で解釈すれば、サーバーにアクセスするサービスは全てクラウドと言っても過言では無いのです。

クラウドコンピューティング
サーバーにアクセスするインターネットサービスは、広い意味ではクラウドなのです!

【クラウド登場の背景】

先程、インターネットサービスはクラウドであるとお話ししましたが、では何故、ここ数年の間にクラウドと騒がれる様になったのでしょうか。

それは以下の様なインターネットを取り巻く環境の変化があります。

様々なデジタル端末の出現

一般の方がインターネットを利用するには、今まではパソコンかガラケー(従来型の携帯電話)しかありませんでしたが、ここ数年の間にスマートフォンやタブレット、スレートPC、携帯ゲーム機、携帯音楽プレーヤー等のインターネット接続可能なデジタル端末が急激に普及し、外から簡単にインターネットにアクセス出来る様になりました。

更に、スマートフォンやタブレット、スレートPCにより喫茶店や移動中の列車や飛行機でも文書作成や集計が出来る様になりました。


在宅勤務/定まった座席を持たない職場の登場

最近は、大企業を中心に小さい子供抱えた女性社員の為の在宅勤務を採用し、在宅勤務社員と社内の社員がクラウド上でファイルを共有して共同作業で資料を作ると言う業務スタイルを取る企業が出ています。

また、社内での業務よりも顧客訪問等の社外業務に重きを置く為に社内に決まった座席が無く、外出先から手持ちのノートパソコンで職場にその日の報告や連絡を行い、そのまま直帰すると言う業務スタイルを取る企業が多くなりつつあります。


ハードディスクやCD/DVDドライブ非搭載パソコンの登場

最近のパソコンはバッテリーの持続時間が向上していますが、より一層長いバッテリーの持続時間を保持する為に、ハードディスクやCD/DVDドライブを搭載しないパソコンが登場しています。

ハードディスクやCD/DVDドライブ等はモーターを使用する為、バッテリー消費が大きく、外でパソコンを使う場合には問題です。

そこで少しでもバッテリーの持続時間を延ばす為に、ハードディスクやCD/DVDドライブ等を搭載しないパソコンの登場となった訳です。

ファイルのやりとりはネットストレージやUSBメモリーを介して行います。


モバイルWIFI、公衆無線LANサービスの普及

数年前から「モバイルWIFI」と言う携帯用の無線LAN装置が登場しました。

これは部屋の中だけの無線LAN(無線インターネット)では無く、WIMAXと呼ばれる広い地域をカバーする広域無線LANに接続する為の手のひらサイズの小型装置で、これを持ち歩く事でどこからでもインターネットに接続出来ます。

また最近は、駅やホテル、ファストフード店、ファミレス、空港などで有料の無線LANサービスが増えつつあります。

更に最近は、鉄道や喫茶店、コンビニ、デパートなどが、無料の無線LANサービスを提供し、スマートフォンやタブレットを使ってインターネットにアクセス出来ます。

以上の様に「自宅や職場でインターネットにアクセスしていた」状況から「外出先から様々なデジタル端末で気軽にインターネットを利用し、複数の人と情報を共有する時代」へ変化している事で、クラウドが注目され始めたのです。

つまり、今言われているクラウドとは、先程お話ししました「ネットストレージ」、「ファイル共有」、「サーバー処理」や、これらを活用したインターネットサービスの事を差すのです。

ドヤラー

【利便性の裏に潜むクラウドのリスク】

クラウドは確かに便利な仕組みですが、ファイルをサーバーに保管するのが前提である為、常に以下の様なリスクを伴う事も忘れてはいけません。

ファイル消失

クラウドを利用する上では、サーバーに保存してあるファイルが過失で失われるリスクがあります。

実際にファイル消失事故は起きています。

過去に起きたファイル消失事故を2例挙げます。

事故1


2012年6月にファーストサーバーと言うレンタルサーバー会社でサーバー故障により顧客から預かっていた5,600顧客分の殆どのファイルが復元不可能な状態になり、ファイルが消失してしまいました。


事故2:

2013年4月にLINEが運営するNドライブと言うオンラインストレージサービスで、ユーザーが保管していた一部のファイルがファイル消失する事故が起きています。

以上の事例の様にクラウドが如何に便利なものであってもサーバーにファイルを預ける限りは、ファイル消失事故が起こるリスクが常に伴います。

このリスクに対する対策は、サーバーに預けるファイルのバックアップを作り、自分で管理する事です。

特に業務関連のファイルや思い出の写真など、失ってしまえば二度と同じものが手に入らないファイル等はバックアップは必須です。


不正アクセス/ファイル漏洩

サーバー運営側のサーバー設定ミスやクラッカーによる外部攻撃により、サーバー上に保存してあるファイルが第三者にアクセスされたり、外部に漏えいするリスクがあります。

実際に以下の様な事故が起きています。

事故

2011年にネットストレージサービスを提供するDropBoxと言う企業で、4時間もの間、IDさえ入力すればパスワード無しでファイルにアクセス出来る状態になっていた事故が起きています。


サーバーダウン

クラウドは、インターネットに接続出来れば、どこからでもファイルにアクセス出来るのがメリットですが、その分、サーバーがダウンしてしまえば、ファイルへのアクセスは一切出来なくなってしまうと言う脆さもあります。

サーバーダウンの原因としては、サーバー運営側の定期メンテナンス作業での過失やクラッカーによる悪意ある攻撃などがあります。

PCの前で怒る男

【日常生活で活かせる身近なクラウドサービス】

クラウドと言うとビジネスのイメージが強いと思いますが、クラウド上にファイルを保存する「ネットストレージ」は、日常生活で活かせるクラウドと言え、以下の様な便利な使い方が出来ます。

デジカメやスマートフォンで撮影した写真をクラウドに保存し、家族や友人に見て貰ったり、各自のパソコンに保存して貰ったり出来ます。

ワードやエクセル、パワーポイントなどのファイルをクラウド上に保存すれば、仕事仲間に資料を配布する手間も省け、自宅で続きの資料作成をする際に、ファイルを持ち出す必要が無い為、情報漏洩の危険も無くなります。


自分で作ったソフトをクラウド上に保存し、不特定多数の方々に公開して、自由に各自のパソコンに保存して貰う事が出来ます。


代表的なオンラインストレージ・サービスは、以下の通りです。

・Yahooボックス(運営元:YahooJapan):無料
・One Drive(運営元:Microsoft):無料
・Google Drive(運営元:Google):無料
・Dropbox(運営元:Dropbox Inc):有料/無料
・SugarSync(運営元:BBソフトサービス):有料

クラウドは、個人利用でも使い方によっては非常に便利な道具になります。

但し、クラウドを利用する際には、クラウド上には他人の著作物を保存しない様に注意して下さい。

TVや映画、音楽、写真、イラスト、書籍、ゲームファイルなどが代表的な著作物に当たります。

例え自分だけしかアクセス出来ない状態であっても違反とみなされ、ファイルの削除と警告を受ける恐れがあります。

また、不特定多数がアクセスできる状態で、著作物をクラウド上に保存すると、逮捕のリスクがありますので御注意下さい。

ブログランキングに参加しています!
ランクアップに御協力下さる方は、下のアイコンをクリック願います!

訪問型パソコンサービス「誰にでもパソコン」は、日頃パソコンを御使いの中でのちょっとしたお困り事を以下の3つのサービスで対応致します!

パソコン設定サービスパソコンやインターネットの設定が分からない方に!

ピンポイントレクチャーパソコンやワード、エクセルのここだけを知りたい方に!

訪問パソコンレッスン一からパソコンやワードを身に付けたい方に!

当ブログ管理人である、私が御客様の元へ直接御伺いし、対応させて頂きます!

詳しくは、こちらのWebページをご覧ください!
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darenidemo.blog.fc2.com/tb.php/92-32864ecb